Buisiness+Relationship

ビジリレ

免許証取得時の視力検査の条件とコンタクト装着時の影響

   

免許証取得時の視力検査の条件とコンタクト装着時の影響

運転免許証を取得・更新する際の条件の一つとして重要なのが視力です。その条件を満たしていない場合はメガネやコンタクトレンズを使って矯正することになります。

では、免許証取得時の視力の条件とはどのくらいなのでしょうか。

また、コンタクトレンズを装着している時の視力検査やその時の免許証の条件はどうなるのでしょうか。

ここでは、運転免許証取得時のコンタクトレンズ装着での視力検査について紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

不安を解消するために音楽が効果的な理由とおすすめの聴き方


音楽を聴いていると気分が良くなったり、楽しくなっ...

バイトを掛け持ちしている人に必要な確定申告の方法


会社勤めをしている人でも、空き時間を使ってバイト...

旦那の給料は高い?低い?気になる平均手取り額


家計を任されている奥さんにとっては、旦那の給料が...

自己PRで大切なこと!事務系の職種の面接で大事なポイント


面接の際には、よく「自己PR」を聞かれるものです...

友達も恋人もいない、あるいは友達のいない恋人を持つことの考え方


皆さんは、心から話ができる友達や恋人がいるでしょ...

介護の仕事は大変!厳しい条件と現場で働く人の声


高齢化社会が進む日本において、介護の仕事はますま...

仕事でミスをしてしまった!重大な失敗を成長の糧にする方法


仕事をしていてミスをするということは、誰にでもあ...

30代独身男性が結婚しない理由と結婚するためのアドバイス


30代男性というと、仕事にも慣れ私生活も充実し、...

社会人の男性で彼女ができない原因と彼女を作るために必要なこと


社会人になると仕事が忙しく、また出会いの場がない...

共働きの新婚夫婦が家事分担する上で大事なことと続けるためのコツ


女性の社会進出で共働きの夫婦が増えてきました。フ...

彼女が料理をしない!?見極める方法と作ってもらうためのコツ


男性にとって彼女に手料理を作ってもらうことはとて...

大学生の恋愛の悩み…恋人ができない理由と出会う方法


大学生は、勉強やサークル、バイトなどさまざまな場...

婚姻届提出に伴う戸籍や住民票などの変更に関すること


結婚すると、手続き上忘れてはいけないのが婚姻届の...

派遣会社の登録を解除する前に知っておきたいこと・注意したいこと


派遣会社に登録していたものの、仕事を受けたくなく...

就職面接後の連絡が遅い…合否の連絡までの期間と遅延理由


就職面接後の合否連絡がくるのが遅いと、不合格なの...

高校での留年の条件と回避する方法…留年した場合の問題点


高校の試験の点数が悪かったり、授業の出席日数が少...

付き合う相手との結婚…意識し始めるきっかけとシチュエーション


付き合っている相手との結婚を意識したことはありま...

就職が有利に働く!高卒で取れる資格と大事なポイント

大卒生に比べると高卒の就職は不利になることが多いものです。や...

大学に進学したいけどお金がない人に利用してほしい制度


大学の学費はかなり高額です。そのため、大学に進学...

彼女を初めて部屋に呼ぶ時の注意点…掃除・インテリア・誘い方


彼女を初めて部屋に呼ぶ時、どんなことに注意してい...

スポンサーリンク


コンタクトを装着しての免許取得時の視力検査はどうなるのか?

運転免許証を取得する際には視力も重要な要素になります。合格の視力の基準は取得しようとしている免許の種類によって異なりますが一定の視力が必要です。

この際、裸眼で視力が十分ある人は大丈夫ですが、日頃メガネやコンタクトレンズを装着して矯正している人はどうなのでしょうか。

実は運転免許証の取得時にも、普通の視力検査と同様にメガネやコンタクトレンズを装着して検査を受けることができます。そして、矯正された視力が基準を満たして入れば適性検査で合格したことになります。

ただし、この場合は免許証に条件として「眼鏡等」と記載され、メガネやコンタクトレンズを装着せずに運転していると罰則を受けることになります。

日頃からメガネやコンタクトレンズをしている人は、免許取得時には基準を満たしているのかしっかりと確認しておいた上で検査を受けるようにしましょう。

コンタクトが必要となるかもしれない免許取得の視力の条件

普通第一種の運転免許証を取得する際の視力の条件としては2種類あります。

一つは、「片目でそれぞれ0.3以上、両目で0.7以上であること」です。これは片目に障害がない一般の人の条件です。

もう一つが、「片目が0.3未満の方、もしくは片目が見えない方の場合は他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上であること」です。これは片目がほとんど見えない、もしくは全く見えない人の条件です。

いずれの場合も条件が満たされていれば視力検査は問題ないでしょう。これらはメガネかコンタクトレンズのどちらかをつけていてもかまいません。

ちなみに、どちらかで矯正して合格した場合には、免許証に条件として「眼鏡等」と記載されます。

また、これよりも高度な大型第一種などの免許取得時には条件がさらに厳しくなります。

視力に無関係なカラーコンタクトは免許取得時には外すべき理由

最近では、視力がよくてもおしゃれのためにカラーコンタクトレンズを装着している女性が増えています。

そして、そのカラーコンタクトレンズを装着したまま、運転免許証取得の視力検査を受ける人がなかにはいるようです。

しかし、視力検査の時にカラーコンタクトレンズを装着したままだと、免許証の条件に「眼鏡等」と記載されてしまいますので注意しましょう。日頃からカラーコンタクトレンズを装着している人は免許取得の際は外しておくようにしましょう。

また、おしゃれだからと免許証の写真撮影の際にカラーコンタクトレンズをつけたままにするのもおすすめできません。

比較的色が目立たないブラウン系のコンタクトであればいいかもしれませんが、ブルーやグリーンなど日本人にはありえない色系のコンタクトだとやはり違和感があります。

免許証は取得すると最大で5年間同じものを使用することになります。しかも、免許証は身分証明としても活用することが多いものです。

学生のうちはまだいいですが、社会人になるとカラーコンタクトレンズを装着していることが恥ずかしい場面も出てきます。

このように、日頃からカラーコンタクトレンズを装着している人は免許証取得時には問題となることもありますので、できるだけ外しておくようにしましょう。

免許取得の視力検査でコンタクト装着を申告しないとどうなるか?

先ほどカラーコンタクトレンズは外しておいたほうがよいことを紹介しました。

では、コンタクトレンズは装着しておきたいといった場合に、装着していることを申告しないとどうなるのでしょうか。

コンタクトレンズを装着していることはパッと見では分からないため、”バレないのでは?”と考えてしまうかもしれません。

しかし、試験官の眼では分からなくてもばれてしまいます。それは、検査に使用される視力検査機の画面に眼の拡大画像が表示されるからです。そこでコンタクトレンズをしていることがばれてしまいます。

だから、「眼鏡等」と条件がつくのが嫌だからとうその申告をするのはやめましょう。結局のところ、ばれてしまいます。

視力がよくてカラーコンタクトレンズをしている人は必ず外しておきましょう。そのまま装着していると「眼鏡等」の条件がついてしまうことになります。

免許取得・更新の際には事前に視力確認を!

視力が悪くても日常生活ではあまり困っていないのでメガネやコンタクトレンズをしていない人もいるでしょう。

また、メガネやコンタクトを日頃からしているものの、視力が下がっているにせかかわらず、度数を上げずにいる人もいるのではないでしょうか。

このような状態で免許取得の視力検査を受けると、条件を満たさず不合格になってしまう可能性があります。

このときには、メガネやコンタクトレンズを購入して再検査することになります。新規取得の場合は問題ありませんが、免許更新の際に再検査となると、その前に更新期限を過ぎてしまうという事態にもなりかねません。

そうならないために、免許更新の前に眼科などで視力検査をして、免許取得の条件を満たすようにしておきましょう。

今はメガネもコンタクトレンズも短期間で作成してもらうことができますので、最悪、その日のうちに再検査することもできるでしょう。

免許取得・更新の際は、今の視力が免許取得の条件を満たしているのか事前に確認しておきましょう。

関連記事はこちら

 - 未分類

ページ
上部へ