Buisiness+Relationship

ビジリレ

人間の脳の記憶の限界とリミット機能をOFFにするためのヒント!

   

人間の脳の記憶の限界とリミット機能をOFFにするためのヒント!

人間の脳の記憶量にはもちろん限界があります。

しかし、以前から人間の脳はその一部しか使っていないという話はよくでてきます。

今回はその人間の脳のリミット機能をOFFにするためのヒントなどを調べてみました。

最近の脳科学での進展は非常に大きなものがあります。なるべくわかりやすくアウトラインを解説したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

不安を解消するために音楽が効果的な理由とおすすめの聴き方


音楽を聴いていると気分が良くなったり、楽しくなっ...

バイトを掛け持ちしている人に必要な確定申告の方法


会社勤めをしている人でも、空き時間を使ってバイト...

旦那の給料は高い?低い?気になる平均手取り額


家計を任されている奥さんにとっては、旦那の給料が...

自己PRで大切なこと!事務系の職種の面接で大事なポイント


面接の際には、よく「自己PR」を聞かれるものです...

友達も恋人もいない、あるいは友達のいない恋人を持つことの考え方


皆さんは、心から話ができる友達や恋人がいるでしょ...

介護の仕事は大変!厳しい条件と現場で働く人の声


高齢化社会が進む日本において、介護の仕事はますま...

仕事でミスをしてしまった!重大な失敗を成長の糧にする方法


仕事をしていてミスをするということは、誰にでもあ...

30代独身男性が結婚しない理由と結婚するためのアドバイス


30代男性というと、仕事にも慣れ私生活も充実し、...

社会人の男性で彼女ができない原因と彼女を作るために必要なこと


社会人になると仕事が忙しく、また出会いの場がない...

共働きの新婚夫婦が家事分担する上で大事なことと続けるためのコツ


女性の社会進出で共働きの夫婦が増えてきました。フ...

彼女が料理をしない!?見極める方法と作ってもらうためのコツ


男性にとって彼女に手料理を作ってもらうことはとて...

大学生の恋愛の悩み…恋人ができない理由と出会う方法


大学生は、勉強やサークル、バイトなどさまざまな場...

婚姻届提出に伴う戸籍や住民票などの変更に関すること


結婚すると、手続き上忘れてはいけないのが婚姻届の...

派遣会社の登録を解除する前に知っておきたいこと・注意したいこと


派遣会社に登録していたものの、仕事を受けたくなく...

就職面接後の連絡が遅い…合否の連絡までの期間と遅延理由


就職面接後の合否連絡がくるのが遅いと、不合格なの...

高校での留年の条件と回避する方法…留年した場合の問題点


高校の試験の点数が悪かったり、授業の出席日数が少...

付き合う相手との結婚…意識し始めるきっかけとシチュエーション


付き合っている相手との結婚を意識したことはありま...

就職が有利に働く!高卒で取れる資格と大事なポイント

大卒生に比べると高卒の就職は不利になることが多いものです。や...

大学に進学したいけどお金がない人に利用してほしい制度


大学の学費はかなり高額です。そのため、大学に進学...

彼女を初めて部屋に呼ぶ時の注意点…掃除・インテリア・誘い方


彼女を初めて部屋に呼ぶ時、どんなことに注意してい...

スポンサーリンク


人間の脳の記憶力や記憶量には限界は存在するのか?

人間の脳の記憶容量にはもちろん限界があります。

しかし、ある種のトレーニングを行なうことで、記憶力や記憶量を高めることはできるようです。

例えば、一見無意味なものでも脳が記憶しやすいように、ある種の物語に関連付けて覚えるという方法です。

また、人間の記憶力や記憶量というものには、どうも脳の内部にリミット機能があるようです。

これはまだはっきりとした理由はわかりませんが、脳の情報処理の節約のためという説もあります。

それと脳の記憶力の限界というのは、記憶容量の限界ではなく、情報が出入りする速度、つまり情報のダウンロード速度に限界があるということのようです。

最近の脳科学の進展により、合理的に脳の能力を高める方法がいろいろ研究されていますので、あなたに合った方法を探して取り組んでみてください。

場合によっては、自分の脳の潜在能力に驚くということが起こるかも知れません。

脳の記憶の種類、またそれらの限界?

記憶には大きく分けて3段階あります。

まず、外界からの情報は感覚器官に入力され、これが感覚記憶と呼ばれるものです。

次にその情報は、海馬に送られ短期記憶として保持され、そして海馬の働きにより短期記憶の中の特に生存に必要な記憶や刺激の強いもの、繰り返し入力された情報などは長期記憶となり大脳皮質に保存されます。

基本的に長期記憶となった記憶は、なかなか忘れることはないのですが、他の記憶との干渉や、検索に失敗することにより思い出せない場合があるようです。また長期記憶の容量には短期記憶と異なり、制限はないとされています。

また長期記憶は、大きく陳述記憶非陳述記憶に分けられ、陳述記憶にはエピソード記憶意味記憶があります。

また、非陳述記憶には、手続き記憶、プライミング、古典的条件付け、非連合学習などがあります。

人間の脳の記憶量に、限界はあるのか?

人間の脳の記憶容量はどれくらいあるのでしょうか?最新の研究としては、アメリカのSalk研究所の2016年1月の発表によると、脳全体では約1ベタバイト(約100万ギガバイト)あるとのことで、これまで知られていた記憶容量の10倍にも達するようです。

これは、人間の記憶をつかさどるとされるシナプスの大きさを測定し推定された値です。これはパソコンにたとえると、ハードディスクの容量にあたります。

また、脳科学者によると、人間の脳の記憶容量はほぼ無限大と考えて差し支えないという意見もありますので、記憶容量については、あまり気にしなくてもよいようです。

しかし、パソコンもハードディスクの容量だけで性能が決まるのではありません。

データの出し入れの正確さやスピードが重要なのです。ですので、人間の脳の記憶力を左右するのは記憶容量ではなく、記憶したデータの検索やデータの出し入れの速度の方が需要となってきます。

脳の記憶力を高め限界を超えるコツとは?

人間の脳というものは、非常に複雑で高度な機能を持っています。

その機能の内の記憶力の限界を超えるためには、脳に備わっているリミット装置をOFFにすればよいことは、脳科学者の間では常識といえるものです。

では、そのリミット装置をどのようにすればOFFにできるのでしょうか?

一つの例として、天才には変人といわれる人が多いというものです。つまり天才とは脳リミッター(制御)がOFFになっている人と考えることもできます。

通常の脳は、人間の活動全体としてのバランスを取るためにリミット装置が働いていますが、脳は何らかの状況で追い込まれるとリミッターを外す場合があります。

例えば、これは身体のリミッターの例ですが「火事場の馬鹿力」と言われるものです。脳もこのような追い込まれた状況になるとリミッターが外れ、最大の知恵と集中力を発揮する場合があると考えられます。

脳の記憶の限界と睡眠との関係

脳の短期記憶を長期記憶として固定させるためには、睡眠が不可欠なのです。

短期記憶として保存された記憶の中から、海馬が睡眠中に長期記憶に移行する記憶を選別しているのです。

ですので、英単語や地理、歴史、生物などの記憶しなくてはならないものは睡眠前に学習すると、睡眠中に短期記憶から長期記憶として固定されやすくなります。

試験前日の徹夜は、短期記憶から長期記憶に移行できないので、学習の方法としてはおすすめできません。

昼寝も短期記憶を長期記憶にするのに効果がありますので、ぜひ活用したいものです。

睡眠というと何となくムダな時間のようなイメージを持たれていたかも知れませんが、記憶にとっては短期記憶から長期記憶に固定させるためのとても重要なものなのです。

記憶力と睡眠との関係をよく理解して上手に活用してください。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ