Buisiness+Relationship

ビジリレ

介護の仕事は大変!厳しい条件と現場で働く人の声

   

介護の仕事は大変!厳しい条件と現場で働く人の声

高齢化社会が進む日本において、介護の仕事はますますニーズが広がっています。

しかし、高まる需要とは裏腹に、職場の環境は厳しいものがあり、せっかく仕事に就いても辞めていく人も多いのが現状です。

介護の仕事の現状をしっかりと見つめ、どのように改善していくかが今後の大きな課題ともいえます。

ここでは、そんな気になる介護の仕事についてお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


介護の仕事の離職率の現状

介護職の離職率を考える前に、まず全産業の離職率について見てみましょう。

平成18年の全産業の離職率は16.2%で、平成23年は14.4%となっています。

一方、介護職の離職率は、平成18年は20.3%であったのが平成23年には16.1%と下がってはいますが、他の職種と比較すればやはり高い数字であるといえます。

しかも、同じ介護職として働く人でも、正社員と比べるとパートなど非正規雇用の人の方が離職率はかなり高くなります。

介護職においては、就職しても3年以内に3人に1人が辞めてしまう、という報告もあります。

さらに問題なのが、介護福祉士の資格を持っているにもかかわらず介護職に就いていない人が、4割以上にも上るという点です。

せっかくこのような資格を取得していながら、多くの人が介護の仕事をしていないというのが現状です。

介護の仕事を辞めた理由

介護の仕事は大変だという声をよく聞きますし、実際、辞めていく人も多くいます。

せっかく就いた介護の仕事を辞める理由とはどのようなものなのでしょうか。

平成25年度の介護労働実態調査によると、「人間関係に問題があった」「施設などの運営方法に不満があった」「他にやりたい仕事があった」「収入が少ない」などが上位を占めています。

これらを見ると、介護職に限らず全職種に見られるような理由ばかりですね。

介護職ではよく「体力的にきつい」などというような声をよく耳にしますが、こうした理由はあまり上がっていません。

ちなみに、介護の仕事を選んだ理由としては、「働きがいがあるから」「これから需要が高まる職種だから」「人や社会に貢献できるから」などがあります。

こうした理由で介護職に就きながら、長続きしないのが現状のようです。

介護の仕事は大変なのに給料は低い

介護職の給料については、不満の声が多いようです。

高い専門性が要求されて、しかも体力的にも負担が多い職種であるにもかかわらず、その報酬が他の職種に比べて少ない、というのが理由です。

2014年の厚生労働省の資料によると、福祉施設の常勤の介護員、および訪問介護員の月給はおよそ22万円で、全職種平均の約33万円と比較すると大幅に低い額となっています。

これでは、確かに介護職員が不満に感じるのも当然ですよね。

それでは、なぜ介護職の給料が低いのでしょうか。

介護職の場合、事業所では人件費に多くのコストがかかります。

その源となる介護報酬は国によって定められているため、各事業所によっていかに効率よくサービスを提供するかで給料に差が出ることになります。

一般に規模の大きい事業所の方が、給料が高くなる傾向があるようです。

大変な介護の仕事の実例

1.介護中に利用者に殴られた

介護をしている時に、突然利用者が怒って腕や顔を殴られました。

私の介護のやり方に不満があったのかもしれませんが、なぜ利用者を怒らせてしまったのかは、わかりません。

利用者の方も何らかの病気を患っている場合が多く、そのために仕方のないのも分かります。

しかし、暴力を振るわれると、こちらもついつい感情的になってしまいます。

また、特に認知症の方に対する接し方には苦心します。

現在の仕事は好きですが、給与も低く、心に余裕を持って利用者に対応することが難しいです。

2.利用者にすぐに怒鳴られる

病気のせいで怒鳴られるのならまだ許せるのですが、性格が悪くて怒鳴る利用者がいて、困っています。

そのような利用者にすれば、お金を払っているのだからきちんと対応しろ、とでも考えているようです。

お金さえ払えば何でもしてくれて当然、とでも思っているのでしょうか。

このような性格の悪い利用者には、本当に悩まされます。

介護の仕事は大変な仕事だけどやりがいもある!

これまで述べてきた通り、介護の仕事は厳しい部分が多いようです。

しかし、一方でもちろんやりがいのある仕事であることも確かです。

ここでは、新人、中堅、ベテランそれぞれの介護職のやりがいについて、まとめてみました。

1.新人のやりがい

これから介護の仕事を実践を通して学んでいく立場で、思うようにいかず戸惑うことも多いと思います。

しかし、利用者からの温かい笑顔や感謝の言葉に、やりがいを感じることでしょう。

資格取得のための勉強や現場での作業から、介護の知識や経験をひとつひとつ積んでいく過程で喜びを見出していきましょう。

2.中堅のやりがい

介護に必要な一定の知識や技術を習得した立場であり、これからは他の数名のメンバーを指導するリーダーとしての活躍が求められます。

職場の雰囲気を良くして、職員が利用者に対して気持ちよくサービスを提供できることで、リーダーとしてのやりがいを大いに感じることでしょう。

3.ベテランのやりがい

介護職の資格や経験を数多く取得し、組織のトップとしての位置づけという立場になります。

また、活躍の場も単に介護職だけではなく、医療をはじめ他分野との連携も必要とされます。

責任が大きくなりますが、その分やりがいも大きくなります。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ