Buisiness+Relationship

ビジリレ

会社の飲み会が苦痛!それでも参加しなくてはいけないときの対処法

   

会社の飲み会が苦痛!それでも参加しなくてはいけないときの対処法

会社での飲み会を苦痛に感じる人は以前に比べて増えてきているようです。特にお酒が苦手な人は苦痛に感じることが多いでしょう。

ただ、飲み会も職場の親睦を深めるためのイベントです。苦痛だといって毎回参加しないようでは、職場の人からの印象も悪くなってしまうかもしれません。

そこでここでは、会社の飲み会を苦痛に感じる人が少しでも飲み会を楽しめる方法や印象を悪くしないための上手な断り方などを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


会社の飲み会は苦痛を感じる人にとっては仕事の一種

会社に勤めていると必ずあるのが「職場の飲み会」でしょう。

お酒を飲むことが好きな人は楽しく感じますが、好きでない人は苦痛で一種の仕事に近いものがあるのではないでしょうか。

飲み会といっても参加することは義務ではありません。自分の意思で参加するかどうか決めていいものです。

しかし、職場によっては参加しないと「付き合いが悪い」とレッテルを貼られ、仕事がしづらくなるということもあるようです。特に上司や先輩からの誘いを断るとあまり良い印象をもたれないでしょう。

ですから、毎回ではなくても、2回に1回は参加するなど自分なりにルールを決めている人もいるようです。

お酒が飲めない人にとっては、職場の飲み会へはほとんど義務感で行っているようなものです。サービス残業といってもいいでしょう。

このように、職場の飲み会はお酒を飲めない人にとっては、かなり苦痛なイベントなのです。

会社の飲み会に苦痛を感じる人が誘いを断れない理由

会社の飲み会が苦痛だと感じているものの、断れないのにはどのような理由があるのでしょうか。

ここでは、会社の飲み会を断れない理由を紹介します。

  • 誘いを断ると「ノリが悪い」と思われ、自分の評価が下がってしまうのではないかと思ってしまう
  • 誘いを断ると「付き合いを断られた」と思われ、相手を不快にしてしまうのではないかと思ってしまう
  • 職場の周りの人はみんな行くなかで断りづらい
  • 飲み会に行かないことで、自分が孤立してしまうのではないかと思ってしまう
  • お酒を飲むこと自体は嫌いではないので、つい行ってもいいかなと思ってしまう
  • 飲み会に参加して、職場の人との交流を深めておかねばと思ってしまう

このように、飲み会に参加しないことで、「人間関係が悪化するのではないか」「職場で自分だけ孤立してしまうのではないか」といった不安感から断れなくなっている場合が多いようです。

そのほかには、お酒自体は好きだからという特に断る理由がない人もいるようです。

苦痛な会社の飲み会にもメリットはある!

会社の飲み会を苦痛と感じる人のなかには、上司と会社以外でも付き合いたくないと思っている人も多いようです。

特に今の若い人はそういう傾向が強いのではないでしょうか。しかし、上司と付き合っておくと良い面もたくさんあります。

一つ目は、普段聞けないような会社内や仕事の話を聞くことができることです。上司の方が自分よりも経験が豊富である場合がほとんどでしょう。

それだけ、会社の内部事情や仕事の進め方などに詳しいはずです。上司と付き合うことにより、そういった話を聞くことができるのです。

二つ目は、大人のお酒の飲み方を教えてもらえることです。上司の方が経験豊富なので、値段がちょっと高い「行きつけのお店」があるものです。

普段行けないようなお店に連れていってもらえることができるのです。もしかしたら、おごってもらえるかもしれません。

最後は会社のチームとしての連携が深まるということです。飲み会の席で、上司に自分が得意なことや悩み、意見などを話しておくと、上司もそれに対応して仕事が進めやすくなるでしょう。

日頃からコミュニケーションをとっておくことが大切ですが、飲み会ではさらに心を割って話すことができるでしょう。

苦痛な会社の飲み会をできるだけ楽しむ対処法

先ほどは、苦痛な会社の飲み会でのメリットを紹介しました。ただ、メリットがあるといっても苦痛なものは苦痛でしょう。

でも、参加するからにはできるだけ楽しみたいもの。ここでは、会社の飲み会に苦痛を感じるときの対処法を紹介します。

自分と同じテンションの人に話しかけてみる

同じ飲み会に参加している人の中には、自分と同じように飲み会が苦手だと思っている人が1人や2人はいるものです。そのような人を探して話しかけてみましょう。

飲み会が苦手な人はワイワイとした雰囲気が好きではない人が多いものです。テンションが低めでつまらなそうにしている人がいたら話しかけてみましょう。同じような話題で盛り上がれるかもしれません。

会社の飲み会は仕事だと割り切る

会社での飲み会を断ってばかりいると、上司や先輩などから冷たい目で見られがちです。いくら会社の飲み会が苦手とはいえ、飲み会も社内の人間関係を深めるためには大事なことです。

仕事上の付き合いと割り切って、たまには参加するようにしましょう。

特に、新年会や忘年会、新人歓迎会など職場の大きな飲み会には参加したほうがいいでしょう。

好きなお酒や料理を楽しむことに専念する

会社の飲み会が苦手であれば、そこで提供されるお酒や料理を楽しむことに専念するのも一つの手です。

ただ、周囲の人の話を無視していると印象が悪くなりますので、話を聞いている雰囲気を出しながら楽しむようにしましょう。

苦痛な会社の飲み会への誘いを上手に断る方法

先ほどは苦痛な会社の飲み会に参加する場合に、楽しむ対処法を紹介しました。
しかし、やはり苦手な会社の飲み会は断りたいものでしょう。

だとしても、周りの人に悪い印象は与えたくないもの。

最後に、会社の飲み会に誘われたときに、悪い印象を持たれないための上手な断り方を紹介します。

誘われた時はいったん保留にする

飲み会に誘われたら、すぐに回答はせず、いったん保留にしておきましょう。そして、理由を考えて、遅くとも当日中には納得してもらえるような理由とともに欠席することを伝えましょう。

すぐに回答してしまうと苦しい理由を言ってしまい、あとでつじつまが合わなくなる可能性があります。そうならないためには、いったん保留にしておき、理由をしっかり考えた上で回答するといいです。

保留にする際には「ちょっと予定を確認します」「今、手元に手帳がないので、確認してあとで回答します」という言い方でいいでしょう。

相手が納得できる理由で断る

先約があるといえば、大抵は相手にも納得してもらえるでしょう。

ただ、毎回、先約があるでは相手にも不信感を抱かれてしまうかもしれません。もう少し具体的な理由で、相手が納得できる理由で断るといいでしょう。

例えば、次のような理由です。

  • 大学時代の先輩に会う予定がある
  • 友達が仕事で海外に行くため、壮行会がある
  • すでに予定に入れていたセミナーや勉強会がある

などです。

このように、会社の飲み会への誘いを断る場合には、相手も納得できる理由で上手に断るようにしましょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ