Buisiness+Relationship

ビジリレ

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

   

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのことを思い、恋人として繋がっていることをいいます。

仕事の転勤や、その他の理由で遠距離恋愛になったとき、離れているからこそ生じる障害なども多々あるでしょう。

そんな障害を乗り越え、結婚に至ったとき、どちらかが仕事を退職しないといけなくなるかもしれません。

だいたいは女性が退職し家庭に入ることが多いのですが、それに至った経緯や手続きについて、一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


遠距離恋愛から結婚・退職に至るきっかけ

転勤

遠距離恋愛中で、一方の転勤によりさらに遠い地へ移らなければならないとき、結婚に踏み切るカップルが多いようです。

またその逆の、転勤によって家が近くなるといった場合も、結婚を決意するカップルも多いです。

引っ越したい、転職したいという理由よりも、転勤という決められた理由があると、これを機会に結婚しようと思うようになるみたいです。

経済的安定

遠距離恋愛のカップルが結婚するとなると、女性が男性の方に引っ越すというパターンが多いと思います。

遠くに引っ越すとなると、仕事は退職することになってしまうのですが、そうなると結婚後の経済面が心配になってしまうでしょう。

ですが、その心配がない場合、結婚するタイミングとなります。

妊娠

今では授かり婚というくらい、妊娠を機に結婚するカップルが多くなってきました。

無計画に妊娠してしまうのはおすすめできませんが、結婚する気があるのであれば流れに任せてみるのもいいかと思います。

遠距離からの結婚・退職…そのあとの流れとは?

結婚が決まり、会社を退職したあとは、引っ越しや婚姻に関する手続きが必要になります。

婚姻届を出すまでの間、彼の元へ引っ越すのですから、住所を変更するときの世帯主を彼の名前にしておきましょう。

もし自分の名前を使ってしまうと、世帯主が二人いることになり、結婚する際に別に届け出が必要になってしまいます。

それと、退職後に結婚式を挙げる場合、元職場の人を呼ぶか呼ばないかは慎重に判断しましょう。

遠方になるわけですから、時間や交通費なども考えないといけません。今後、お付き合いがなくなる可能性が高いのであれば、招待しない方がいいかもしれません。

もちろん、とてもよくしてくれた、仲が良かったなどという理由があるなら、招待してもいいと思います。

大人である以上、ご祝儀なども発生してしまうので、彼とよく相談して決めていきましょう。

寿退職したことを後悔してしまうことも

めでたく寿退社をしたのに、正直後悔しているというかたも中にはいるようです。

よく聞く話は、やはり今まで頑張ってきた仕事に対する気持ちのことが多いです。

経験やキャリアを諦めて、結婚を優先したことに後悔はなくても、やはりぽつんと心に穴があくように感じるのは仕方のないことでしょう。

それに、結婚後の新しい土地での再就職も、実際難しかったり条件が合わなかったり。

そういったことが結婚する前にはわからないので、余計に後悔という感情になってしまうみたいです。

まだなにかしたいことがあった、やり残したことがあった、という場合も、後悔の理由になってしまうのでしょう。

結婚という目の前の幸せももちろん大切なことなのですが、自分の努力や今までの経験が無駄になったと感じてしまうと、もっと選択肢があったのではないかと思ってしまうようです。

結婚・退職後の新しい働き方

1.パートやアルバイトとして融通のきく仕事に就く

引っ越した新しい土地での、再就職に不安があるなら、まずはパートやアルバイトで働くことを考えてみてはいかがでしょう。

お休みや時間の融通がきくので、彼との予定も合わせやすいです。新生活に慣れるまで、あえて新しい職種にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

2.正社員、契約社員として働く

新しい土地で、自分のしたい仕事が見つかったら、正社員や契約社員として働くのもいいと思います。

以前の職場での経験を生かしたり、未経験の職種にチャレンジしてみると生活も楽しくなるでしょう。

3.専業主婦になる

実は一番人気な専業主婦という立場は、女性からの憧れが強いようです。

彼の収入が安定していることと、彼の理解があることが条件にはなりますが、自由な時間や家事に専念することができるので、それを苦に感じないひとにはとても合っているでしょう。

遠距離恋愛から結婚・退職するときの手続きとは?

離れていた遠距離恋愛から、晴れて結婚となった場合、どんな手続きが必要になるのでしょうか。

転入届などの役所関係

引っ越しをするにあたり、住所の変更は必ずしないといけませんよね。まずは転出する地域の役所に必要書類を聞きましょう。

そして、転入する地域の役所で提出し、晴れて引っ越しが完了となります。

夫の扶養家族になる

夫が会社員や公務員などの場合、健康保険に加入していると思うので、夫の扶養に入り妻のぶんの健康保険料も一緒に払ってもらいましょう。

そのほかにも手続きがあるので、夫の会社または社会保険組合などに詳しく聞いてみてくださいね。

夫の厚生年金に入る

夫の扶養家族となった妻は、「第3号被保険者」と呼ばれ、保険料も夫の加入している保険組合が負担してくれます。

妻側の届け出は不要ですが、夫側は結婚届や身上異動届を提出することのなるでしょう。

その際に、夫婦二人の年金手帳や健康保険証、印鑑、離職票などが必要になります。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ