Buisiness+Relationship

ビジリレ

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法

   

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法

アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるでしょう。この世代の人間関係は上からも下からも挟まれて一番大変かもしれません。

こうなると、人間関係に疲れて人付き合いを苦手だと感じる人も出てくるものです。

しかし、社会人として生活していく以上は人付き合いも大切です。
そこでここでは、人付き合いを苦手と感じているアラフォーの人が苦手意識を解消するための考え方や行動方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


人付き合いが苦手なアラフォーにありがちなある傾向

アラフォーという年齢に限らず、人間関係がうまくいかない人には、次のような傾向があるようです。

  • 自分はきちんとしていなければならない
  • 相手に失礼があってはいけない

完璧を求めすぎて気楽な人間関係が築けないのです。

そもそも人間は完璧ではありません。間違いや不注意があるのが人間です。できないこともあります。

また、相手に失礼がないようにと行動していても、相手によってはその行動が失礼にあたることはあるものです。

完璧を求めていると、それができていない自分に腹が立ったりして、人間関係にストレスを抱えてしまいます。

そうならないためには、人間関係に完璧を求めないこと。自分の言動が間違っていようが、理想とは違っていようが気にしないことです。

完璧を求めないようにすると、人間関係はとても気楽になります。自然な人間関係を築けるようになるでしょう。

人付き合いが苦手なアラフォーの特徴とその解消法

人付き合いを苦手としている人の特徴として、人間関係に完璧を求めている他に、相手との間に壁を作っているということもあります。このような人は、相手と会話している時も堅苦しい表情になっているものです。

人付き合いの基本は相手との距離を縮めること。壁を作っていては、なかなか距離を縮めることはできないでしょう。

距離を縮めるのにまず大事なことは「いつもにこやかに人と接する」ということです。表情を変えるだけでも、距離は縮まっていくものです。

また、相手との間に壁を作ってしまう原因として、自分の価値観を他人との比較でしか見出せないことがあげられます。

このような人は自分よりも幸せそうな人を見るとうらやんだり、妬んだりしてしまうのです。

そして、それを見るたびにそうでない自分のことに苦痛を感じるようになり、人付き合いも辛くなってくるのです。

これがさらにひどくなると、その幸せそうな相手を蹴落そうとするようになります。こうなると、相手の足を引っ張ることしか考えなくなり、相手との間には壁ができてしまうでしょう。

自分の価値観は他人によって決まるものではありません。他人が幸せそうだからといって自分が幸せではないとは限らないのです。自分に目を向ければ幸せなことはたくさんあるものです。他人ではなく、もっと自分の目を向けるようにしましょう。

さらに人付き合いが苦手だと思っている人は、他人をコントロールしようとする人も多いものです。他人に自分の価値観を押し付けようとするのです。

しかし、他人は他人。どうやっても自分の価値観に合わせて他人を変えることはできないのです。

どうやっても他人を変えられないことに苛立ちを感じ、人付き合いに辛さを感じるようになるのです。

結局、人付き合いで大事なことは、他人との間に壁を作らないことです。そのためには他人ではなく自分を大切にすること

他人と自分を比較せず、他人をコントロールしようとせず、自分に目を向ける。

そして、そんな自分をアピールするつもりでにこやかに接すれば、きっと人付き合いもしやすくなるでしょう。

人付き合いが苦手なアラフォーにすすめる人間関係の基本動作

先ほども書きましたが、人間関係においてまず大事なことは笑顔であいさつするということです。

あいさつは基本中の基本と言ってもよいものでしょう。あいさつひとつで相手から自分に向けられる印象が変わってしまうものです。

だから、あいさつは必ず自分からするようにしましょう。相手がするのを待っていると、結局できぬまま通り過ぎてしまうかもしれません。相手に気づいたらすぐにあいさつしましょう。

また、あいさつする時は笑顔で行うこと。堅苦しい表情だとあいさつしたとしても、なにか気分が悪いものです。なかには笑顔を作るのが苦手という人もいるでしょう。

そのような人は口の端を左右に広げるとともに前歯を見せるようにするとよいでしょう。人と会う前に鏡の前で練習しておくと効果的です。

歯を見せることは相手に警戒心を与えないことになりますので、自然と相手とも接しやすくなるでしょう。

人付き合いが苦手だと感じている人は、まず笑顔であいさつすることから始めてみてはいかがでしょうか。

あいさつの次に大事な気持ちを伝えることで人付き合いは楽になる

基本のあいさつができたら、次に大切なのが感謝をすることです。

会社でも学校でも家庭でも、人間、誰かしらのお世話になっているものです。そのような人達に感謝の念を持って接するということです。

人は感謝の気持ちを持って接してくる相手に対して敵意を持たないものです。つまり、感謝の気持ちを持っている人とは自然と人間関係がよくなってくるということです。

ただ、感謝の気持ちはしっかりと言葉で伝えましょう。ただ、心のなかで思っていても、それが相手に伝わらないのであれば意味がありません。

毎回できなくてもいいので、何かしてもらったり、何かもらったりした時に、言葉で伝えるようにしましょう。

また、なかにはなかなか感謝できない相手もいるでしょう。たとえば、会社の上司にいつも腹が立っていて、なかなか感謝できないような場合です。

でも、腹が立っているということは、自分は同じことを他人にしないようにと思えるのではないでしょうか。この上司は、その行動によって、やってはいけない行動を教えてくれている「反面教師」と言えるでしょう。

結局、上司から教えてもらっていることになるのです。ということは、それに対して感謝の気持ちを持つことはできるということです。

実際に上司に言葉で感謝の言葉を伝えることは難しいかもしれませんが、気持ちだけでもそのように切り替えることはできるのではないでしょうか。

初対面の相手との人間関係に親近感を持たせる効果的な方法

感謝の言葉と同様に大事なことは、相手の名前を呼ぶことです。

人は、親しみを込めて自分の名前を呼んでくれる人に親近感がわくものです。自分の名前は生まれた時から聞いているもので、最も気持ちが良い音、最も聞き取りやすい音だと言われています。だから、その名前を呼ばれることは相手にとって気持ちが良いものなのです。

特にこれはビジネスシーンで効果的です。ビジネスでは初対面の相手と名刺交換をしますが、そのあとの会話のなかでその名刺に書かれている名前を呼ぶことで、相手からは親近感を持ってもらいやすくなるのでしょう。商談なども進みやすくなるかもしれません。

また、交流会などで初対面の人を相手にする場合にも効果的でしょう。初対面の人が多い交流会では緊張してなかなか相手と打ち解けないものですが、相手の名前を呼ぶことで距離が縮まってきて会話もしやすくなるでしょう。

人間関係に疲れないために必要なのは完璧を求めないこと

これまでにも書いてきたように、人付き合いを苦手としている人には人間関係に疲れを感じている人が多いものです。

その原因としては、相手に対して自分をよく見せようとしすぎているということがあげられます。

このような人は、職場での評価が気になるため、自分をできる人と思わせたい、他人よりも成果を残したいと考えて、自分を実力以上によく見せようとする傾向があります。

しかし、実力以上に自分を見せようとしても長続きしません。なぜなら、それは自然体ではないからです。常に100点満点の仕事ができる人はいません。

自然体でないことをしていては、いつか体や心を壊してしまうことになり、人間関係にも疲れを感じてくるでしょう。

また、人付き合いが苦手な人は相手にも実力以上のことを求めてしまうため、それができない相手に対してイライラ感をつのらせてしまう傾向にあります。

しかし、他人は他人。自分の思い通りにはできません。結局、それが続くことで人間関係にも疲れを感じてしまうのです。

人間関係に疲れを感じないためには、自分にも他人にも実力以上のことを求めないこと。自分が今できる自然体で行動することが重要です。

「こうでなくてはいけない」「こうしなくてはいけない」という、自分の想像上の価値観は捨て去りましょう。

それが、人間関係を良好にしていく上で大事なことです。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ