Buisiness+Relationship

ビジリレ

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!

   

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!

仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多いものです。特に新人など職場環境をまだ理解していない人にとっては恐怖に感じやすいようです。

しかし、仕事での電話応対は業務において基本中の基本です。電話応対ができないようでは、大事な仕事も任せられないでしょう。

そこでここでは、仕事での電話応対を怖いと感じている人に向けて、その原因や克服法などについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


仕事での電話対応を怖いと感じる人にはどんな特徴があるのか?

仕事での電話対応を怖いという人の特徴としては、知らないことを話されることに対する恐怖心を持っていることが挙げられます。

特に新人は最初の仕事として電話応対を任されることが多いものです。しかし、新人はまだ社内の人間や会社の取引先などを理解できていません。

そのような状態の中、社内に取り次ごうにも取次先の人がわからなかったり、知らないことを何度も聞き返したりすることが多くなります。

それに対して何も感じない人は大丈夫ですが、電話対応が怖い人はこのことに対して恐怖心を抱いてしまうのです。

さらに、過去に電話対応で大変な思いをした人は、余計に電話を取りたがらなくなります。

特に、新人時代に上司から電話応対のことで注意されたことや取り次ぎがうまくいかなく相手に時間を取らせてしまったことなどがある人は恐怖心を抱きやすいものです。

このように仕事での電話対応を怖いと感じる人は、知らないことを話されてしまうことに対する恐怖心を持っているのです。

仕事での電話応対を怖いと思う人に多いある傾向

仕事での電話応対を怖いと感じている人のなかにはあがり症の人が多いものです。対面での会話だと問題ないのですが、電話で会話するとなると途端に恐怖心を抱いてしまうのです。

電話は対面の会話と違って話す相手が見えません。そうすると、身振り手振りなど言葉以外のコミュニケーション方法が使えず、音声だけが頼りとなります。

相手が見えないため、どのように思っているのか、感じているのかといったことも、声のトーンを頼りに推測することになります。

あがり症の人にはもともとコミュニケーションが苦手な人が多いため、こういった会話のしにくさで電話応対に対して恐怖心を抱きやすいのです。

さらにひどくなると、電話中に頭が真っ白になったり、震えが止まらなくなったりします。なかには、電話に出る前からベルの音を聞くだけで動悸が激しくなったり、全身が震えてきたりする人もいます。

仕事での電話応対を怖いと思っている人には、このようなあがり症の人もいるのです。

もしかしたらあなたも?電話対応恐怖症チェックリストで確認!

ここまで紹介してきたなかで、自分は電話に対して恐怖心を抱いているのだろうかと思った人もいるのではないでしょうか。

ここでは電話対応恐怖症なのか確認できるチェックリストを紹介します。チェックして自分が電話対応恐怖症かどうか確認してみましょう。

チェックリスト

  1. 会社の電話で噛んだことがあり、「また噛んだらどうしよう」という緊張感がある
  2. 職場で電話のベルが鳴る環境に苦痛を感じて電話に出ることができない
  3. クレーム処理を担当していて顧客から怒られることに精神的苦痛を感じ、電話のベルが鳴るだけで恐怖心を感じてしまう
  4. 相手の声がうまく聞き取れず、相手を不快にさせてしまうのではないかという不安がある
  5. 幼少時代に親の借金取り立ての電話が頻繁にあったため、今でも電話のベルが鳴ることに対してトラウマがある
  6. 電話の相手がわからないため、電話に出ることが怖い
  7. このなかの一つでも当てはまるようなことがあれば、電話対応恐怖症である可能性があるので、これから紹介することをやってみることをおすすめします。

    新人時代の怖い電話応対も仕事を覚えるための第一歩!

    新人に電話応対をさせる会社も多いものです。

    その理由は、先輩社員にはもっと付加価値が高い仕事をやらせるためということもありますが、それよりも教育の視点からそうしている場合が多いものです。

    新人はまだ社内の人の名前や座席、取引先名、担当者などを理解できていません。また、そういった人との社会人としての接し方もわかっていないでしょう。

    そのため、電話応対を担当させることでこういったことを学ばさせるのです。

    誰でも新人での電話応対は怖いと思うものでしょう。でも、そういった恐怖心から緊張感を持って取り組めるものです。さらに恐怖心をできるだけ解消するために、電話応対中にメモをするなどの方法も学んでいけるでしょう。

    電話応対の数をこなすうちにだんだんと慣れてくるものです。対応パターンもある程度決まっているため、それも理解することができるようになります。

    新人の電話応対は怖いものですが、こういった緊張する場面はこれからの仕事においても幾度となく現れるものです。そのための練習だと思って、勇気を出して電話応対してみましょう。

    仕事での電話応対に対する恐怖心を克服する方法

    仕事での電話応対を怖いと感じている人は、この気持ちをなんとかしたいと思っているのではないでしょうか。

    できれば恐怖心を克服して、緊張感から逃れたいと思っている人も多いことでしょう。

    では、どうすれば仕事での電話に対する恐怖心を克服することができるのでしょうか。

    それは、「電話応対に慣れること」です。慣れるためには、たくさんの数をこなすことです。

    恐怖心を抱いているのは、電話応対に対して知らないことが多すぎるためです。その知らないことをできるだけなくすために数をこなしていくのです。

    誰でも怖いことに対して勇気がいるものです。でも、最初の勇気をふりしぼれば、そのあとは結構なんともないものです。まずは最初の勇気をふりしぼってみましょう。

    そして、もう一つの克服法が「肩の力を抜いて電話応対できる仕組みを作ること」です。

    恐怖心があると体に力が入り、余計に緊張してしまうものです。そうならないためには、できるだけ肩の力を抜くことです。

    方法としては、デスクの目が届くところに「肩の力を抜いて!」という張り紙を貼っておくといいでしょう。電話中にそれを見ることでだいぶん力が抜けるものです。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ