Buisiness+Relationship

ビジリレ

取引先の会社社長などの訃報、会社における喪中の常識とは

   

取引先の会社社長などの訃報、会社における喪中の常識とは

取引先の会社の社長やその親族に不幸があった場合、会社としてどのように対処すべきでしょうか?

また、取引先の社長が喪中なのに年賀状やお中元、お歳暮は予定通り贈ってもよいものなのでしょうか?

個人の場合は、これまである程度経験があるので見当がついても、会社同士の付き合いの場合、迷うこともあるでしょう。

今回は、皆さん方のいろいろな疑問にお答えしたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

不安を解消するために音楽が効果的な理由とおすすめの聴き方


音楽を聴いていると気分が良くなったり、楽しくなっ...

バイトを掛け持ちしている人に必要な確定申告の方法


会社勤めをしている人でも、空き時間を使ってバイト...

旦那の給料は高い?低い?気になる平均手取り額


家計を任されている奥さんにとっては、旦那の給料が...

自己PRで大切なこと!事務系の職種の面接で大事なポイント


面接の際には、よく「自己PR」を聞かれるものです...

友達も恋人もいない、あるいは友達のいない恋人を持つことの考え方


皆さんは、心から話ができる友達や恋人がいるでしょ...

介護の仕事は大変!厳しい条件と現場で働く人の声


高齢化社会が進む日本において、介護の仕事はますま...

仕事でミスをしてしまった!重大な失敗を成長の糧にする方法


仕事をしていてミスをするということは、誰にでもあ...

30代独身男性が結婚しない理由と結婚するためのアドバイス


30代男性というと、仕事にも慣れ私生活も充実し、...

社会人の男性で彼女ができない原因と彼女を作るために必要なこと


社会人になると仕事が忙しく、また出会いの場がない...

共働きの新婚夫婦が家事分担する上で大事なことと続けるためのコツ


女性の社会進出で共働きの夫婦が増えてきました。フ...

彼女が料理をしない!?見極める方法と作ってもらうためのコツ


男性にとって彼女に手料理を作ってもらうことはとて...

大学生の恋愛の悩み…恋人ができない理由と出会う方法


大学生は、勉強やサークル、バイトなどさまざまな場...

婚姻届提出に伴う戸籍や住民票などの変更に関すること


結婚すると、手続き上忘れてはいけないのが婚姻届の...

派遣会社の登録を解除する前に知っておきたいこと・注意したいこと


派遣会社に登録していたものの、仕事を受けたくなく...

就職面接後の連絡が遅い…合否の連絡までの期間と遅延理由


就職面接後の合否連絡がくるのが遅いと、不合格なの...

高校での留年の条件と回避する方法…留年した場合の問題点


高校の試験の点数が悪かったり、授業の出席日数が少...

付き合う相手との結婚…意識し始めるきっかけとシチュエーション


付き合っている相手との結婚を意識したことはありま...

就職が有利に働く!高卒で取れる資格と大事なポイント

大卒生に比べると高卒の就職は不利になることが多いものです。や...

大学に進学したいけどお金がない人に利用してほしい制度


大学の学費はかなり高額です。そのため、大学に進学...

彼女を初めて部屋に呼ぶ時の注意点…掃除・インテリア・誘い方


彼女を初めて部屋に呼ぶ時、どんなことに注意してい...

スポンサーリンク


突然の取引先会社の社長の訃報、まず何をすべきか!

突然の取引先会社の社長の訃報があった場合、まず下記の件について調べます。

  1. 故人の氏名、亡くなった理由、年齢、当社との取引関係
  2. 通夜および告別式の日時、場所、電話番号
  3. 喪主の氏名、故人との関係、できれば電話番号。
  4. 故人の宗教、宗派

その後、上司および関連責任者に内容を報告し、会社としての対応の指示を仰ぎます。

会社としての対応の指示内容としては、

  • 弔電、献花や供物などの要否および価格帯。また、社長名で出すのか担当役員名で出すのか。
  • 通夜や告別式への出席の要否と、出席する場合には誰が出席するかということ。
  • 香典金額の決定、準備
  • 告別式などへの手伝いの要否。手伝いを出す場合その人選。
  • などになります。

    もし、亡くなられた方と個人的に親しい場合は、通夜や告別式に参加してもよいと思いますが、上司や関連責任者には「個人的に親しかったので通夜に出席します」と一言連絡をしておいた方が、会社としての通夜や告別式参列者の人選に関係する場合もありますので良いかと思います。

    取引先会社の社長が亡くなった場合、その会社も喪中になるの?

    一般的には、会社(法人)の社長や会長が亡くなった場合でも、法人としては喪中などの状態にはなりません。

    基本的には通常の業務を行なうことになります。

    しかし、会社が個人経営などの小さい規模の場合は、会社の社長=家の主、となっていますので、会社の業務に支障が出てしまう場合もあるかと思います。

    ですので、一般的には社長が亡くなったような場合でも、その会社への年賀状などは通常どおり出しても差し支えないと考えられます。

    逆に、個人経営などの会社で社長や会長が亡くなった場合には、12月上旬までに「年賀欠礼の連絡」のハガキを取引先などに出してもかまいません。

    もし、取引先の会社から「年賀欠礼」の連絡があれば、こちらも同様に年賀状を控えるなどの対応をとるようにしましょう。

    それと、判断に苦しむような場合には、年賀状は出さないという選択肢もあるかと思います。

    社長が喪中の会社への年賀状は、出す?出さない?

    一般的に会社という法人には、社長や会長が亡くなったからといって会社の業務活動を喪に服する必要はありません。

    例え社葬を行なったような場合でも、そのセレモニーが終われば通常業務に戻るべきものです。

    ですので、年賀状は取引先の社長や会長が亡くなったような場合でも原則的には出して構わないものです。

    しかし、取引先の会社が個人経営などの規模の小さい場合などは、ケースバイケースとなるかと思います。

    もし、取引先から「年賀欠礼」のお知らせが届いたような場合は、年賀状は出さないのが基本です。

    「会社、社長、喪中」という条件に規則性や法則はありませんので、どのように対処すべきかは一概に決められるようなものではありません。

    年賀状に限らず、取引先に不幸があったような場合の対応というのは、その会社と取引関係のある他の会社の担当者に相談してみるもの一つの方法かと思います。

    多数決ではありませんが、少数派より多数派に属していたほうが安心できるのではないでしょうか。

    社長が喪中の会社へのお中元やお歳暮は贈ってもよいの?

    基本的に会社などの法人には「喪中」という概念がありません。

    ですので、取引先の社長や会長などが亡くなられても、お中元やお歳暮はお贈りしても構わないと考えられます。

    しかし、亡くなられたのが6月や11月の場合、四十九日がちょうどお中元やお歳暮の時期と重なる場合もありますので、そのような場合には少し時期を遅らせるか「暑中見舞い」や「寒中見舞い」などとしてお贈りするのも一つの方法です。

    それと、個人経営などの小さい会社の場合には、機械的にお贈りするのではなく、状況により判断が必要となる場合がありますので、注意してください。

    ご参考までに個人の場合、自分が喪中でもお中元やお歳暮は贈っても構いません。

    ただ「のし」は「無地のし」がよいでしょう。また、お贈りする相手が喪中でも基本的に問題ありません。

    これもお贈りする時期(四十九日以降)と「のし」には注意してください。

    社長が喪中でも会社は通常業務、社長と会社は別!

    一般的に会社(法人)の場合、社長の親族が亡くなったとしても会社は通常どうり業務をしているのが多いかと思います。

    しかし、個人経営の会社の場合、社長が喪中であれば会社も喪中モードというところもありますし、会社と社長個人とは別だとのことで、通常業務の会社もあるかと思います。

    一般的には、会社の場合には喪中という考え方はありませんので、年賀状やお中元、お歳暮を贈っても差し支えないと考えてよいかと思いますが、個人経営の会社は社長の考え方によって、差がある場合がありますので注意が必要です。

    また別の視点からは、個人経営の会社の社長の身内に不幸があった場合などの対処の仕方によって、社員に社長の仕事に対する真剣さ、覚悟というものを期せずして示すということにもなる場合があります。

    関連記事はこちら

     - 仕事・ビジネス

    ページ
    上部へ