Buisiness+Relationship

ビジリレ

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット

   

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット

今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家計も夫婦で折半する世帯が増えているようです。

もちろん、家庭によって、また夫と妻との間でも収入の差はありますので、折半するといってもその内容はさまざまです。

実際に各家庭ではどのように折半しているのか、また折半することによるメリットやデメリットはあるのか、気になりますよね。

ここでは、気になる夫婦の家計の折半について、ご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


夫婦で家計を折半している実例

(例1)

私は38歳で、3歳と0歳の子供がおり、お金は夫と私で個別に管理しています。

共働きですが、私は現在育休中です。

家計は、固定費は分担して支払い、変動費に関しては予算を決めて折半しています。

具体的には、固定費に関して言うと家賃は夫、子供の保育園代は私が負担、という風にしています。

また、変動費に関しては、医療費や携帯電話代、カット代などは個人で支払っています。

夫の貯蓄額がどれくらいかは知りませんし、夫も私の貯蓄額は知らないでしょう。

(例2)

30代前半の共働き夫婦で、小さな子供が一人います。

生活費は同じ額を出し合って、それから貯金をした後の残りをそれぞれの小遣いとしています。

これは結婚した時に夫の方から提案したやり方で、私も別段反対しませんでした。

いわゆるお小遣い制も好きではなかったし、私も元気でいる間は働き続けたいと思っていたからです。

夫がいくら口座にお金を持っているかは知りませんし、私も告げていません。

半数以上の女性は夫婦で家計を折半することに反対

結婚後の生活費は、皆さんどのように分担しているのでしょうか。

夫婦といえども、やはりお金の問題はとてもデリケートなものですよね。

あるアンケート調査によると、女性に対し、結婚後共働き夫婦となった場合家計を折半すべきか、という質問をしたところ、賛成したのはわずか38.5%で、反対は61.5%にも上りました。

やはり共働きの場合には、夫婦といえども家計を折半したいという女性が多いようです。

その理由ですが、折半に賛成派の意見としては、やはり共働きである以上、夫婦喧嘩の原因にならないためにも、公平になるように折半にすべきという声が多く見られました。

一方、折半に反対派の意見ですが、共働きといえども給料の額が違うから折半にするのは不公平、また女性にとっては家事や育児、介護などで忙しく必ずしも公平とはいえない、などの意見が目立ちます。

夫婦で家計を折半するために必要な費用

夫婦として同じ屋根の下に生活する以上、共通して発生する費用というものが当然発生してきます。

家賃、水道光熱費、日用品などが代表的といえるでしょう。

そして、子供がいる場合には、教育費なども必要となってきます。

一方で、夫婦が個別に必要となってくる支出として、お小遣いのほか、医療費、被服費などがあります。

共働きといてもほとんどの場合、夫の収入の方が妻よりも多いわけですから、例えば夫が家賃や水道光熱費、子供の教育費など、共通して発生する費用を負担するでしょう。

そして、食費や日用品などの個別に発生する費用に関しては、夫婦折半となるのではないでしょうか。

このように、収入の格差に応じて分担する形を、所得税型といいます。

子供がいない夫婦の場合、妻の収入よりも夫の収入の方がかなり多いケースでも、すべて夫婦折半しているという家庭もあり、このような形は消費税型といわれます。

夫婦で家計を折半する際の問題点と改善策

共働き夫婦の場合、生活費を平等に負担しよう、という目的から、家計簿をつけている人も多いようです。

ここでいう家計簿とは、お互いに支出した金額を記録しておき、月末などに清算する、というものです。

こうすれば、確かに夫婦で公平に支出を分担することはできます。

しかし、家計簿をつけること自体は良いことなのですが、問題点もあります。

それは、この目的による家計簿があくまでも2人が支出した生活費を分担するというものであり、支出全体を管理する、あるいはムダな出費を控えて貯金を多くしよう、というような配慮に欠けているのです。

その結果、支出が多くなり、かえって家計が苦しくなるということにもなります。

せっかく家計簿を付けるのですから、単に自分たちで決めた項目の支出を記録するというだけではなく、家計の収入と支出全体を把握できるように工夫されてみてはいかがでしょうか。

共働き夫婦で家計を折半するメリットとデメリット

共働き夫婦で家計を折半する場合、やはりメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、お互いに自分で自由に使えるお金が多いことや、そのために精神的にもゆとりある生活ができる、趣味などに気兼ねなしに没頭できる、などが挙げられます。

一方、デメリットとしては、支出がどうしても多くなりがちで貯金がなかなかできない、お互いの収入が分からず生活設計が立てにくい、などがあります。

例えば、子供ができれば妻は働きに出ることができない期間がありますし、子供の成長とともに教育費もかかるようになります。

また、子育てが一段落した頃には、両親の介護の問題なども発生するようになります。

このように、結婚した時には2人の生活であっても、時とともにライフスタイルも変わってきますので、それに応じた家計の分担をする必要があります。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ