Buisiness+Relationship

ビジリレ

正社員がバイトや副業をやる上での注意点と確定申告

   

正社員がバイトや副業をやる上での注意点と確定申告

現在は、払える給料が少ない、社員のキャリアのためなどの理由で副業を許す会社が増えてきています。

一方、公務員など未だに副業が許されていないところもあるものです。

そのなかには、許されているいないにかかわらず、今後の生活のために副業を始めたいと思っている人もいることでしょう。

そこでここでは、正社員がバイトや副業をやる上での注意点、オススメしたい副業などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


正社員が禁止されている副業をやる上での注意点

今では副業を許している会社も増えてきました。しかし、公務員をはじめ、未だに副業を許していない会社もあります。

そのようなところで働いている正社員が副業をしたい場合にはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

ここでは、正社員が副業をする上での注意点を紹介します。

会社にバレない副業を選ぶこと

まず、副業を禁止している会社にバレないことが大事です。アルバイトは外で行うことが多く、バレやすいのでやめたほうがよいでしょう。

会社にバレるルートとしては、住民税の通知、接客業などで見られてしまうこと、口コミなどです。

副業していることを会社にバレないためには、このようなルートに乗らないように注意する必要があります。

副業の収入を確定申告するとき

個人が副業で年間20万円以上の所得を得た場合は確定申告が必要となります。

月の収入が1万円以下であれば必要ありませんが、2万円以上の場合には確定申告しなければいけません。

しかし、確定申告をすると副業していることがバレやすいので注意が必要です。

副業が本業に影響を与えないようにする

副業は本業をしながら余裕のある時間を見つけてやるものです。あくまでもメインは本業です。

したがって、副業が本業に影響を与えないようにしましょう。副業で睡眠不足になるなどもってのほかです。

そんなに時間をかけずとも稼げる働き方を探す必要があります。

正社員がバイトをすると副業のことが会社にバレてしまう理由

先ほども紹介したように、正社員がバイトをするとバレやすいです。それには税金が絡んできます。ここでは、なぜバレるのか紹介します。

正社員のバイトがバレてしまう理由

バレてしまう理由は、住民税の算出方法が絡んでいます。一般的に住民税は次のような流れで計算されます。

  • 本業の会社が社員に支払った給与額を税務署に申告する
  •   ↓

  • アルバイト先の会社も支払った給与額を税務署に申告する
  •   ↓

  • 2つの会社から申告された給与額計をもとに翌年の住民税が計算される
  •   ↓

  • この住民税が本業の会社に通知され、給与から天引きされる
  •   ↓

  • 同じ給与を支払っている社員と住民税が異なることが本業の会社に知られる
  •   ↓

  • 本業以外からも給与を得ていることがバレる

住民税は年間の給与額計をもとに計算されるため、金額が変わると住民税額も変わってきます。

そのため、結果的に住民税の違いからバレていくのです。

正社員が副業でバイトをする前に注意しておきたいこと

あたらめて、正社員の人が副業としてバイトをする上での注意点をまとめます。

副業を始める前に就業規則を確認する

今では副業を認めている会社が増えてきたものの、未だに認められていない会社もあるものです。

このような会社では、就業規則に副業を禁止する規定が記載されているものです。

記載されているのに副業をした場合には、懲戒処分の対象となる場合もあるため、副業を始める前にしっかり就業規則を確認しておきましょう。

正社員はアルバイトをしてはいけない!?

就業規則で副業が禁止されている場合には、正社員は絶対にアルバイトはやめておきましょう。

それは、先ほども紹介したように、住民税によって副業がバレてしまうからです。

サラリーマンの副業がバレないためには所得を20万円以内にする

20万円以内の所得であれば確定申告する必要がないからです。

つまり、所得が20万円以内の副業であれば会社にバレることがほぼないということです。

正社員にオススメしたいバイト以外の自宅でできる副業

ここまで、副業が禁止されている正社員を対象に注意点などを紹介してきました。

ここでは、逆に副業を許されている正社員を対象に始められやすい副業を紹介します。

副業をする場合には、空いた時間を活用したり、生活習慣や状況に合わせてやっていくことが多いのではないでしょうか。

こういうことを考慮すると、オススメの副業は在宅ワークです。体力的、精神的にも負担が少なく働きやすいでしょう。では、在宅ワークにはどのようなものがあるのでしょうか。

アンケート・クリックサイト利用

もっとも難易度が低く、誰でも手軽に始められる副業として、アンケートサイトやクリックサイトを利用する方法があります。

アンケートサイトは、ある商品やサービスのことや生活のことなどについて質問に答え、その対価としてポイントがもらえるものです。クリックサイトは、ある情報をクリックして閲覧することでポイントがもらえます。

どちらも、パソコンやスマートフォンがあればすぐに始められる点が魅力的です。

文章作成、データ入力

あるテーマに沿った文章を作成したり、データ入力を行うものです。テーマによって難易度が異なりますが、慣れればさほど難しい仕事ではありません。

専門的なものであればある程度の報酬も期待できます。

プログラミング、ウェブページ作成

これは専門知識が必要となるものです。内容によっては資格や経験が必要となってくるため、報酬も高めです。

ここに紹介した在宅ワークは一部のものです。このほかにもいろいろとありますので自分にあった在宅ワークを見つけてみるといいでしょう。

正社員が副業をする上で一番大切にしたいこと

最初のほうにも書いたように正社員にとっては本業がメインの仕事です。本業を犠牲にしてまで副業をすべきではありません。

寝る間も惜しんで副業をしたために睡眠不足になったり、体力的に疲れたりして本業に影響を及ぼすような副業はさけるようにしましょう。

副業でお金を稼げるようになると稼ぐことが楽しくなり、副業にのめり込んでしまうこともあるかもしれません。その際は要注意です。

のめり込むことは決して悪いことではありませんが、それが本業に影響を及ぼしていないか注意しましょう。

もし、なにか影響を及ぼしているようであれば、副業の時間を減らすなどして対処しましょう。

今後副業をメインの仕事としてやっていくのであれば多少の無理は必要でしょうが、そうでなければ無理をしてまで副業をする必要はありません。本業に影響を及ぼさない程度に副業をしていきましょう。

関連記事はこちら

 - アルバイト

ページ
上部へ