Buisiness+Relationship

ビジリレ

自己PRで高校の部活経験を記載するとよい理由と上手なアピール

   

自己PRで高校の部活経験を記載するとよい理由と上手なアピール

自己PRで高校の部活経験を記載すると、就職に役立つ可能性があるということは聞いたことがあるのではないでしょうか?

少しでも役に立つのなら記載しても損はありませんよね。

しかし、一体どのように伝えることができれば、アピールポイントとして高くなるのでしょうか?

そこで今回は、自己PRで高校の部活経験を記載する時の注意点や、より有効にするためのポイントなど、就職に有利になるような例をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


自己PRに高校の部活経験を記載することは採用ポイントアップ

就職活動している学生の悩みの種になっているのが自己PRです。

大学でサークル活動をしていたのならば、それも記載しても良いですし、サークル活動していた経験が就職活動でも生かされることでしょう。

それでは面接官から見た場合はどうなのでしょうか。

大学生のサークル活動や部活をどのように思っているのか、何人かの採用担当者に聞いたところ、自己PRにサークル活動や部活の記載は大きなメリットだという意見がほとんどでした。

学生時代の活動なんてものは社会人に比べれば大したことがなく、仕事に直接的関係あることではないと思っているかもしれませんが、実は大きなメリットだったのです。

体育会系の部活をしている人なら、結果を残していなかったとしても、部活を続けていたという事実が評価されます。

辞めずに一つのことを取り組んだという事実が良いことだと思われているとのです。

それに長く取り組んでいる人ほど、会社に入ってからも仕事に挫折することなく長くやっていけることが多いと考えられており、それは本人の能力より重要視されます。

自己PRに高校での部活経験で学んだことを記載することが重要

大学生であっても、高校時代の部活経験を自己PRに書いてしまってかまいません。

部活は、社会で必要とされるスキルを身につけるのに適した環境であるため、会社としては高校時代の経験だったとしても、部活で学んだことを重要視してくれます。

面接官から、高校での部活はどうだったのか質問してくることもあるくらいです。

どのような部活であっても、先輩・後輩の上下関係がありますし、協調性を育むことができるでしょう。

そこで注意点なのですが、部活の種類はなく、部活を通して学んだことを記載してください。

部活で何を学んだかは個性や長所につながっているので、その人ならではの強みを知るために何をしたのか必ず質問されます。

また、部活を通して学んだことは協調性など社会性だけに限る必要はありません。

忍耐力や勝負の世界の厳しさ・楽しさ、それから負けん気や計画性、積み重ねることで得た知識や競技の特性など自分が感じて学んだものを用意しておきましょう。

実際の面接で、部活で何を得たのか聞かれたら、それはあなたの長所を確かめようとしていると思って間違いありません。

期待がないと行われない質問なので、それを踏まえて自身を持って答えていきましょう。

自己PRで高校の部活経験を語るときのアピールの仕方

実際に自己PRを考えていきましょう。

たとえば高校では野球部に所属していたとしましょう。

そこで、集団生活でのコミュニケーションスキルを得たという社会性を得たという視点で考えていきます。

野球部では多くの仲間たちがいて、仲間たちとコミュニケーションを取ったり困難を乗り切ったりしてきたことでしょう。

そのことから集団生活での空気の読み方を学んだと言って良いです。

それから自分の頑張ったこと、そのプロセスと結果をしっかり考えていきましょう。

集団生活でのコミュニケーションスキルを得たとあなたが言えば、面接官は必ず芋づる式に質問が返ってきます。

それは本当に経験したことなのか確かめる意味もありますし、もっと詳しくあなたを知ろうという意味もあります。

芋づる式に質問されたときに迷うことなく回答できるようになるには、あらかじめプロセスを思い返しておくしかありません。

どのような経験をして、どのような結果になったのか、なるべく具体的に振り返っておきましょう。

部活を頑張った、部活が辛かった、そのように簡単に答えては面接というせっかくの機会を活かせません。

部活での結果ではなく、プロセスを話すことが一番のアピールポイントなので、必ず思い返しておきましょう。

自己PRで高校の部活経験を記載する時の大事なチェックポイント

実際に自己PRを書くときにチェックポイントがあります。

自由に書いてもらって構わない自己PRですが、ちょっとした決まりを守ることで読みやすい文章になります。

分かりやすさのために結果を先に述べる、聞いている人がイメージしやすいように数字を使う、仕事に活かせるポイントをピックアップしてアピールする、その3点を守るようにします。

吹奏楽部に所属していたと考えて、以下のような例文があります。

わたしは忍耐強く努力してきました。

高校生になって初めてトランペットを始めて週2回練習してきました。

最初は練習にも付いていけず30名から選抜して20名で行われる定期演奏会のメンバーにも選べませんでした。

悔しい思いをして、1年間継続して練習して、さらに毎日2時間自主練習を追加して、2年目で定期演奏会に選ばれたときは嬉しかったです。

そのようなことがあったので、仕事でも粘り強さを活かしていきたいと思います。

以上のようにまずは結果から書き出します。

しかしいきなり結果は思いつかないものなので、部活でしたことを書いてから後で結果を先頭に持ってくる方法をおすすめです。

そして「週に2回」や「30名から選抜して20名」というように具体的な数値を忘れないようにしましょう。

そして例文のように「仕事でも〜」というように締めることで仕事に活かせることをアピールできます。

自己PRで高校の部活経験を記載する時の注意点

企業としては部活自体には興味はありません。

リクルートが調査した「就職白書」によると企業が採用するのに重視するのは、人柄が1位、企業への熱意が2位、今後の可能性が3位です。

それらは少なくても全企業の70%以上が重視していることですが、部活やサークルを重視している企業は11%しかいません。

それに部活の経験がそのままビジネスになるわけではないので、企業は部活自体を重視せず、あくまであなたはどのような人なのか、どのような可能性がある人なのか知ろうとします。

部活で自己PRを書こうとすると部活のことばかり書いてしまう人は結構多いです。

たとえば部長として活躍したとして、チームが優勝しましたとか、チームの指揮が上がって全体で取り組めましたとか、そういうことでは上手くアピールできていません。

自己PRではあなた自身のことを書くのです。

あなたが何をしたのか書いてください。

たとえば先の例のように、部長として活躍したのならば、

「わたしは部長としてみんなの力が発揮できる声かけを欠かしませんでした」

「わたしは5人の初心者の部員を指導して4人を入賞に導きました」

など、そのように「わたしは〜」から始めることで自分のことを書きやすくなることを覚えておきましょう。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ