Buisiness+Relationship

ビジリレ

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ

   

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ

結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

しかし、20代で結婚式をするとなると貯金も少ないため、なかなか踏み込めないカップルもいるのではないでしょうか。

そこでここでは、実際の結婚式にはどのくらいの費用がかかるのか紹介します。

また、女性は結婚相手に対してどのくらいの貯金額を理想として求めているのか、そして結婚費用を貯金するコツについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


結婚式に必要な費用と20代の平均的な貯金額

結婚式にかかる費用は、平均330万円ほどと言われています。これに対し、20代の貯蓄額はどのくらいなのでしょうか。

平均的な男性の貯蓄額は約130万円、女性の貯蓄額は約170万円と言われています。

したがって、20代のカップルが結婚することになると、貯蓄額は合わせて300万円ということになり、結婚式に必要な平均的な費用には足りません。

しかも、この金額は挙式と披露宴だけに必要な費用です。結婚にはこの他にも結納、二次会、新婚旅行などの費用が必要になってきます。

ということは、この貯蓄額だけではまったく足りないということです。

では、20代のカップルは結婚費用をどのように用意しているのでしょうか。

ほとんどの人は、親からの支援、そして結婚式の招待客からのご祝儀をプラスしています。

結婚式会場の費用は基本的に1〜2週間前に支払うことになっていますので、それまでに支払えるお金が必要になります。

ただ、支払いにはカード払いもでき、結婚式に必要な場合にはカードの限度額を一時的にあげてもらうこともできるので、必ずしも現金が必要なわけではありません。

とはいえ、ご祝儀などは金額が確定したしていないため、それをあてにしないある程度のお金を確保しておく必要があります。

女性が結婚相手に求める理想の貯金額

では、未婚の女性が結婚相手に求める理想の貯金額はいくらぐらいなのでしょうか。

あるアンケート結果によると、200万円〜300万円未満が第1位となったそうです。次に400万円〜500万円未満が続いています。

この金額を理想として求めているのは、結婚式や新居の準備にかかる費用は自分たちでなんとかしたいと考えている女性が多く、このくらいの金額であれば不自由はしないと考えている人が多いからでしょう。

それでは、実際には男性はどのくらい貯金があるのでしょうか。結婚が決まった男性の貯金額を見てみると次のようになりました。

第1位:50万円未満
第2位:200〜300万円
第3位:50万円〜100万円未満、100〜200万円未満

1位の結果を見ると理想よりも全く足りませんが、アンケート結果によると半数の女性が「だいたい予想通り」だったと回答しており、理想からは少なめであってもあまりがっかりしているようではないようです。

女性が求める結婚相手の貯金額それぞれに対するコメント

先ほどのアンケートでそれぞれの回答された貯金額に対し、回答した女性はどのようにコメントしていたのかを紹介します。

●50万円未満と回答した女性のコメント

  • 貯金額が少なくても二人で貯めればいい
  • これから少しずつ貯めていけば問題ない

●50万円〜100万円未満と回答した女性のコメント

  • このくらい貯金額があれば最低限の生活ができるので大丈夫
  • 自分があまり貯金できていないので大きなことは言えない

●100万円〜300万円未満と回答した女性のコメント

  • 自分も同じくらいの貯金額なのでなんとも言えない
  • これくらいあれば結婚資金としては大丈夫

●300万円〜500万円未満と回答した女性のコメント

  • 結婚資金としてはこのくらい必要だと思うから
  • 貯金がしっかりできている人だと安心できるから

●500万円〜1000万円未満と回答したした女性のコメント

  • 自分は働きたくないから
  • 安定した生活をしたいから

●1,000万円以上と回答した女性のコメント

  • お金持ちがいいから

1000万円以上と回答した女性のコメントはあまりに現実離れしていますが、どの金額についてもやはり女性としては安心できる安定した生活を望んでいることが伺えます。

20代のカップルが結婚費用を貯金する上で大事なこと

ここまで、結婚式にかかる費用のこと、そして女性が結婚相手に対して求める貯金額について紹介してきました。

しかし、実際の貯金額が結婚式にほど遠い場合もあるでしょう。特に20代のカップルはそうである場合が多いでしょう。

とはいえ、結婚式に必要な費用はできるだけ貯めておきたいものです。結婚式だけではなく、そのあとの新婚旅行や新居で生活する場合にはそのための費用も必要になってきます。

では、貯金していくためにはどのようなことが大事なのでしょうか。

それは、男女ともコツコツと貯金をしていくことでしょう。今は共働きしている場合が多く、二人で貯金していくことができます。

20代の最初の頃からコツコツと貯金をしておくと、それなりに貯まるものです。

最近の若者は将来のことを心配してコツコツと貯金している人も多いものです。

20代のカップルが結婚費用をしっかり貯金するのに必要なコツ

コツコツと貯金額していくためには、ある程度のコツも必要です。ここではそのコツについて紹介します。

目標貯金額を決めておく

貯金するといっても、どれくらい貯めるのかという目標も立てず使った残りを貯金しているようでは、なかなか貯まっていかないでしょう。

だからしっかり貯金していくためには、目標の貯金額を決めておくことが大事です。そして、その目標額をいつまでに貯めるのかも決め、そのためには毎月いくら貯金する必要があるのか計算しておきましょう。

毎月決まった金額を貯金していくためには、収入が入ったら自動で引き落とす定期預金などを利用するとよいでしょう。

目標を決めておかないとだらだらと貯金することになり、いつまでたっても貯まりません。しっかり目標を決めて貯金しましょう。

小銭を貯金する

毎日、買い物をするとお釣りで小銭をもらうでしょう。家に帰ったらそのお金を貯金箱に入れましょう。

ただ、全額入れると、明日の買い物で不自由するので、数枚は残しておきましょう。

貯金箱がいっぱいになったら、銀行で口座に行って入金してもらいましょう。

貯金がほとんどないカップルが結婚費用を貯めるには?

20代の方のなかには貯金がほとんどないという人もいるでしょう。

でも、結婚式はあげたい。そんな人達はどのようにして結婚費用を貯めればよいのでしょうか。

それは、結婚しようと決めたら、これから生活していくためにいくら必要なのか、そして毎月いくら貯金していけばいつまでにいくら貯まるのかをしっかり計算しておくことです。

さらに結婚式をあげるためにはいくら必要なのか調査しておき、いつまでにその費用を貯金するのか決め、それまでに毎月いくら貯めていればいいのか計算しておくとよいでしょう。

最近はそれほどお金をかけなくてもよい結婚式も流行っています。無理をしない範囲の結婚式を挙げることを考えてもよいかもしれません。

今はほとんど貯金がなくても、何ヶ月後かに結婚式をあげたいと思えば、それまでは我慢してなんとか貯められるものです。そのためにも、お互いの理想的な結婚式を話し合いあって前向きに進んでいくことも大事でしょう。

20代・30代女性が結婚相手に求める理想の年収

ここまでは、結婚費用について紹介していきましたが、実際に結婚すると日常生活に必要となるお金も大事になってきます。そのため、結婚したい相手の収入も気になってくるものです。

そこで最後に、20代と30代の女性に結婚相手に求める理想の年収について紹介します。

あるアンケート結果によると、20代、30代で次のような順位になりました。

20代女性が結婚相手に求める理想の年収

第1位:300万円以上〜400万円未満、400万円以上〜500万円未満
第3位:500万円以上〜600万円未満
第4位:300万円未満、600万円以上〜700万円未満
第5位:700万円以上〜800万円未満

30代女性が結婚相手に求める理想の年収

第1位:400万円以上〜500万円未満
第2位:300万円以上〜400万円未満
第3位:500万円以上〜600万円未満
第4位:600万円以上〜700万円未満
第5位:700万円以上〜800万円未満

この結果を見ると30代のほうが求めている金額が上がっているのがわかります。30代女性のほうが生活水準が上がっているため、このような結果になっているのでしょう。

ただ、全体的に見ても、金額的に普通の生活ができるだけの年収があればよいと考えている女性が多いことが伺えます。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ