Buisiness+Relationship

ビジリレ

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ

   

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ

世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人がいるものです。ただ、一般的にはポジティブ思考の方が好まれるようです。

しかし、ネガティブ思考の人がポジティブに切り替えることは至難の業でしょう。

ですから、このような人はポジティブ思考ではなく、中間であるニュートラル思考に切り替えるほうがいいかもしれません。

ここでは、ニュートラル思考が良い理由、そしてこの思考に切り替える方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


中間の気持ちを得るためにポジティブもネガティブも大事にする!

人の感情というのは常に揺れ動いているものです。さっきまでポジティブだったかと思うと、すぐにネガティブになり、またポジティブになるということを繰り返しているものではないでしょうか。そのように感情の波があるのが人間なのです。

逆に常にポジティブ、もしくはネガティブな生き方というのは不自然なため、疲れるものです。

そんな感情の波があるからこそ、ふとした瞬間にニュートラルな状態になることがあるものです。この状態では、心に大きな変化はなく、穏やかに満ち足りた気持ちになれます。

このように、ポジティブとネガティブな気持ちがあるからこそ、ニュートラルな気持ちもあるのです。どちらか一方へ偏っていてはこの気持ちを味わうことはできないでしょう。

ニュートラルな気持ちを味わうためにも、ポジティブとネガティブな気持ちをうまくコントロールしていきたいものです。

ネガティブになりやすい人はポジティブより中間を目指してみる

ポジティブ思考で何事にも前向きに捉えられれば毎日が楽しいかもしれません。

しかし、人間の思考というのは将来への不安を感じるようになっており、いつの間にかネガティブ思考になってしまうそうです。

ですから、ポジティブ思考を維持するためには、かなり努力する必要があります。人間のもともとの思考を変える必要があるのですから。

特にネガティブ思考になりやすい人は、ポジティブ思考にするために相当な労力を必要とするでしょう。ネガティブ思考から一気にポジティブ思考に変えるというのはなかなか難しいのです。

それならば、その中間のニュートラル思考を目指してみてはどうでしょうか。ニュートラル思考であれば、それほど努力する必要もなく切り替えることができるでしょう。

ニュートラル思考がどのようなものかなかなかイメージできないかもしれませんが、ひとまず不安や心配といったものを思考から除外してみることから始めてみるといいでしょう。

ネガティブな時に無理にポジティブになっては逆効果!

ポジティブ・シンキングを進める本などがあります。しかし、このポジティブ・シンキングは場合によっては悪影響を与えてしまうこともあります。

それは、意識だけポジティブにしても、無意識がポジティブでなければ効果がないからです。無意識はネガティブなままなのですから、無意識は抵抗します。すなわち無意識にストレスをかけてしまうことになります。

また、無意識がネガティブであると、現実にもネガティブなことを引き寄せやすくなります。せっかく、意識はポジティブにしていても、現実はネガティブなことばかり起こり、余計にストレスを抱えてしまうことになります。

かと言って、ネガティブなままがいいというわけではありません。ネガティブとポジティブの中間に意識づけをすればいいのです。まったく正反対の考え方ではないため、ストレスを抱えることも少ないでしょう。

ポジティブに無理にこだわるほど、そこからは遠ざかる

仕事をしていると、ネガティブな状況や感情になった自分や仕事仲間に対して、「ポジティブになろう!」「ネガティブに捉えてはいけない!」というような言葉をかけることはないでしょうか。

しかし、これは先ほども紹介したように、結局、ネガティブな気持ちを増幅させる結果にもなりかねません。

仕事の本を読むとよく「ポジティブであること」を推奨することが書かれています。

しかし、これはあくまで無意識もポジティブであることが条件です。無意識がネガティブな状態なのであれば、意識でポジティブになろうとしても逆効果なのです。ポジティブであろうとすることが、結果的に無意識で何度も自分にダメ出ししてしまっていることになるのです。

無意識がネガティブである状態ではポジティブであろうと、もがけばもがくほどネガティブになっていき、ポジティブからは遠ざかっていきます。

無意識のネガティブな状態を解消するのはなかなか難しいですが、このような状態では無理にポジティブにはならないように心がけるといいでしょう。

ネガティブになりやすい人がポジティブではなく中間の状態になる方法

ここまで紹介したように、ネガティブになりやすい人がポジティブになることはかなりの労力を必要とします。

無理にポジティブになろうとすると、かえってストレスを抱えてしまうことになり、さらにネガティブになってしまうでしょう。

では、ネガティブになりやすい人がもう少し気持ちを前向きにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、ここまでにも紹介してきたように「ニュートラル」な状態になることです。ネガティブでもなくポジティブでもない、まっさらな状態。

この状態になれば、気持ちが落ち着き、少しずつ気持ちも前向きになっていくでしょう。

では、どのようにしたらニュートラルな状態になるのでしょうか。それは、今ここに意識を向けるということです。

人は、未来や過去に意識を向けるからネガティブな気持ちになってしまうのです。そうならないためには、今ここに意識を向けることが大事です。

具体的には、自分自身の体内に意識を向け、細くし長い呼吸をしながら、頭のてっぺんから足の先まで新鮮な空気が体内を流れて邪気を消すイメージを持つといいでしょう。

これはずっとこのような状態である必要はありません。1日のうち数回でいいので、このようなニュートラルな状態を作るようにしましょう。

そして、この時間を増やしていきましょう。これを繰り返していくことで、ニュートラルな状態になりやすくなり、前向きな気持ちになってくるでしょう。

関連記事はこちら

 - 性格・心理

ページ
上部へ