Buisiness+Relationship

ビジリレ

野球とサッカーを〇〇ならどっち!?条件で徹底比較!

   

野球とサッカーを〇〇ならどっち!?条件で徹底比較!

現代の日本で人気のスポーツといえば、野球とサッカーでしょう。それぞれ日本での競技人口も観戦人口も多いスポーツです。

そして、どちらも人気スポーツだけにいろいろと比較されることも多いもの。

そこでここでは、野球とサッカーを〇〇ならどっちという様々な条件のもとで、徹底比較してみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員で退職するのはもったいない!?退職前の注意点とその理由


正社員として働いている人のなかには、今の会社を退...

大学でぼっちの人は就職に不利?その理由と不利にしない対処法


大学でぼっちの人は、就職活動で不利になりやすいと...

バイトで初めて接客する人へ!不安を解消する上で知っておきたいこと


初めてバイトをする際に、コンビニやレストランなど...

ご近所トラブルに発展させないための騒音に対する苦情の伝え方


一戸建て、集合住宅に関わらず、ご近所のトラブルは...

彼女に友達がいない……友達がいない女性の注意点


女性のなかには友達がいないという人もいます。この...

仕事できない人とバイト先で思われる人の特徴と思われないための方法


バイトをしていると、仕事できない人と思われる人が...

彼女とのデートで何するのか悩んでしまわないためのデートプラン


彼女とのデートプランを立てるのはドキドキわくわく...

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

女性が思う男性の身長の理想とは?理想の身長とその理由


身長が高い男性は見た目がかっこいいものです。女性...

趣味がゲームの女性はどう思われる?ゲームで男性から印象アップするコツ


最近はテレビだけではなく、スマホなどでもゲームが...

大学生が感じる将来への不安をプラスにするための考え方


将来への不安を感じている大学生は増えているそうで...

後輩の彼女とデート!スマートな誘い方と好感度アップのコツ


同じ職場にいる後輩の女の子が気になることはありま...

大学の試験勉強へのやる気が出ないときに試してほしい方法


大学では定期的に試験が行われます。しかし、試験前...

大学生で友達が少ないのは影響ある?人生を考えた友達のつくり方


最近の大学生は、昔に比べ友達が少ない傾向にあるそ...

彼女が元彼と友達だったら…それぞれの本音・対処法


彼女が元彼と友達として関係が続いていたとしたらど...

学校生活を充実させるために必要な友達の作り方


新しい学年になるとワクワク感と緊張が入り混じった...

仕事と家庭の両立は無理?女性の理想と現状


女性の社会進出が目立つようになり、一日中働く女性...

スポンサーリンク


野球とサッカーどっちが好きか?それぞれの割合とその理由

日本では人気があるスポーツである野球とサッカーですが、それぞれどのくらい人気があるのでしょうか。まずはあるアンケート結果を紹介しましょう。

そのアンケート結果によると、野球が好きな人は6割ほど、サッカーが好きな人は4割ほどという結果でした。

では、それぞれにどのようなところが好きなのでしょうか。

相手チームとの駆け引きの要素が強い野球

野球には、ピッチャー・キャッチャーと相手のバッター間で心の探り合いをしながら、駆け引きしてプレイする面白さがあります。野球が好きな人はそういった駆け引きの面白さに魅力を感じているのです。

また、「野球は最後までわからない」と言われるように、9回の最終回になっても大逆転することがあります。

そこが野球の醍醐味があり、野球好きな人はそういったことに魅力を感じるのです。

観戦では迫力があるサッカー

野球ではあまり接触プレーはありませんが、サッカーでは体を接触することがよくあります。

また、ゴールを狙うため、選手があちこちと走り回ります。そういったことから、サッカーは観戦していると迫力を感じるものです。サッカーが好きな人は、こういった迫力に魅力を感じるのです。

また、サッカーは試合時間がほぼ決まっているため、観戦時間も限られます。サッカーが好きな人はそういったところにも魅力を感じているのです。

このように、野球、サッカーともそれぞれ特徴があり、好きな人はこういった特徴に魅力を感じているのです。

野球とサッカーの競技人口はどっちが多い?〜日本と世界の違い

では、野球とサッカーの競技人口はそれぞれどのくらいいるのでしょうか。昔は野球人口が多かったですが、現在はサッカー人口も増えています。ということで、その実態を示すある調査を紹介しましょう。

それは2012年に調査されたものですが、それによると野球が約730万人、サッカーが約750万人という結果になっています。日本ではサッカーが20万人ほど多い結果となっています。

では、世界で見るとどうなのでしょうか。

世界での競技人口を見ると、サッカーが約2億5000万人、野球が約3500万人となっています。日本ではそれほど差はありませんでしたが、世界で見ると圧倒的にサッカー人口が多いのです。

これは、サッカーがヨーロッパや南アメリカ、アフリカなど広い地域で積極的に行われているに対し、野球は野球の本国アメリカを中心として、日本、韓国、キューバなど行われている地域が限られているためです。

このように日本では野球もサッカーも競技人口にはそれほど差がないですが、世界的に見るとサッカーの方が圧倒的に多いのです。

親としては野球とサッカーのどっちを子供に習わせたいか?

先ほど紹介したように、野球もサッカーも日本での競技人口はどちらも同じように多いことを紹介しました。

親のなかには、野球やサッカーを子供にも習わせたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、スポーツは野球やサッカー以外にもあります。実際に子供を持つ親としては、どういったスポーツを習わせたいと思っているものなのでしょうか。

ここでは「自分の子供にどんなスポーツを習わせたいか?」という質問のもと調査したアンケート結果を紹介します。

そのアンケート結果によると、5位までは次のようになりました。

第1位:水泳
第2位:サッカー
第3位:野球
第4位:ダンス
第5位:空手

サッカーと野球は2位と3位に入る結果となっています。やはり日本においてはそれぞれ人気のあるスポーツであることが伺えます。

親としては、自分も好きなスポーツなので、自分自身が子供に教えられる、または親が子供の試合を応援したいという希望があるようです。

1位の水泳が選ばれた理由としては、「基礎体力をつけてほしい」「丈夫な体になってほしい」といった親としての希望があるようです。

また、最近、学校の授業でも行われているダンスが4位に入っています。今の時代を反映した結果です。

女性から見た野球とサッカーそれぞれの経験者のイメージ

スポーツ経験がある男性は、それだけでも格好良く見えてしまうものです。会話の中で男性に経験のあるスポーツのことを話されるだけで、女性としては男性に対する見方が変わってくるのではないでしょうか。
では、野球とサッカーの場合、女性としてはどちらにときめくものなのでしょうか。

女性に対して、「どちらのスポーツ経験者によりときめくか」と聞いた質問によると、それほど大差はなかったものの、サッカーの経験者の方がわずかに多かったようです。

それぞれのイメージとしては、野球の方が「男らしい」「真面目そう」という意見だったのに対し、サッカーの方は「爽やか」「おしゃれ」というイメージが多いようでした。
また、サッカーの方がわずかに多かった理由としては、サッカーの方が詳しいルールを知らなくても観戦しやすいのに対し、野球の方はルールが少し難しいという苦手意識を持つ女性がいることからも、サッカーの方がとっつきやすいということがあるようです。

このようにスポーツごとにイメージが異なるのは面白いものです。

野球とサッカーで選手の年棒が高いのはどっち?日本と世界の違い

今や日本での競技人口が同じくらいになった野球とサッカー。人気スポーツだけに、トップ選手になるとその年棒もかなりの額となります。

では、野球とサッカーを比べた場合、どちらが年俸としては高いのでしょうか。

まず、日本においては圧倒的に野球です。プロ野球選手のなかには1億円プレーヤーがたくさんいます。

一方、サッカーのJリーグの選手の場合、トップ選手でも3,000万円くらいです。このように、日本においては圧倒的に野球の方が年棒が高いのです。

しかし、世界に目を向けるとそれは大きく変わってきます。ヨーロッパのサッカーリーグにおいては、トップ選手となると20億円を超えます。

また、野球も同様で、メジャーリーグには10億円プレーヤーが何人もいます。

このように、日本だけを見ると野球の方が高い年俸ですが、世界になるとどちらも桁外れに高い金額になるのです。

ただ、世界でそれだけの年棒をもらうためには、それなりの技術を持っておく必要があります。

関連記事はこちら

 - 趣味・娯楽

ページ
上部へ