Buisiness+Relationship

ビジリレ

高校での留年の条件と回避する方法…留年した場合の問題点

   

高校での留年の条件と回避する方法…留年した場合の問題点

高校の試験の点数が悪かったり、授業の出席日数が少ない学生は、10月頃になると留年について悩み始めるのではないでしょうか。

しかし、留年となる条件はどう設定されているのでしょうか。また、実際に留年してしまうとどのような問題が起こるのでしょうか。

ここでは、留年の条件と回避策、そして留年した場合の問題点などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


高校での留年を回避するために知っておきたいその条件

高校生になると留年してしまうことがあります。

その留年にはどのような条件があるのでしょうか。まずは留年となる条件を見てみましょう。

留年する条件としては、大きく次の2つがあります。

  1. 進級に必要な単位を取得できていない
  2. 1科目でも必要な出席日数を満たしていない

それぞれ見ていきましょう。

進級に必要な単位を取得できていない

高校においては、週に1回、50分の授業を1年間学習した科目を1単位と数えます。

例えば、英語の授業が週に4回ある場合、1年で4単位ということになります。この単位は最終的に試験において合格点数を満たせば習得できます。

一方、合格点数を満たさない(いわゆる赤点)場合には、単位を落としてしまうことになります。

落とした単位数が学校が指定している数を超えてしまった場合に留年となります。

しかし、赤点をとった場合でも、救済措置をしてくれる先生がほとんどです。追加課題や追試などを実施してもらえるはずですので、そこで合格できれば単位を取得できます。

1科目でも必要な出席日数を満たしていない

この出席日数で注意してもらいたいのが、これは学校の出席日数ではないということです。これは科目ごとの出席日数ということです。

そのため、いくら学校には出席していたとしても、ある科目の授業の出席日数が足りなければ留年となってしまうのです。

いくら成績が良かったとしても授業の出席日数が足りなければ留年となってしまうのです。

これはもったいないことですから、病気など休まざるを得ない理由がない限りはしっかり出席した方かいいでしょう。

高校で出席日数による留年を回避するために大事なこと

先ほども書いたように、高校の留年の条件としては授業の出席日数も関わってきます。

それぞれの科目の授業数に対して1/3以上休んでしまうと留年となります。

だから、毎日学校に登校していたとしても、ある科目には全く出席していないようであれば、留年となってしまう可能性があるのです。

そうならないためには、出席日数が何日必要なのか事前に確認しておくことが必要です。

学年のはじめにもらえる年間行事表を確認して、土日祝日や夏休みなどの長期休暇をのぞいた1年間の実質授業数を数えておきましょう。

始業式や体育祭など学校全体での式典や行事なども重要な単位となります。これらも必要な日数としてしっかり確認しておきましょう。

あまり休みすぎないことが大事ですが、休みすぎても留年しないためにしっかり出席日数の管理をしていきましょう。

高校での留年を回避できなかった人たちのその後の生活

では、実際に高校で留年してしまったらどうなるのでしょうか。

ここでは、高校で留年してしまった学生を対象にどのような道を歩んでいるのかを紹介しましょう。

高校で留年をしてしまった学生の多くは、その後、定時制や通信制の学校に通っているようです。

その理由は、やはり一つ年下の人たちと一緒に学ぶということ、そしてその上の学年には自分が知っている人達がいることに耐えられないからでしょう。

しかし、この定時制や通信制の学校に通うとなると、その後の人生は周りの人達とずれていくことになります。

また、全日制の高校に転入するという方法もありますが、これは病気や怪我など正当な理由がないと難しいようです。

このように留年してしまうと、いろいろとかなり辛い状況になることが多いようです。できるだけ留年は避けるようにしたいものです。

高校で留年することは将来の大事なことにも影響を与える

先ほども書いたように、留年してしまうとその後の人生にいろんな影響を与えてしまうものです。

そして、さらに影響を与えてしまうのが就職です。就職する際には履歴書を作成しますが、そこには経歴を記載する欄があります。そして、留年したこともそこに記載することになります。

面接の際にほとんどの場合、それを見た面接官から留年した理由を尋ねられることになります。

ここで正当な理由がないようであれば、面接官に悪い印象を持たれてしまう可能性が高いです。

しかし、留年していたとしても、面接官に良い印象を持ってもらう方法はあります。

それは、留年した後に自分がどれだけ努力したのかをアピールするのです。

例えば、ある資格を取得したり、難関大学を卒業したりなど、留年した後に自分がどんな努力をしてきたのかなどのその後の実績を履歴書に記載するのです。そうすると、逆に良い印象を持たれやすくなるでしょう。

とはいえ、留年してしまうと就職のときにも影響を及ぼしてしまうものです。できるだけ留年しないようにしましょう。

高校を留年しそうなときに重要な担任の先生との話し合い

単位数が足りなかったり、ある科目の出席日数が足りなかったりして、留年目前になった場合にそこで諦めないことが大事です。

留年目前になると、担任の先生からそのことを伝えられる機会があるでしょう。

しかし、それを受けて深刻になりすぎないようにしましょう。それは、まだ留年が確定しているわけではないからです。

単位を落としている科目があったとしても、落とした単位数が少なければ「仮進級」という道も残されている場合があります。

学校によって、その条件は異なりますが、ある単位までは仮進級できることが多いです。これについては、その可能性がないか担任の先生にしっかり確認しましょう。

ただし、仮進級の場合は、単位を落とした科目について次年度にあらためて試験か課題を受けて、単位を取得する必要があります。

また、欠席日数が足りなくなりそうで留年目前という場合には、あとどのくらいの日数が残っているのか担任の先生に確認しましょう。その日数を休まなければ留年にはならないかもしれません。

まずは留年間近になったことを告げられたら、担任の先生とじっくり話し合いをしましょう。

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ