Buisiness+Relationship

ビジリレ

母子家庭で育った子供が就職する時に生じる影響

   

母子家庭で育った子供が就職する時に生じる影響

現在では様々な理由から、母子家庭が増えています。

母子家庭で子供が成長し、やがて就職を間近に控えた時に、母親なら不安になることもあります。

子供の就職に当たって、母子家庭であることが影響するのでしょうか。

もし影響するとしたら、どのような職種なのでしょうか。

ここでは、気になる母子家庭の子供の就職、そして母親の仕事探しについて、お伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


母子家庭で育った子供の就職に関する質問

これまで人事の担当を経験した方で、できれば採用に際して母子家庭に触れたことがある人に、母子家庭の子供に対する採用に関する質問があります。

  1. 新卒の採用において、母子家庭に育ったことは不利になるのでしょうか。
  2. 銀行など金融関係の職種においては母子家庭の子供は採用しない、と聞きましたが、本当でしょうか。また保険業界や信金などでも同じでしょうか。
  3. 金融関係以外でも、例えば公務員や大学職員などにおきましても、母子家庭の子供は採用で不利になるのでしょうか。

以上3点につきまして、ご回答いただければ幸いです。

もちろん、採用されるかは母子家庭に育ったかどうかに関わらず本人の能力次第である、という意見もあるのは承知していますが、やはり家庭環境が採用に影響するのかがどうしても気になります。

母子家庭で育った子供の就職に関する回答

母子家庭に育ったからといって、採用で不利になるということはありません。

実際、母子家庭で育った私の知人も超一流企業に新卒で採用されて、立派に勤めています。

母子家庭で不採用になったとしても、それは別の理由であって、決してお母さんを責めたりしてはいけません。

ただし、2.の金融系企業に関しては、若干影響があるかもしれません。

それは、金融系企業の場合は採用に際して家庭状況をある程度調べるのが通例だからです。

お金を扱う会社である以上、採用しようとする人とその環境がどのようなものなのかを知っておくことは重要であるからです。

もっとも、母子家庭であることがそのままマイナスのイメージを与えるというわけではありません。

ただ、母子家庭である以上、将来的に母親が再婚することも考えられるわけで、それがどのような人になるのか、が会社にとってリスクになることは考えられます。

母子家庭で育った子供の就職の経済的な影響

確かに以前なら面接で家族構成について細かく聞かれることも多く、人事を担当している人が母子家庭に対してマイナスのイメージを持っている場合には採用に不利に働いたこともあったようです。

しかし、現在ではプライバシーの問題もあって、それほど詳しく聞かれることもありません。

また、家族構成を聞くことでトラブルになると会社側にとってもイメージダウンとなりますから、母子家庭ということで採用に不利に働くということはまずないでしょう。

実際に母子家庭で育った人でも、大企業や公務員などに就職して立派に勤めている人も多くいます。

母子家庭であるかは関係なく、あくまでも本人の努力次第と思ってください。

ただし、母子家庭では経済的な理由で本人の希望通りの進路に進めない場合があります。

つまり、学費が賄えないという理由で望んでいる大学や専門学校への進学を諦めて、就職せざるを得ないというケースです。

母子家庭の母親のおすすめの就職

1.看護師・医療事務

資格が必要な職種ではありますが、収入も多く安定して働くことができます。

また、子供が小さい場合、保育所や託児所がある職場であれば、仕事中も預けることができて安心して仕事に専念することができます。

年金や健康保険、福利厚生などの面でも優れています。

2.ヤクルトレディー

ヤクルトレディーも母子家庭の母親が多いようです。働きやすい環境が整っている職場として有名です。

配置される場所によってはかなりの収入が得られるといわれています。

3.生命保険のセールスレディー

生保のセールスレディーも、時間の自由がきくので働きやすいと評判です。

例えば、午前中急に子供を病院に連れて行く必要が生じた、などといった場合にも柔軟に対応することができます。

土日は休みですし、子供との時間も確保しやすいので、特に母子家庭のお母さんにおススメの仕事です。

母子家庭の母の就職のためのポイント

確実に就職先を見つけるには、やはり何か資格や技能を身につけることが近道です。

母子家庭の場合には経済的な負担がネックになりますが、このような場合利用したいのが、「自立支援教育訓練給付金事業」です。

これは、母子家庭の母親が対象の教育訓練講座を受講して修了すると、経費の2割(上限10万円)を支給してもらえる、というものです。

この制度を利用して、美容師、理容師、調理師などの資格を取得することができます。

また、現在需要が増えている職業に、看護師や介護福祉士などがありますが、これらの資格を得るためには、少なくとも2年間、養成機関に通わなければなりません。

母子家庭のお母さんがこうした養成機関に通うために、「高等技能訓練給付事業」という制度があります。

この制度を利用すれば、月額70,500円から支給されますので、経済的な負担を軽くすることができます。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ