Buisiness+Relationship

ビジリレ

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法

   

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法

友達と会話をするのは楽しいものです。

しかし、たとえ相手が親しい友達であっても、会話自体が苦手な人にとっては、そのようなひとときも苦痛でしかありません。

本当なら、誰でも友達と会話を楽しみたいですよね。

友達との会話が苦痛である原因は何なのか、また会話を楽しむためにはどのようにすればいいのか、ご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


友達との会話が苦手な人の3つの理由

1.浅い話と深い話の使い分けが下手

初対面の人といきなりプライベートなことを話そうとしても、相手は引きますよね。

また、逆に長年付き合っていても挨拶だけなど表面的な会話に終始したりするのも、相手は物足りなく感じるでしょう。

上手に会話をするには、友達との付き合いの長さや深さに応じて、話の内容をうまく使い分けることが大切です。

2.事務的な会話にだけになってしまう

他愛もない雑談が苦手という人は、どうしても連絡や報告などといった、会社での事務的な会話で終わってしまうことが多いようです。

しかし、これだけではお互いのことを理解しあうことは無理ですし、深い友情へと発展することも期待できないでしょう。

3.プライベートな会話が下手

自分の趣味や特技、性格など、少し踏み込んだ内容の会話ができない、という人もいます。

自分のことをあまり深く知ってほしくない、また相手のこともあまり興味や関心がない人に見られます。

友達との会話が得意な人と苦手な人の違い

友達との会話が上手な人の特徴としては、間を置くことがなく自然な流れの中で話を広げていくことができる、ということがまず挙げられます。

ひとつの話題が終わったら、また新たな話題を振る、それもネガティブな話や愚痴などではなく明るく楽しい話で全体の雰囲気を盛り上げていくのが上手なのです。

もちろん、話の内容だけではなく表情も大切で、常に笑顔で話しているのも大きな特徴です。

また、ただ単に自分が一方的に話すだけではなく、相手からも会話を上手に引き出して、会話のキャッチボールを楽しむ姿勢を怠りません。

友達との会話が苦手だという人は、これらの点について、自分自身振り返ってみてはいかがでしょうか。

会話の中でもいつも暗い表情をしていたり、話を振られてもそっけないような短い返答だけしかしなかったりしていませんか。

気分が乗らないような場面でも、努めて明るく振る舞うことが、友達との会話の中では重要です。

友達との会話を楽しむための2つの方法

1.相手を会話の主役にする

会話をする場合、誰でも自分が主役になると、心地よく進むものです。

相手を会話の主役にすることが、コミュニケーションをスムーズにするために重要です。

そのためには、会話の中でテンポよく上手に質問を投げかけるということも大切です。

うまく相手を会話の主役にして、そして質問上手になるようにしましょう。

2.笑顔を絶やさない

会話をする上で忘れてはならないのが、常に笑顔を心掛ける、ということです。

特に、会話が苦手という人には、質問されてもつい不愛想な表情で返答をしてしまう、ということが多いようです。

例えば、一緒に食事をしよう、などと友達に誘われた場合、同じ断るにしても笑顔で答えるのと不愛想な表情とでは、相手に与える印象が全く変わってしまいます。

いつも笑顔でいるのは難しいものではありますが、会話をする上では大切な要素です。

友達との会話が苦手な人は、どんどん話そう!

会話が苦手という人の克服法としては、やはりどんどん人と話して経験を積むということが大切です。

もともと会話が得意という人もいれば、逆にどうしても苦手という人もいます。

会話が苦手な人の場合、引っ込み思案で、人見知りするという性格の問題もあるかもしれません。

しかし、そういう人こそ、とにかく話す練習をたくさんする、ということが必要です。

最初からいい話をしようと構えてしまうと、かえってうまく話せないものです。

内容などは深く考える必要はまったくありませんし、自然に思いつくままを話せばそれで充分なのです。

また、恥をかくかもしれないから、と失敗を恐れて会話ができない人もいるでしょう。

そのような人は、まず会話の上手な人の聞き役になって、相手がどのように話しているかを注意して、いいところを学び取るというのもひとつの方法です。

友達との会話の苦手意識をなくす2つのポイント

1.「なぜ」と質問を投げる

相手の発した言葉に対して、「なぜ?」という言葉を投げることで、相手に興味を示していることを伝えることができます。

例えば、「僕はスキーが嫌いです」と言われて、「そう、私は好きですよ」と答えて終わるよりも、「なぜ、スキーが嫌いなの?」と返すことで、相手への関心の気持ちが伝わり、また話もどんどん広がっていきます。

ただし、気分が落ち込んでいる時などあまり深く詮索されたくない気分の時に多用すると逆効果となり注意が必要ですが、効果的に「なぜ?」という言葉を使うことでコミュニケーションがうまく進みます。

2.自分の気持ちを添える

挨拶のときなどには、無難な言葉に自分なりの一言をプラスしたいものです。

例えば、「毎日暑いですねえ」で終わるのではなく、「たまには一雨ほしいですねえ」「毎晩寝苦しくて睡眠不足です」など、自然な気持ちを加えれば会話も弾みます。

上手く話そうと意識せず、短くてもいいから自分の感じることを口にできるようにしたいですね。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ