Buisiness+Relationship

ビジリレ

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ

   

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ

結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

しかし、20代で結婚式をするとなると貯金も少ないため、なかなか踏み込めないカップルもいるのではないでしょうか。

そこでここでは、実際の結婚式にはどのくらいの費用がかかるのか紹介します。

また、女性は結婚相手に対してどのくらいの貯金額を理想として求めているのか、そして結婚費用を貯金するコツについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


結婚式に必要な費用と20代の平均的な貯金額

結婚式にかかる費用は、平均330万円ほどと言われています。これに対し、20代の貯蓄額はどのくらいなのでしょうか。

平均的な男性の貯蓄額は約130万円、女性の貯蓄額は約170万円と言われています。

したがって、20代のカップルが結婚することになると、貯蓄額は合わせて300万円ということになり、結婚式に必要な平均的な費用には足りません。

しかも、この金額は挙式と披露宴だけに必要な費用です。結婚にはこの他にも結納、二次会、新婚旅行などの費用が必要になってきます。

ということは、この貯蓄額だけではまったく足りないということです。

では、20代のカップルは結婚費用をどのように用意しているのでしょうか。

ほとんどの人は、親からの支援、そして結婚式の招待客からのご祝儀をプラスしています。

結婚式会場の費用は基本的に1〜2週間前に支払うことになっていますので、それまでに支払えるお金が必要になります。

ただ、支払いにはカード払いもでき、結婚式に必要な場合にはカードの限度額を一時的にあげてもらうこともできるので、必ずしも現金が必要なわけではありません。

とはいえ、ご祝儀などは金額が確定したしていないため、それをあてにしないある程度のお金を確保しておく必要があります。

女性が結婚相手に求める理想の貯金額

では、未婚の女性が結婚相手に求める理想の貯金額はいくらぐらいなのでしょうか。

あるアンケート結果によると、200万円〜300万円未満が第1位となったそうです。次に400万円〜500万円未満が続いています。

この金額を理想として求めているのは、結婚式や新居の準備にかかる費用は自分たちでなんとかしたいと考えている女性が多く、このくらいの金額であれば不自由はしないと考えている人が多いからでしょう。

それでは、実際には男性はどのくらい貯金があるのでしょうか。結婚が決まった男性の貯金額を見てみると次のようになりました。

第1位:50万円未満
第2位:200〜300万円
第3位:50万円〜100万円未満、100〜200万円未満

1位の結果を見ると理想よりも全く足りませんが、アンケート結果によると半数の女性が「だいたい予想通り」だったと回答しており、理想からは少なめであってもあまりがっかりしているようではないようです。

女性が求める結婚相手の貯金額それぞれに対するコメント

先ほどのアンケートでそれぞれの回答された貯金額に対し、回答した女性はどのようにコメントしていたのかを紹介します。

●50万円未満と回答した女性のコメント

  • 貯金額が少なくても二人で貯めればいい
  • これから少しずつ貯めていけば問題ない

●50万円〜100万円未満と回答した女性のコメント

  • このくらい貯金額があれば最低限の生活ができるので大丈夫
  • 自分があまり貯金できていないので大きなことは言えない

●100万円〜300万円未満と回答した女性のコメント

  • 自分も同じくらいの貯金額なのでなんとも言えない
  • これくらいあれば結婚資金としては大丈夫

●300万円〜500万円未満と回答した女性のコメント

  • 結婚資金としてはこのくらい必要だと思うから
  • 貯金がしっかりできている人だと安心できるから

●500万円〜1000万円未満と回答したした女性のコメント

  • 自分は働きたくないから
  • 安定した生活をしたいから

●1,000万円以上と回答した女性のコメント

  • お金持ちがいいから

1000万円以上と回答した女性のコメントはあまりに現実離れしていますが、どの金額についてもやはり女性としては安心できる安定した生活を望んでいることが伺えます。

20代のカップルが結婚費用を貯金する上で大事なこと

ここまで、結婚式にかかる費用のこと、そして女性が結婚相手に対して求める貯金額について紹介してきました。

しかし、実際の貯金額が結婚式にほど遠い場合もあるでしょう。特に20代のカップルはそうである場合が多いでしょう。

とはいえ、結婚式に必要な費用はできるだけ貯めておきたいものです。結婚式だけではなく、そのあとの新婚旅行や新居で生活する場合にはそのための費用も必要になってきます。

では、貯金していくためにはどのようなことが大事なのでしょうか。

それは、男女ともコツコツと貯金をしていくことでしょう。今は共働きしている場合が多く、二人で貯金していくことができます。

20代の最初の頃からコツコツと貯金をしておくと、それなりに貯まるものです。

最近の若者は将来のことを心配してコツコツと貯金している人も多いものです。

20代のカップルが結婚費用をしっかり貯金するのに必要なコツ

コツコツと貯金額していくためには、ある程度のコツも必要です。ここではそのコツについて紹介します。

目標貯金額を決めておく

貯金するといっても、どれくらい貯めるのかという目標も立てず使った残りを貯金しているようでは、なかなか貯まっていかないでしょう。

だからしっかり貯金していくためには、目標の貯金額を決めておくことが大事です。そして、その目標額をいつまでに貯めるのかも決め、そのためには毎月いくら貯金する必要があるのか計算しておきましょう。

毎月決まった金額を貯金していくためには、収入が入ったら自動で引き落とす定期預金などを利用するとよいでしょう。

目標を決めておかないとだらだらと貯金することになり、いつまでたっても貯まりません。しっかり目標を決めて貯金しましょう。

小銭を貯金する

毎日、買い物をするとお釣りで小銭をもらうでしょう。家に帰ったらそのお金を貯金箱に入れましょう。

ただ、全額入れると、明日の買い物で不自由するので、数枚は残しておきましょう。

貯金箱がいっぱいになったら、銀行で口座に行って入金してもらいましょう。

貯金がほとんどないカップルが結婚費用を貯めるには?

20代の方のなかには貯金がほとんどないという人もいるでしょう。

でも、結婚式はあげたい。そんな人達はどのようにして結婚費用を貯めればよいのでしょうか。

それは、結婚しようと決めたら、これから生活していくためにいくら必要なのか、そして毎月いくら貯金していけばいつまでにいくら貯まるのかをしっかり計算しておくことです。

さらに結婚式をあげるためにはいくら必要なのか調査しておき、いつまでにその費用を貯金するのか決め、それまでに毎月いくら貯めていればいいのか計算しておくとよいでしょう。

最近はそれほどお金をかけなくてもよい結婚式も流行っています。無理をしない範囲の結婚式を挙げることを考えてもよいかもしれません。

今はほとんど貯金がなくても、何ヶ月後かに結婚式をあげたいと思えば、それまでは我慢してなんとか貯められるものです。そのためにも、お互いの理想的な結婚式を話し合いあって前向きに進んでいくことも大事でしょう。

20代・30代女性が結婚相手に求める理想の年収

ここまでは、結婚費用について紹介していきましたが、実際に結婚すると日常生活に必要となるお金も大事になってきます。そのため、結婚したい相手の収入も気になってくるものです。

そこで最後に、20代と30代の女性に結婚相手に求める理想の年収について紹介します。

あるアンケート結果によると、20代、30代で次のような順位になりました。

20代女性が結婚相手に求める理想の年収

第1位:300万円以上〜400万円未満、400万円以上〜500万円未満
第3位:500万円以上〜600万円未満
第4位:300万円未満、600万円以上〜700万円未満
第5位:700万円以上〜800万円未満

30代女性が結婚相手に求める理想の年収

第1位:400万円以上〜500万円未満
第2位:300万円以上〜400万円未満
第3位:500万円以上〜600万円未満
第4位:600万円以上〜700万円未満
第5位:700万円以上〜800万円未満

この結果を見ると30代のほうが求めている金額が上がっているのがわかります。30代女性のほうが生活水準が上がっているため、このような結果になっているのでしょう。

ただ、全体的に見ても、金額的に普通の生活ができるだけの年収があればよいと考えている女性が多いことが伺えます。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ