Buisiness+Relationship

ビジリレ

20代で貯金額が1000万円の人の特徴と貯金するためのコツ

   

20代で貯金額が1000万円の人の特徴と貯金するためのコツ

世の中には貯金がしっかりできている人もいれば、できていない人もいます。

なかには、20代で貯金が1000万円ある人もいるようです。

このような人は貯金できていない人に比べて何か違うところがあるのでしょうか。

ここでは、20代で1000万円貯金できている人の特徴などを紹介するとともに、これから1000万円貯めたい人に向けての貯金のコツも紹介して行きます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


20代で1000万円の貯金ができている人の特徴

まず、実際に20代で1,000万円の貯金ができている人にはどういった特徴があるのでしょうか。

ここでは、その特徴を紹介します。

消耗品にお金をかけない

日常生活で使うキッチン用品や洋服などの消耗品。これらは頻繁に購入する必要があるものであるため、こういうものはできるだけ安く購入している人が多いようです。

キッチン用品であれば100円ショップ、洋服であればリサイクルショップなどで購入しています。ただ、それは決して安っぽくはないのです。

値段は安くても、安っぽく見えないものを購入するようにしているのです。

贅沢したいところにはお金をかける

消耗品にはお金をかけない一方、自分が贅沢したいと思うところにはお金をかけるようです。

例えば、お金をかけて旅行に行ったり、習い事に高いお金を払ったりします。自分が本当にやりたいこと、好きなことにはしっかりとお金をかけているのです。

このように、20代で1,000万円の貯金ができている人は、お金の使い方にしっかりとメリハリをつける傾向にあります。

20代で1000万円の貯金ができている人の収支

20代で1,000万円の貯金ができている人の収支は、実際どのようになっているのでしょうか。何か特別な工夫があるのでしょうか。

ここでは、20代で1,000万円の貯金ができている人の収支を紹介します。

貯金ができる人の収入

まず、20代で貯金が1,000万円以下の人を見てみましょう。この貯金額の人は毎月の給与平均が約25万円となっています。

一方、1,000万円以上貯金できている人は、平均の手取り給与月額が約35万円となっており、貯金が1,000万円以下の人に比べて10万円ほどの差があります。

貯金ができる人の支出のしかた

では、次に支出を見てみましょう。月の給与が高い人の方が支出も多いのでしょうか。

まず、家賃を見てみましょう。貯金が1,000万円以下の20代の人は約5万円支払っています。

一方、貯金が1,000万円以上の20代の人は約6万円となっています。これは、あまり大差ない金額と言えるのではないでしょうか。

さらに家賃以外の消費全般を見てみましょう。消費全般においては、貯金が1,000万円以下の20代の人では約10万円となっています。

一方、貯金が1,000万円以上の20代の人では約11万円でした。これもあまり大差がありません。

このように、20代で1,000万円以上の貯金をしている人は、給与が高いわりに支出は抑えていることがわかります。うまく貯金できるように工夫しているのです。

20代で1000万円貯金している人の割合と男女別の貯金の傾向

ここまでは、20代で1000万円の貯金ができている人の特徴や収支について紹介してきました。

では、20代で貯金が1000万円ある人は実際にどのくらいの割合いるのでしょうか。男女別に見てみます。

総務省統計局が平成21年に行った全国消費実態調査によると、30歳未満で貯金が1000万円以上ある人の割合は男性で0.7%、女性で2.8%でした。これを見ると、20代で1000万円貯金している人は割合としてはあまり高くないことがわかります。

また、女性の割合が男性に比べて高いです。ただ、貯金が1000万円以上の人が多いからといって、男性の貯金が少ないかというとそういうわけではありません。

同じ調査結果によると、男性の貯金の中央値は103万円、女性の貯金の中央値は94万円となっており、男性の方が高いのです。

女性の場合は1000万円以上の人が多いのに対し、貯金が少ない人も多いのです。

男性の場合は同じくらいの貯金額の人が多いのに対し、女性の場合は貯金額が分散していると言えるでしょう。

20代で貯金が多い人がやっていること

では、20代で貯金額が多い人は、どのようなことをしているのでしょうか。こういう人達は本業をしっかりとやりつつ、副業で稼いでいるようです。

今はネットを使って様々な仕事ができるため、本業の仕事がない土日などを活用してネットで副業をやっているのです。

例えば、自宅でできるライティングの仕事やアフィリエイトサイトを構築・運営などをしているです。

このような人たちに共通していることは、自分たちでお金を稼ぐ方法を学び、実際にそのスキルやノウハウを活用していることです。

今や本業だけでは十分に稼げなくなってきています。そうだからと会社も副業を解禁するところが増えてきています。ですから、貯金を増やすためにはこの副業を活用して稼ぐことが大事です。

さらに副業をする上ではネットを活用するのが有効です。アルバイトなど体力を使う仕事だと本業に支障を与えてしまう可能性が高いですが、ネットでの仕事だと自宅でもできるため、あまり支障を与えません。

20代で貯金額が多い人は、こういった稼ぐ方法を知っていて、それをうまく活用できているのです。

20代で1000万円貯金できる人は自分のやり方を決めている!

20代で1000万円の貯金をするためにはそれなりのやり方が必要です。そして、そのやり方には苦労が伴うことが多いです。

実際に1000万円貯金できている人は、毎月高めの貯金額を設定していたり、昇格などで給料が上がっても生活水準を変えず貯金額を増やしていたりなど、自分なりのやり方で貯金している人がほとんどです。

このような人は、毎月の貯金額を決めたら、それをしっかり守るという意志の固さもあるようです。

また、このような人のなかにはボーナスをうまく活用している人も多いです。ボーナスが出ても貯金に回し、なるべく使わないようにしているのです。

このように20代で1000万円貯金している人は自分なりのやり方を決め、苦労しながらもそれをしっかり守っている人が多いようです。

しっかり貯金するためにはそれなりの努力が必要ということですね。

1000万円貯金するために大事な目的設定と自己投資

1000万円を目標に貯金したいと言っても、ただ漠然と将来が不安だからという理由ではなく、もっと明確な目的を持った上で貯金する方がいいでしょう。

ただ、漠然とした不安だけで貯金していると余計に不安感をあおることになり、貯金もうまくいかなくなるものです。

1000万円貯めて自分はどうしたいのかを決めておくと、その目的に向かって貯めることになるので貯金に対するモチベーションも上がってきます。

また、貯金を増やしていくためには稼ぐ力を身につけることも大事です。そのためには、お金を貯金ばかりに回すのではなく、稼ぐためのスキルを学ぶためにも使いましょう。

自己投資することも、自分という財産を作る上でも大切なことです。

何かにお金を支払う時には、

  1. 浪費
  2. 消費
  3. 自己投資

いずれに当てはまるのかを考えながら支払うとよいでしょう。

休日は貯金するために節約だからと家にこもるのではなく、積極的にセミナーや勉強会などに参加してスキルを学ぶようにもしましょう。

20代で1000万円を貯金するための方法を考える!

ここまで紹介してきたなかで、自分も1000万円貯金してみたいと思った人もいるのではないでしょうか。

では、20代で1000万円貯金するためにはどうしていけばいいのでしょうか。最後に、20代で1000万円貯金する方法について考えてみます。

多くの人が大学を卒業して働き始めることを考えると、20代は8年間ということになります。

この8年間の間に1000万円貯金しなければいけないということになります。当然、浪人や留年をしてしまった場合には、それよりも短くなってしまいます。

その期間と、自分の収入、毎月の支出を考えた上で貯金することが大事になってきます。

例えば、手取り収入が20万円だった場合、毎月の支出として15万円使っているとすれば、毎月の貯金は単純計算で5万円できることになります。

これを1年に換算すると60万円です。ポーナスも貯金に回せるとすると、年間で80万円ほどは貯金できるのではないでしょうか。

ただ、これだと8年間で貯金が1000万円とはならないので、毎月の支出を減らしたり、副業をして収入を増やすなどしてやりくりする必要があります。

とはいえ、まったく不可能な話ではありません。いろいろと工夫して、20代で1000万円の貯金を目指してみてはどうでしょうか。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ