Buisiness+Relationship

ビジリレ

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!

   

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!

カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう。ただ、期待感ばかりではありません。

同棲生活とは2人で一緒に住むということです。一緒に住むからには、生活費をお互いどうしていくのか考える必要があります。

お金のことはトラブルになりやすいため、しっかり事前に考えておきたいものです。

そこでここでは、同棲する際に生活費がいくらかかるのか、それをどのように捻出していくのかなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


同棲した際の生活費はいくらかかるのか?その実例を紹介!

同棲を始めた時にどのくらいの生活費がかかるのか、まずは実際の同棲カップルの実例を紹介しましょう。

生活費は住んでいる地域によっても変わってきますが、ここでは家賃6万円の住居で同棲しているカップルを例に紹介します。

その同棲カップルの生活費の内訳平均は次のようになっています。

家賃:6万円
食費:3万円
外食費:3万円
水道光熱費:2万円
ネット代:5千円
雑費:5千円

生活費合計:15万円

季節などによって多少の変動はありますが、このような内訳になっています。
ただ、ケータイ代についてはカップルということもあり、個人で支払っています。そのため、この内訳には入っていません。

もう少し減らせる費目もあるかもしれませんが、家賃6万円くらいの住居で同棲しているカップルの生活費はこのくらいだと把握しておきましょう。

同棲した際の生活費はいくらか?カップルの収入別に紹介!!

先ほどは家賃6万円の住居に同棲しているカップルを例に生活費の内訳を紹介していきましたが、この内訳は当然収入によっても変わってきます。

ということでここでは、収入別に生活費をシミュレーションしたものを紹介します。ちなみに収入はカップル2人の合計となっています。

1ヶ月の収入が50万円の場合

2人の収入が50万円だった場合、かなり生活にも余裕が出てきます。ということを踏まえてシミュレーションすると、次のようになります。

  • 家賃:120,000円
  • 光熱費:15,000円
  • 食費:50,000円
  • 日用品など:10,000円
  • 携帯代:16,000円
  • インターネット:7,000円

合計出費:218,000円

家賃は都内の賃貸マンションと設定しています。また、食費は週に1回外食に行く設定にしています。

これはあくまで最低限の生活をする上での内訳ですので、車を購入したり、外食に行く機会が増えたりしたら、これよりも増えていくことになります。

1ヶ月の収入が40万円の場合

2人の収入が40万円の場合です。これは1人あたり20万円ほどなので、20代半ばのカップルといった感じです。

この場合のシミュレーションは次のようになります。

  • 家賃:80,000円
  • 光熱費:13,000円
  • 食費:50,000円
  • 日用品など:10,000円
  • 携帯代:16,000円
  • インターネット:7,000円

合計出費:166,000円

やはり家賃は少し下げています。他の費目に関しては50万円の場合とあまり変わらない設定にしています。

ただ、こちらもあくまで最低限の生活費の内訳です。20代半ばというと友達や仕事仲間との飲み会の機会も多いでしょう。

そのため、外食に行く機会が増えるかもしれません。洋服など流行りのものも購入したいものです。そういうことで、出費はこれよりもう少し増える可能性はあるでしょう。

このように、カップルの収入によって、生活費の内訳も変わってきます。

今後のことも考えてカップルが同棲する際に意識しておきたいこと

先ほどは、カップルの収入別に生活費の内訳をシミュレーションしたものを紹介しました。

しかし、カップルの合計収入といっても、その割合は異なる場合が多いのではないでしょうか。

また、カップルの今後のことも考えて、収入から毎月しっかりと貯金していくことも必要です。

そのようなことを踏まえて、同棲する際には次のようなことを意識してみましょう。

収入の差によって生活費の負担割合を決める

カップルによっては収入に差がある場合もあります。まだ、結婚していない2人ですから、生活費は折半すべきですが、収入に差があるのであれば、それを考慮した方がいいでしょう。

そのためには、収入の差によって生活費の負担割合を変えるのがおすすめです。お互いの収入額によって割合を決めるといいでしょう。

毎月の貯金額を設定する

カップルが貯金する上では、いつまでにいくら貯めるのか目標を立てておくといいでしょう。

そして、その目標を設定する上で大事なのが、毎月の支出を把握することです。そのためにおすすめなのが家計簿をつけること。今はスマホで簡単につけられるアプリもありますので、それを利用してもいいでしょう。

1ヶ月つけてみると大体の支出がわかってきます。そこから毎月どのくらい貯金に回せるのか、目標額に対してどのくらい期間を要するのかがわかるでしょう。

もし、結婚したい時期が決まっているのであれば、そこまでに貯金できるのかも把握できます。貯金できないのであれば、生活費を見直すなどを考えましょう。

このように、カップルの今後を考えて貯金していくためには、しっかり目標を立てることが大事です。

使う前に貯金する

貯金額の目標が決まったら、自動的に貯金できる仕組みを作りましょう。収入から生活費を引いた残りを貯金する形にするとなかなか貯まりません。

そのしないためには、使う前に給料が入って時点で自動的に積み立て口座に貯金分が回るようにしておくのです。

これは銀行の定期預金を利用してもいいですし、会社に財形貯蓄などの制度があるのであればそれを利用してもいいでしょう。

同棲したら今後のために生活費以外でいくら貯金すればいいか?

では、今後のことを考える上で、どのくらいの貯金が必要なのでしょうか。

ここでは、カップルに今後発生するであろう直近のイベントに対する貯金額を紹介します。

まだ、結婚していない2人にとって、まず重要な直近のイベントとしては結婚式でしょう。結婚式にかかる費用は平均で320万円ほどと言われています。

仮に毎月10万円貯金できれば年間で120万円ということになり、約2.7年で貯金できる計算になります。

結婚の時期がすでに決まっているのであれば、その期間に合わせて貯金することになります。2.7年よりも短い期間であれば毎月の貯金額を10万円より増やさなければいけませんし、期間が長いのであれば貯金額は減らしていいでしょう。

毎月の貯金額は多い方が早く貯まりやすいですが、生活に支障が出てしまっては問題です。生活に影響がない範囲で貯金するようにしましょう。

同棲に必要なお金のことは事前にしっかり話し合っておこう!

生活のためには必ずお金が必要になります。家賃を始め、光熱費や食費など最低限生活していくだけでもかなりのお金が必要です。

1人で住んでいた時にはこれらは自分で払いますが、同棲するとなると2人で一緒に住むことになります。したがって、生活に必要なお金も2人で分担して支払うことになります。

そのため、同棲する前に誰がどの費目のお金を払うのか、しっかりと話し合っておきましょう。そして、2人にあった方法でやりくりできるようにしましょう。

話し合わないまま同棲を始めると、どちらか一方に負担がかかってしまう可能性があります。そして、お金のことで不満を溜め込んでしまうと、2人の関係がギクシャクしてしまい、最悪別れてしまうという結果にもなりかねません。

そうならないためには、同棲する前にしっかりとお金のことを話し合っておくことが大事です。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ