Buisiness+Relationship

ビジリレ

婚姻届提出に伴う戸籍や住民票などの変更に関すること

   

婚姻届提出に伴う戸籍や住民票などの変更に関すること

結婚すると、手続き上忘れてはいけないのが婚姻届の提出です。この婚姻届を提出することで夫婦としての籍を入れられるわけです。

しかし、籍を入れるということは戸籍なども変更になります。それに伴い、いろんな手続きも発生します。

そこでここでは、婚姻届と戸籍の関係、また婚姻届と住民票の関係などを紹介していきます。

これから結婚する人は、ここに紹介したことを参考に、婚姻届の基礎知識を学んでおきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


婚姻届を提出する際に必要となる戸籍謄本とは?

婚姻届を役所に届ける際には戸籍謄本を一緒に提出する必要があります。では、この戸籍謄本とはどのようなものなのでしょうか。

まず、戸籍(こせき)とは「戸」と呼ばれる家族ごとに国民を登録する目的で作成される公文書のことです。

この戸籍には、1人もしくは2世代を最大とする複数人の生年月日、死亡年月日、性別、氏名、続柄(血縁関係)、婚姻歴などの情報が記載されています。

戸籍謄本(こせきとうほん)とはこの戸籍に記載された内容全ての証明書のことを言います。

ちなみに、必要な人だけの内容が記載されている証明書を戸籍抄本(こせきしょうほん)と言います。

婚姻届を提出する際には、この戸籍謄本を一緒に提出することで2人の新しい戸籍が作られます。

ただ、結婚前の本籍地と同じ役所に婚姻届を提出する場合は、この戸籍謄本は必要ありません。

2人とも本籍地が異なる役所に提出する場合にそれぞれの分が1通ずつ必要となります。

婚姻届提出とともに登録される戸籍と住民票変更との関係

結婚してこれまで別居していた2人が一緒の住所に暮らすことになった場合には、住民票を提出する必要があります。

公的書類の内容を変更することを「異動」と言いますが、この場合には次のようなケースに該当し、住民票の異動が必要となります。

転居を伴うケース

  • お互いこれまで別々の住所に住んでいたが、結婚して2人一緒に新住所に住む場合
  • 夫(妻)の住んでいる住所に妻(夫)が一緒に住む場合

名義変更が必要なケース

結婚前から同棲しているなどで、すでに住民票は同じ住所になっているが、結婚するにあたり世帯主を一つにしたいケースです。

さて、住民票にも婚姻届と同じような記載内容の項目があります。これらの項目については、婚姻届を出した時点で変更する必要があるのでしょうか。

実はその必要はありません。戸籍と住民票の内容は一致するように定められているため、婚姻届を提出することによって「変更が必要となる住民票の内容」も自動的に変更されるからです。

これは、婚姻届を住所地ではないところの役所に提出しても、受理された役所から住所地の役所に連絡される変更されることになっています。

自動的に変更される項目は次の通りです。

  • 住民票の「氏」「本籍地」「筆頭者」が新戸籍の「氏」「本籍地」「筆頭者」に
  • 世帯主との続柄が、例えば[同居人]から[妻][夫]などに

なお、新しい戸籍の筆頭者が住民票の世帯主と異なる場合などは、自動的に変更されないため手続きが必要です。

また、婚姻届の内容が新しい戸籍に反映されるまでには早くて1日、たいていの場合は数日〜数週間かかります。

そのため、反映されるまでは新しい戸籍や住民票を入手することはできません。

もし、会社の扶養手続きなどで急いでこれらの証明書が必要となる場合には、正式な証明書ができるまでのつなぎとして「婚姻届受理証明書」を発行してもらえますので、これを利用することができます。

ただし、この「婚姻届受理証明書」は銀行などの金融機関での手続きや運転免許証の変更などには使えないので注意しましょう。

婚姻届を祝日に提出後すぐ引っ越す場合の住所変更手続き

もし、祝日に婚姻届を提出した後、翌日に住所変更したい場合、どのように手続きを行えばいいのでしょうか。

ここでは3つのパターンに分けて紹介します。

(1)婚姻届を現在住んでいるA市に提出し、その後B市に引っ越す場合
(2)婚姻届を引っ越す予定のB市に提出し、その後B市に引っ越す場合
(3)婚姻届を現在住んでいるA市に提出し、その後A市の別の場所に引っ越す場合

(1)婚姻届を現在住んでいるA市に提出し、その後B市に引っ越す場合

  1. A市の役所に婚姻届を提出する(祝日)
  2. A市の役所で「転出届」を申請し、B市に提出するための「転出証明書」をもらう(翌日以降の平日)
  3.  →この時点ですでに入籍後の氏名の「転出証明書」になっている。そうでない場合は、A市の役所から氏名の整合性を証明してもらうための「婚姻届受理証明書」をもらっておく。

  4. B市の役所にA市でもらった「転出証明書」を添えて、「転入届」を提出することで住民票の異動が完了する

(2)婚姻届を引っ越す予定のB市に提出し、その後B市に引っ越す場合

  1. A市の役所で「転出届」を申請し、B市に提出するための「転出証明書(旧姓)」をもらう
  2. B市の役所にA市でもらった「転出証明書(旧姓)」を添えて、「転入届」を提出しB市に住民登録してもらう
  3. B市の役所に婚姻届を提出する(祝日)

(3)婚姻届を現在住んでいるA市に提出し、その後A市の別の場所に引っ越す場合

この場合は2パターンに分かれます。

  1. A市の役所に婚姻届を提出する(祝日)
  2. A市の役所で「転出届」を申請して、A市の新しい場所に住民登録してもらう(翌日以降の平日)

このように、婚姻届を提出する役所によって、その後の住所変更手続きが変わってきます。

特に婚姻届を提出するのが休日や祝日であった場合には時間がかかることもあるため、手続きが少し大変になることもありますので注意が必要です。

国際結婚で婚姻届を提出した場合に変更される戸籍の内容

外国人と日本人が国際結婚をし、日本で婚姻届を提出した場合、戸籍はどのようになるのでしょうか。

この場合は、日本人配偶者が筆頭者となり、今までの親の戸籍から出て、夫婦の新しい戸籍が作成されます。国際結婚の場合は男女関係なく日本人が筆頭者となります。

この際、配偶者となる外国人については戸籍の本欄には記載されません。その代わり、身分事項の婚姻欄に次のようなことが記載されます。

  • 婚姻届を提出した年月日
  • 外国人配偶者の国籍
  • 氏名
  • 生年月日

また、国際結婚したとしても相手の外国人には戸籍や住民票がつくられることはありません。

さらに、日本人側は結婚したとしても、戸籍上の名前が変わることはありません。

そのため、もし相手の外国人の姓を名乗りたいのであれば「氏の変更手続き」を行う必要があります。

逆に相手の外国人が日本人の苗字に変えることはできません。

なぜなら、外国人には戸籍が作られることがないため、日本において正式な姓と名を持つことができないからです。

ただし、通称名という法律上有効な名称を名乗ることはできます。

婚姻届を提出し戸籍が変更したときに忘れてはいけない手続き

結婚して婚姻届を提出し、戸籍や住民票に変更があると、これらが記載されている運転免許証やパスポートの記載内容も変更する必要があります。

ここでは、それぞれの手続きにおいて必要な書類などを紹介します。

運転免許証の場合

運転免許証の記載内容変更においては、次の書類が必要です。

  • 本籍(国籍)か記載されている住民票の写し(コピー不可)
  • 代理人申請の場合は、申請者と代理人が併記された本籍
  • 国籍が記載されている住民票の写し(コピー不可、続柄の記載は必要なし)、代理人の本人確認書類
  •  ※本人確認書類は、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、運転免許証、学生・社員証など

これらの書類を持って、住民登録している住所の運転免許試験場や運転免許更新センター、警察署で手続きを行いましょう。

パスポートの場合

パスポートの場合は、新たにパスポートを申請する方法と、記載事項変更旅券という方式のパスポートを申請する方法の2つがあります。

それぞれについて紹介します。

新規に申請する場合

この場合には、次の書類が必要です。

  • 一般旅券発給申請書(10年用または5年用)1通(書類は各都道府県のパスポート申請窓口または旅行会社にある)
  • 戸籍謄(抄)本(発行後6ヶ月以内に発行されたもの)
  • 本人確認書類(運転免許証や保険証など)
  • 住民票の写し
  • 写真(縦4.5cm×横3.5cm)

なお、受け取り時に手数料(10年用:1万6,000円、5年用:1万1,000円)が必要となります。

記載事項変更旅券を申請する場合

この場合には、次の書類が必要です。

  • 一般旅券発給申請書(記載事項変更用)1通(書類は各都道府県のパスポート申請窓口または旅行会社にある)
  • 戸籍謄(抄)本(発行後6ヶ月以内に発行されたもの)
  • 有効なパスポート
  • 住民票の写し
  • 写真(縦4.5cm×横3.5cm)

なお、受け取り時に手数料6,000円が必要となります。

これらの書類を持って、住民登録している都道府県のパスポート申請窓口で申請しましょう。

記載事項変更旅券の方が手数料は安くなりますが、申請から受領までは新規の場合と同様に1週間程度かかることは同じですので注意しましょう。

関連記事はこちら

 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ