Buisiness+Relationship

ビジリレ

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性

   

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性

日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売られています。

そこには、血液型による性格の違いが書かれています。

また、その性格の違いから血液型ごとの相性が書かれていることも多く、友達との相性を気にする人もいることでしょう。

しかし、血液型によって相性は異なるものなのでしょうか。

ここでは、一般的に言われている血液型の相性とともに、血液型による性格判断の信憑性などについても紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


友達同士で相性がよい血液型の組み合わせは?

友達との相性が良かったり悪かったりしたときにお互いの血液型が気になることがありませんか。

しかし、実際に血液型の相性は関係あるのでしょうか。

まず、ここでは一般的に言われている同性同士の血液型の相性ベスト3を紹介します。

第1位:B型 × AB型

同性のB型とAB型の相性は非常にに良いと言われています。この組み合わせでは、いろいろな面で意見が合うことが多いです。

必要以上につかず離れずの関係で、お互いにあまり干渉しあうことがないのがよいのでしょう。

マイペースで行動的なB型の性格をAB型がうまく補えるところは、仕事上でも適していると言われています。

第2位:A型 × A型

一緒にいて信頼関係を築けるのがこの組み合わせです。

この組み合わせでは、幼い頃からなんとなく気が合ってそのままずっと一緒にいるという人も多いようです。

お互いに似た性格であるため、細かいところを気遣うことができ、お互いの気持ちもわかり合うことができます。

第3位:AB型 × AB型

AB型は自分の感情をなかなか表に出すことがなく、考え方も変わっている人が多いものです。そのため、他の血液型では理解されないことも多いようです。

二面性もあると言われており、突然性格が変わることもあり不審に思われることもあるようです。

こういった性格から、自分たちの性格を理解できるのは同じAB型同士であり、必然的にこの組み合わせが仲良くなっていくのでしょう。

ここで紹介したのは一般的に言われていることなので、他の組み合わせでも相性が良い場合もあるでしょう。

実際の友達の血液型は?ランキング形式で紹介!

では、実際に友達に多いのはどの血液なのでしょうか。ここでは、友達に多い血液型をランキングで紹介します。

第1位:A型

A型は日本人のなかで最も多い血液型のため、これは当然といえば当然でしょう。自分もA型という人も多いようです。

第2位:B型

ちょっと意外だったのがB型です。日本人としては比率的に少ない血液型ですが、第2位になっています。

このB型もお互いに同じ血液型である場合が多いようです。

第3位:O型

O型の人が友達として多い人はB型の人も友達になっていることが多いようです。

第4位:AB型

AB型は日本人の血液型の比率としても一番少ないため、これも当然の結果といえるかもしれません。

AB型の場合は先ほど紹介したように、AB型同士で友達になることが多いようです。類は友を呼ぶように、周りの人たちみんなAB型ということもあるようです。

血液型で診断する友達との相性は根拠があるものなのか?

日本国内では、血液型による性格診断がよく行われます。

ただ、医者や科学者の中では、「血液型による性格診断は科学的根拠がない」という意見が大半を占めています。

しかし、実際には血液型の性格診断はある程度当たっていると思う人も多いのではないでしょうか。複数のアンケート結果によると、6割以上の人が血液型性格診断は当たっていると回答しています。

ただこれについても、多くの心理学的はその要因を刷り込みだと説明します。

つまり、「A型は真面目な性格」「O型はおおらかな性格」ということが広まることにより、無意識にそのことが刷り込まれ、いつの間にかその性格になっているというのです。

確かに人間の性格を4つに分類するのは短絡すぎるかもしれません。

とはいえ、血液型がまったく性格に影響しないとも言えないような気がします。

友達との関係を良好にするためにも理解しておきたい血液型別性格

先ほど紹介したように、必ずしも血液型で性格は診断できないものです。

ただ、一般的に言われている血液型の性格をつかんでおくことで、その後の友達関係も楽になるかもしれません。

ここでは、血液型それぞれで一般的に言われている性格と付き合う上での注意点を紹介します。

A型には神経質という言葉は禁句!

A型は一般的に神経質、真面目な性格だと言われています。ただ、A型のなかにはこういった性格を気にしている人も多いものです。

そのため、A型の人に対しては「神経質すぎ」や「気を遣いすぎ」といった言葉は発しないようにしましょう。

O型は負けず嫌い!?

O型はおおらかな性格だと言われています。そのため、細かいことにあまりこだわらず付き合えばいいでしょう。

ただ、負けず嫌いな性格が強いため、それをあまり刺激しないようにしましょう。

B型には自然体で

B型は自由奔放な性格だと言われています。そのため、自然体で付き合っていれば問題ないでしょう。

ただ、いじわるすることは嫌うので、それだけは避けておきましょう。

AB型には急接近は禁物!?

AB型は二面性をもっており、自分の感情をなかなか表に出さない性格だと言われています。

そのため、あまり急接近しようとすると離れていってしまう可能性があるので注意しましょう。

このように、血液型によって、一般的に言われている性格があります。この血液型の性格を理解しておくことで、友達関係もスムーズにいくでしょう。

血液型による友達との相性診断は海外でも広まっているのか?

血液型占いの本がちまたにあふれるほど血液型に興味がある日本人。そんなに親しくない人にも気軽に血液型を聞くこともあるでしょう。聞かれたとしても、それほど気にすることはないものです。

では、海外の人も同じく血液型に興味をもっているものなのでしょうか。

実は海外(欧米)では、あまり親しくない人に血液型を聞くことは失礼にあたります。血液型は体重などと同じようにプライベートなことなのです。ですので、日本のように血液型が話題になることもありません。

もともと欧米では日本のように血液型占いというものはメジャーではなく、血液型による相性も気にしません。

さらにいうと、自分の血液型を知っている人も少ないのです。

このように、血液型占いや血液型による性格判断というのは日本独特のものであり、世界で見るとあまり広まっていることではないのです。

関連記事はこちら

 - 性格・心理

ページ
上部へ