Buisiness+Relationship

ビジリレ

大学生活の一人暮らしでさみしいと感じた時の対処法

   

大学生活の一人暮らしでさみしいと感じた時の対処法

大学に入学して、あこがれの一人暮らしを始めたものの、楽しく感じるよりもさみしいという思いが強くなることもあります。

特にまだ友達ができない間は、それまでにぎやかだった家族との生活からひとりぼっちの環境に慣れるのには、時間がかかる場合もあります。

ここでは、そんな一人暮らしのさみしさにどう対処すればいいか、お伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


大学生の一人暮らしのメリット

1.自由気ままに生活できる

一人暮らしの最大のメリットといえば、何といっても家族に束縛されることなく自由に生活できる、ということです。

夜更かしや朝帰りをするなど生活が乱れても誰にもとがめられることがありませんし、気兼ねなく友達を招くこともできます。

2.生活の知恵が身につく

一人暮らしを始めると、それまでは家族に頼っていた炊事、洗濯、掃除など、すべて自分が行わなければなりません。

しかし、これらを自分でこなすことで、一人前の大人としての生活力が自然と身についてきます。

それだけではなく、就活においても、しっかりと自立している人であると好印象を与えて有利になる場合もあります。

3.通学に便利

大学に近い場所に住居を探せば、通学が便利になります。

また、通学時間が短縮できることで、自分の自由な時間がそれだけ増えることになるのです。

大学生活の一人暮らしでさみしいと感じないための心構え

大学生になって、あこがれの一人暮らしを始めてみると、それまでは考えていなかったさみしさに襲われることもあります。

学校やアルバイト先との行き来の毎日で、帰宅するとひとりぼっちになるのです。

灯りのついていない部屋に一人帰ると、急にさみしい気持ちがこみ上げてくることがあります。

それまでは家には家族がいましたから、話し相手がいて愚痴やストレスのはけ口がいて安心感がありましたが、それを受け止めてくれる人もいません。

そうした環境から一変したわけですから、不安感に陥ることもあるでしょう。

悩みを聞いてくれる友達がいない場合は、誰にも相談することができず、自問自答を繰り返すことでほんの些細なことでもどんどん深みに落ち込んでしまうことになります。

そのような場合には、一人で深く考え込まないようにする、あるいは孤独感を上手に紛らわすようにすることが大切です。

大学生活の一人暮らしでさみしい思いをしないための方法

1.何か熱中できることを探す

大学の在学中にひとつのことにとことん夢中になって取り組むことで、さみしさを紛らわすことができます。

もちろん大学での勉強を熱心にするのでもいいし、それ以外の趣味や関心があることでも、何でもいいのです。

大学生活は自由な時間が有り余っていますから、それを有意義に使うことで、さみしさを忘れるだけではなく、自分の知識や能力を高めることにもつながります。

それがきっかけで友人が増える、あるいは恋人ができるなど、一層充実した生活に発展することもありますよ。

2.サークル活動をする

大学生活といえば忘れてはならないのが、サークル活動です。

友達の輪を広げるためには、サークルに入るのが手っ取り早いでしょう。

ただし、中には活動内容に怪しいサークルも存在しますので、よく吟味してから参加するようにしましょう。

大学生活の一人暮らしでさみしい思いを紛らわす3つの方法

1.テレビを見る

簡単な方法ですが、さみしいと感じたら、静まり返った部屋でポツンといるのではなく、テレビのスイッチをつけるようにしましょう。

部屋の中に映像と音が流れる、ただそれだけでも、さみしさが紛れるものです。

お気に入りのタレントのおしゃべりや好きな歌が聞こえたら、自然と楽しい気分になるものです。

できれば毎日お気に入りの番組ができると、親しみを覚えて安心感が増すでしょう。

2.レンタルビデオを利用する

好きな映画や音楽のDVDを借りて観るのもおすすめです。

さみしさを忘れ、勇気や感動を与えられる作品もいいですし、逆にしみじみとさみしい気持ちを共感できる音楽に浸るのもいいでしょう。

3.親しい人と連絡を取る

携帯電話が普及している現在では、両親や友人と簡単に連絡を取ることができます。

さみしい気持ちが沸き起こってきたら、自分の中に溜め込まずに、親しい人と話をすれば気分も楽になるでしょう。

大学生活の一人暮らしでさみしいと感じてもこれだけはやめよう!

1.お酒、タバコ、ギャンブル

大学生になって一人暮らしを始めると、大人になったのだから、とついついお酒やタバコに手を出したくなります。

お酒はほどほどにたしなむのであれば問題はありませんが、さみしさを紛らそうとして飲むと。どうしても量がおおくなります。

ましてやタバコは、健康被害も大きいですから、決して手を出してはいけません。

もっと深刻なのは、ギャンブルにはまってしまうことです。

お酒もタバコもギャンブルも、依存性が強くてやめたくなってもやめられなくなるばかりか、多額の費用も必要になってしまい、大学生の本文である勉強も手につかなくなってしまうことにもなります。

2.異性

恋愛をするのは自由ですが、単にさみしいからという理由で、それを紛らわすためだけに異性に頼ることはやめましょう。

そのような行為では決して心が満たされることはなく、虚しさだけが残って孤独感が一層増すことになります。

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ