Buisiness+Relationship

ビジリレ

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点

   

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点

会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退するため、別の健康保険に加入する必要があります。

その一つが国民健康保険です。加入には手続きが必要ですが、面倒だからと手続きを放っておくと大変なことにもなりかねません。

退職後、きちんと加入しておく必要があります。

そこでここでは、退職後に国民健康保険に切り替える場合の手続き方法や注意点、また手続きをしなかった場合の扱いなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


退職後に必要な健康保険の切り替え

退職後、次の職場が決まっていないなどで再就職まで期間がある、もしくは再就職をしない場合は、これまで勤めていた会社の社会保険からは脱退しているため、他の健康保険に切り替える必要があります。

その一つが国民健康保険です。

日本国民は、必ず国内のいずれかの健康保険に加入することが義務付けられています。

また、国民健康保険はいずれの社会保険にも属していない人が全員加入しなければいけないことになっています。したがって、会社の社会保険に属していない退職者は国民健康保険に切り替えなければいけないのです。

切り替えておかないと、通院した際の医療費を全額支払わなければいけなくなります。

もし、これまでの会社の健康保険を任意継続する、または家族の被扶養者になることにした場合は、退職日の翌日付けで手続きを行えば、国民健康保険への切り替えは必要ありません。

退職後に国民健康保険に切り替えする際の手続き方法

では、退職後に国民健康保険に切り替えることにした場合、どのような手続きを踏めばいいのでしょうか。

ここでは、その手続きについて紹介します。

国民健康保険は各市区町村が管理しているため、自分の住所のある役場で手続きを行います。手続きは退職した日から2週間以内に行う必要があります。

手続き時には、退職したことを証明する書類(離職票など)が必要となりますので、準備して行きましょう。

また、国民健康保険に加入後に新しい就職先か決まった際には、国民健康保険の脱退の手続きを行う必要があります。この際に必要となるのは、新たに入った社会保険の保険証もしくは社会保険の資格所得証明書、そして国民健康保険証です。

なお、国民健康保険の加入時、脱退時いずれの場合も、申請に必要な書類の他に本人確認書類(運転免許証など)が必要となります。

退職することで切り替える社会保険と国民健康保険の違い

これまでに社会保険と国民健康保険という言葉を紹介してきました。この2つはどのように違うのでしょうか。

ここでは、この社会保険と国民健康保険の違いについて紹介します。

社会保険とは会社員の人が加入するもので、健康保険と厚生年金が対象となります。

一方、会社に属さない個人事業主や主婦などは、国民健康保険と国民年金に加入するのが一般的です。また、それぞれ次のような違いがあります。

まず、保険料の支払いです。

社会保険では、保険料は本人と会社が折半して保険料を支払うのに対し、国民健康保険では全額自己負担となっています。

2つ目が疾病手当です。

社会保険では、病気などの治療で仕事を休んだ場合にはその間の給料を補填する傷病手当金が支給さされます。一方、国民健康保険にはこのような制度はありません。

3つ目が出産手当です。

これも疾病手当と同様に、社会保険では出産のために会社を休んだ場合、その間の給料を補填する出産手当金が支給されます。

しかし、国民健康保険にはありません。ただし、出産一時金はどちらも支給されます。

4つ目が扶養制度です。

社会保険では家族を扶養に入れることができますが、国民健康保険の場合はそもそも扶養という概念がありません。

このように、社会保険と国民健康保険の間にはいくつかの違いがあるのです。

退職後に国民健康保険への切り替えをせずに再就職した場合の扱い

退職後、国民健康保険に切り替えるのであれば市区町村の役場で手続きを行う必要があります。

しかし、この手続きを行わないまま、新しい職場に再就職することになった場合、国民健康保険の保険料はどのような扱いになるのでしょうか。

たとえ国民健康保険への切り替えを行っていなかったからといっても保険料は請求されることになります。

退職後、次の就職先が決まるまでは何らかの社会保険に属していなければならず、どこにも属していなかった場合は国民健康保険に加入することが義務付けられているためです。

切り替え手続きをしていなかった場合でも、国民健康保険に属していることになるのです。

したがって、新しい職場での社会保険に切り替わるまでの間の分の保険料は支払わなければいけません。

放置しておくと、催促や保険料の引き上げ、差し押さえなど法的な手続きを取られる可能性もあるため、しっかりと切り替えの手続きをするようにしましょう。

退職後、国民健康保険に切り替える前に注意しておきたいこと

ここまで、退職後に国民健康保険に切り替える際の手続き方法などについて紹介してきました。

最後に、切り替える際の注意点を紹介します。

社会保険の保険料徴収の対象月について

会社を退職した場合、社会保険の資格は退職日の翌日に喪失します。したがって、月末に退職した場合は翌月の1日が資格喪失日になります。

ここで、社会保険料の徴収の対象期間について注意が必要です。例えば、3月31日に退職した場合、被保険者の資格喪失日は4月1日となります。

社会保険料は資格喪失日の前月まで発生するため、前月の3月分まで徴収されることになります。

しかし、3月30日に退職した場合は、被保険者の資格喪失日が3月31日となり、社会保健料は前月の2月分までの徴収となります。

このように退職日によって、保険料を徴収される期間が異なるため、注意が必要です。

保険証返却について

退職の際には、それまで勤めていた会社の保険証は返却しなければいけません。

扶養家族の保険証も発行している場合には、それも合わせて返却する必要があります。

国民健康保険への加入日について

退職後に次の職場が決まっていない場合、退職日の翌日から国民健康保険に加入することになります。それは手続きを行っていなくてもです。

この切り替えの段階から保険料が発生しますので、退職後は速やかに国民健康保険の加入手続きを行いましょう。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ