Buisiness+Relationship

ビジリレ

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法

   

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法

日本は少子高齢化が進んでいます。

その背景には結婚年齢が上がっていることもありますが、子育てにかかる費用が高額であることもあります。

子供は欲しいものの、収入が少ないために二人目は諦めたという家庭も少なくないようです。

そこでここでは、二人目の子供にかかる費用はどのくらいになるのか、そしてそのためのお金を捻出するにはどうしたらよいのかなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


二人目の子供にかかる費用を考える上で意識したい年齢のこと

二人目の子供を欲しいと思ったときにまず頭に思い浮かぶのが、できるだけお金をかけずに子育てできないかということでしょう。

そのなかで、二人の子供の年齢が近いのと離れているのではどちらが得なのかと考える人もいるのではないでしょうか。

これは一概にどちらがよいとは言えないものです。年齢が近くて中学、高校の入学年度が重なってしまうと、一度に教育費がかかるので大変と思う人もいますし、逆に近いほうが一人目が使っていた服やおもちゃなどをおさがりで二人目に使うことができるのでよいと思う人もいます。

また、教育費が最もかかるのは大学生の時です。もし、大学に自宅以外から通うことになった場合に、二人の子供の年齢が近く通う大学も近ければ、同じ住まいに同居してもらうこともできます。

一方、子供の年齢が離れている場合には一度に教育費がかかることがありませんし、もう一人の子供が生まれる前にある程度子育て費を貯めておくこともできます。

このように、子供の年齢差とどちらが得かということは、家庭の状況にもよるものです。

これ以外に気をつけたいことは、他の大きな出費を予定している時期と子供の入学時期が重ならないかということです。

これからマイホームや車などの購入を考えている場合には、そのためのお金が必要です。事前にライフプランを立て、子供の入学時期と重ならないように出費する時期を調整することが大事でしょう。

また、旦那さんが定年退職するまでに子育てが終わるのかということも重要です。現在は、40歳を過ぎて第一子が生まれるケースも増えてきていますが、このような人が二人目の子供を生むとなると定年退職までに教育費が支出できるのかがポイントとなってきます。

この場合には、定年退職しても支出できるように教育費をしっかり貯蓄しておくことが大事になってきます。

子供二人を大学に進学させる費用を捻出するために必要な世帯年収

先ほども紹介しましたが、子供を大学まで進学させるとなるとかなりの教育費が必要となります。

では、子供二人を大学まで進学させるには、世帯年収としてどのくらいあればよいのでしょうか。

それはもちろん子供が通おうとする大学が国公立か私立かによって変わってきますし、学部によっても変わってきますが、おおよそ世帯年収800万円ほど必要だと言われています。

これはあくまで世帯年収なので夫の年収だけではありません。夫の年収だけでは足りないのであれば、妻も働いてこのくらいの世帯年収にする必要があります。
また、 少しずつ貯金しておくことも大事です。

このように、子供二人を大学まで進学させたいと思うのであれば、世帯年収800万円という数字を意識して、どのように準備をしていくのか夫婦で話し合いながら対策を立てていきましょう。

子供を育てる費用が出せないからと二人目を諦める家庭がある実情

子育てにかかる費用が高すぎるからと二人目の子供を出産するのをあきらめ家庭もあるようです。

それは、不景気で世帯年収が下がってきていることが背景にあります。世帯年収が低いのに、二人目を産んでまでお金が最もかかる子育て費用を支出したくないと思う家庭が増えてきているのです。

子供が二人いて持ち家もあって旅行もできるといった両親のバブル世代の生活は、今では考えられない時代になっているということでしょう。今の日本は身分相応なりの生活をしていかなければいけないのです。

ただ、このような家庭が増えてくると少子化もさらに進んでいくことになります。

子供が欲しくても子育て費用を支出する余裕がないからと二人目を産むことをあきらめるのは仕方ない面もありますが、少子化対策のために国としてもなんとかしてほしいものです。

二人の子供にかかる費用をうまく捻出するためのポイント

子供にかかる費用を出せないからと二人目の子供を生むことを諦める家庭がいる一方、どうしても二人目を作りたいと思う家庭もあるでしょう。

そこでここでは、二人目の子供を作りたいと考えている家庭に対して、子供にかかる費用をうまく捻出するポイントを紹介します。

大学進学のための費用を別途準備する

子供にかかる費用は長期間にわたって発生するものです。ただ、一回で何千万円という大金が発生するわけではありません。特に中学生までの義務教育の間は家計の範囲内で考えれば大丈夫でしょう。

これとは別にお稽古ごとや塾に通わせる場合にはさらにお金がかかることになりますが、そのときは家計の範囲内におさまるようにやりくりしていきましょう。

また、子供にかかる費用で最もお金がかかるのが大学の学費です。この費用に関しては貯金をしたり、学費保険に入ったりして別に準備したおくことが大事です。

子供にかかるお金は長期にわたって発生するものであるため、計画的に考えていきたいものです。

両親を頼る

二人目の子供が欲しいものの、マイホームなどの支出もあり両立できそうにないときは、両親を頼ってみるのも一つの手です。

たとえば、両親が学費保険のお金を出すと言ってもらえたら、ぜひその言葉に甘えてみましょう。

自分の両親にお世話になるのは気が引けるものですが、両親もかわいい孫のために役に立ちたいとも思っているものです。その思いを大事にしてあげるのも一つの親孝行でしょう。

二人目の子供を持つ前に考えておきたいライフプラン

これまで二人の子供を育てるのに必要なお金のことについて紹介してきました。

子育てにはたくさんのお金がかかります。そして、どの時期にどのくらいのお金が必要になるのか把握していくことはとても重要です。

赤ちゃんの時には衣服費、食費、定期検診などの診療費などが必要になってきます。少し大きくなると保育園や幼稚園に通わせるためのお金が必要になります。

そして、小学校、中学校に上がるにしたがって学費が少しずつ増えてきます。部活動などを始めたら、そのためのお金も必要になってくるでしょう。

さらに、自分がリタイアする頃には大学での学費、さらには自分の両親の世話などでお金がかかってくるでしょう。

このように人生において様々なイベントがあり、その都度お金が必要となってきます。

また、子供が増えるということは、親の負担も増えてきます。子供が増えてくるにしたがって、フルタイムの仕事との両立は難しくなってくるでしょう。

フルタイムで働いている奥さんは、このときはパートタイムに切り替える必要があるかもしれません。もし、子供を多く産みたいのであれば、このことも意識しておく必要があるでしょう。

どの時期にどのくらいのお金が必要になるのか把握しておくためにはライフプランをしっかり考えておくことが重要です。

これから自分たちの家庭をどうしていきたいのか、どういったイベントが発生するのかをしっかりと考えて計画していくことが大事です。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ