Buisiness+Relationship

ビジリレ

子供のアルバイト収入が103万円を超える時の問題点

   

子供のアルバイト収入が103万円を超える時の問題点

子供にアルバイトで年間103万円以上の収入があると、親の税金が増えたり(扶養控除)、会社からの家族手当がなくなったり、子供本人への税金(所得税や住民税)などの支払い義務が生じることになります。

頑張ってアルバイトしたのに、結果的には税金などが高くなってしまうということがないよう、事前にシミュレーションしておきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員で退職するのはもったいない!?退職前の注意点とその理由


正社員として働いている人のなかには、今の会社を退...

大学でぼっちの人は就職に不利?その理由と不利にしない対処法


大学でぼっちの人は、就職活動で不利になりやすいと...

バイトで初めて接客する人へ!不安を解消する上で知っておきたいこと


初めてバイトをする際に、コンビニやレストランなど...

ご近所トラブルに発展させないための騒音に対する苦情の伝え方


一戸建て、集合住宅に関わらず、ご近所のトラブルは...

彼女に友達がいない……友達がいない女性の注意点


女性のなかには友達がいないという人もいます。この...

仕事できない人とバイト先で思われる人の特徴と思われないための方法


バイトをしていると、仕事できない人と思われる人が...

彼女とのデートで何するのか悩んでしまわないためのデートプラン


彼女とのデートプランを立てるのはドキドキわくわく...

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

女性が思う男性の身長の理想とは?理想の身長とその理由


身長が高い男性は見た目がかっこいいものです。女性...

趣味がゲームの女性はどう思われる?ゲームで男性から印象アップするコツ


最近はテレビだけではなく、スマホなどでもゲームが...

大学生が感じる将来への不安をプラスにするための考え方


将来への不安を感じている大学生は増えているそうで...

後輩の彼女とデート!スマートな誘い方と好感度アップのコツ


同じ職場にいる後輩の女の子が気になることはありま...

大学の試験勉強へのやる気が出ないときに試してほしい方法


大学では定期的に試験が行われます。しかし、試験前...

大学生で友達が少ないのは影響ある?人生を考えた友達のつくり方


最近の大学生は、昔に比べ友達が少ない傾向にあるそ...

彼女が元彼と友達だったら…それぞれの本音・対処法


彼女が元彼と友達として関係が続いていたとしたらど...

学校生活を充実させるために必要な友達の作り方


新しい学年になるとワクワク感と緊張が入り混じった...

仕事と家庭の両立は無理?女性の理想と現状


女性の社会進出が目立つようになり、一日中働く女性...

スポンサーリンク


子供のアルバイト収入、103万円の壁!扶養控除とは

一般的には、父親の収入から支払う税金のうち、養っている家族の状況によって、所得税と住民税などに控除を受けることができます。これを扶養控除といいます。

扶養控除は、子供の年齢が16歳以上で、特に19歳から22歳までの間は特定扶養親族といって、さらに控除金額が多くなっています。

さて、この103万円という金額ですが、所得控除には基礎控除といって収入のある人全てが対象になっており、38万円が控除されるものがあります。

また、給与収入が65万円未満の場合は65万円が控除額となります。つまり基礎控除の38万円と給与所得控除の最低ラインの65万円の合計が103万円となることによります。

ですので、子供のアルバイト収入が103万円を超えた段階で、その子供に対する扶養控除は適用されなくなってしまいます。

子供がアルバイトで103万円以上の収入があった際の影響とは?

この場合、大きく2つの影響が考えられます。一つは扶養してもらっている側(一般的には父親)への影響です。子供の年収が103万円以上になると扶養控除を受けられなくなります。これにより父親が支払う税金(所得税および住民税)が増えることになります。また会社からの家族手当も103万円を目安としている場合が多いですので、これももらえなくなります。
次に、子供本人への影響ですが、基本的に所得税および住民税の支払い義務が生じます。しかし、子供が学生の場合は「勤労学生控除」というものを申請することにより、所得税では130万円までの収入に対して控除を受けることができます。しかし、注意していただきたいのは、103万円以上の収入があれば親の扶養控除から外れますので、親が支払う住民税や所得税は高くなることになります。

子供のアルバイト代が103万円以上の際の、税の具体例

アルバイトなどの収入に関しては、103万円(給与所得控除:65万円+基礎控除:38万円=103万円)以外にも壁があります。

収入が増えることによって、本人が支払うべき税金が増えますが、学生である場合には、勤労学生控除というものがあり、所得税と住民税に対する控除があります。

なお、勤労学生控除は、所得税については、27万円が、住民税については、26万円が控除されます。

なお、103万円を越えた場合についてですので、既に扶養控除からは外れています。ですので、103万円を越えてからの税金に関しての差というのは、本人が支払うべき所得税と住民税になります。

1.勤労学生控除の所得税を支払わなくてもよい収入額

給与所得控除 65万円 + 基礎控除 38万円 + 勤労学生控除(所得税)27万円=130万円以下

となります。

2.勤労学生控除の住民税を支払わなくてもよい収入額

給与所得控除65万円 + 基礎控除35万円 + 勤労学生控除(住民税)26万円=126万円以下

となります。

子供のアルバイト収入が103万円以上ある場合、注意すべきこととは?

アルバイトの収入が103万円以上ある場合には、扶養控除から外れることになりますが、そのアルバイト収入が給与所得の場合だけです。

103万円という金額の内訳(給与所得控除65万円+基礎控除38万円)をよく理解しておかないと、103万円以下でも扶養控除から外れてしまう場合がありますので、注意が必要です。

つまり、アルバイトをして収入を得た場合、それが給与所得であれば、給与所得控除の65万円が適用されますが、給与所得でない場合には、適用されません。

たとえば家庭教師を個人的に頼まれて収入を得た場合、「雑所得」や「事業所得」と解釈され給与所得にはなりませんので、給与所得控除の65万円は受けられません。

この場合は基礎控除の38万円だけですので、38万円以上の収入があると扶養控除から外れてしまいます。

しかし、同じ職種の家庭教師でも派遣会社から派遣されている場合などは、給与所得となりますので、103万円が「壁」になります。

もう一点、複数のアルバイトをしている場合、それぞれの収入の合計で判断する必要があります。

昔は、複数のアルバイトで103万円以上稼いでいてもあまり問題にはなりませんでしたが、2016年にマイナンバー制度が導入されてからは、アルバイトの収入を隠すのが難しくなっています。

アルバイトの収入が103万円以上でも学生なら受けられる控除がある。

アルバイトの収入が103万円(給与所得控除65万円+基礎控除38万円)以上の場合、扶養控除は受けられなくなり、本人も所得税および住民税を支払わなくてはならなくなります。

しかし、学生の場合は勤労学生控除というものがあり、所得税では27万円、住民税では26万円が控除されます。

ですので、所得税の場合では、合計130万円(65万円+38万円+27万円)を越えないようにアルバイトすれば、所得税を払わなくてもよいことになります。

また住民税の場合は、合計126万円(65万円+35万円+26万円)ということになります。

学生の場合の「壁」は、103万円と126万円、さらに130万円となりますので、アルバイトでの収入と税金との関係をよく考えて働く必要があるかと思います。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ