Buisiness+Relationship

ビジリレ

仕事の休みが少ない業種とは?改善するための対処法

   

仕事の休みが少ない業種とは?改善するための対処法

仕事の業種や職種によって、働き方の違いから年間の休みの日数は異なります。

特に休みが少ない業種や職種では、有給休暇もろくに取れないようです。

ここでは、年間の休みが少ない業種・職種の現状を紹介するとともに、休みが多い業種・職種を紹介していきます。

また、休みが少ない人向けに、状況を少しでも改善する対処法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


年間の休みが少ない仕事の業種は?

業種や職種によってそれぞれ働き方が違うため、年間の休日数も業種によって異なってきます。では、どのくらいの違いがあるのでしょうか。

それぞれの業種でどのような傾向があるのか見てみましょう。

飲食業サービス業

基本的に土日祝日も営業している業種ですので、休日数は他の業種に比べて少なめです。

GWやお盆、年末年始の休みもあまり関係ないため、年間の休日数は100日を切るところもあります。

製造業

この業種におけるほとんどの企業は土日祝が休みとなります。長期休暇も比較的取得しやすい業種です。

介護・医療

土日も需要がある業種のため、思ったほど休日数は多くありません。土曜日の半日出勤や土日の交替勤務などにより、年間の休日数は変動します。

100〜115日といったところが一般的ですが、介護職では100日を切るところもあります。

このように、人と関わることが多いサービス業は休みが少なくなる傾向にあるようです。

年間の休みが少ない飲食業やサービス業の仕事の現状

では、ここからは先ほど紹介した業種のなかから、年間の休日数が少ない業種について、もう少し詳しく見ていきましょう。

ここでは、飲食業とサービス業を取り上げます。

皆さんご存知のように、これらの業種のお店は土日祝も営業しているところが多いです。なかには24時間365日営業しているお店もあります。みんなが休んでいる時にも営業しているため、必然的に休日数も少なくなってしまいます。

これらの業種では、年間休日数が108日をきることが多いようです。

そして、この業種で働いている人は年間の休日数が少ないため、必然的に疲れもたまってきます。

そして、周りの友達が土日祝休みである場合には、なかなか遊びの予定が合うことがなく、結局休日は何もせず寝てばかりということになってしまうのです。

この業種の仕事は、年間休日数が少なく、そして精神的にリフレッシュする機会が少ないという、かなり辛い業種と言えます。

法定上の休みが少ない仕事は有給休暇もほとんど取れない現実

先ほど紹介したように、飲食業やサービス業の場合には100日にも満たない休日数であることもあります。

一般企業の年間休日数は120日程度とされていますので、これに比べるとかなり少ないと感じるでしょう。さらに有給ともなると、さらに厳しいようです。

大手企業に勤める会社員の場合では、法定休日はきちんと取れますし、有給休暇についても取得できないということはありません。

法定休日がきちんと取得できる企業は有給休暇もきちんと消化させようとしているため、周りを気にすることなく取得できるためでしょう。

しかし、これが法定休日が少ない業種の仕事になると、有給休暇もほとんど取得できないようです。特に飲食業やサービス業の労働者はほとんど有給休暇を取得できなぽ状況のようです。

このように飲食業やサービス業はかなり厳しい労働条件を強いられていると言えるでしょう。

年間の休みが多い業種・職種とは?

ここまでは休日が少ない業種について紹介してきましたが、逆に休日が多い業種、職種にはどのようなものがあるのでしょうか。

それぞれ紹介しましょう。

休日の多い業種トップ3

1位 自動車・輸送機器メーカー……約135日
2位 電子・電気部品・半導体メーカー……約133日
3位 医療機器メーカー……約131日

休日の多い職種トップ3

1位 先行開発・製品企画(モノづくりエンジニア)……約134日
2位 生産技術(モノづくりエンジニア)……約131日
3位 エンジニアリング(モノづくりエンジニア)……約131日

休日が多い業種はどれもメーカーという結果になりました。1位から3位までの業種全ての休日が130日以上で1年の3分の1は休日ということになります。

メーカーはお盆や年末年始の期間にはほとんどの場合、工場を停止され1週間から10日前後の長期休暇を設けるため、全体の休日も多くなっているのでしょう。

また、職種ではエンジニア職が多いという結果になりました。

このように、休日が多い業種や職種の場合、飲食業やサービス業と比べて40日ほどの差があるのです。

休みが少ない仕事では、会社に不満を伝えることも大切

休日が少ない職場では、仕事量に対して圧倒的にスタッフの数が不足しているのです。となると、スタッフを増加させればいいのですが、それも簡単にはいきません。

人員配置は人事が担当することなので簡単には変えられないのです。また、会社のシステムを変えることも難しいでしょう。

とはいえ、上司などに「休日が少なくて疲弊していること」を伝えることは必要です。それを聞いた上司が何らかの対策をしてくれるかもしれません。

もし、改善されない場合はその仕事を辞めること、転職することなどを考えたほうがいいかもしれません。

従業員の休みが少ないことは、仕事のやり方を変えられない、そしてスタッフを集められない会社の問題でもあります。

そのため、不満を伝えること、仕事を辞めることなどはその会社に対する問題提起にもつながります。

そういった問題提起をすることは、今後仕事を続けるにしろ、しないにしろ、仕事のやり方を改善してもらう上で大事なことでしょう。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ