Buisiness+Relationship

ビジリレ

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係

   

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係

晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位を取得しなければなりません。

単位を取得するには、授業へ出席する、あるいはレポートを作成して提出するなどの必要がありますが、最も重要なのはテストの点数です。

単位を取得するのはもちろん、良い成績を収めるためには、テストでどれくらいの点数が必要なのか、ご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


大学での単位取得のためにはテストで6割を目標に!

大学のテストは、高校の頃の定期テストとは違う部分があります。大学の授業で単位を取得するための点数は、一般に6割といわれています。

高校でももちろんその教科の単位を取得するための点数が定められていますが、もっと低いことが多いですよね。

しかし、大学のテスト場合、高校の定期テストと違って、採点基準があいまいな場合が多いのです。

例えば、論述式の問題が多いのも特徴で、テストを受けた後に自分が何点くらい取れたかがわからないような作りになっていたりします。

もちろん、大学のテストすべてがこのような論述式というわけではありませんが、高校時代と比べて多いのは確かです。

大学1年生の時には戸惑うかもしれませんが、このような形式の試験では、逆に6割を若干下回っていたとしても6割に採点してくれる場合もあるなど、融通が利くテストでもあります。

大学の成績を表すGPA

大学での個々の授業の成績は、百点満点の点数で表されます。

この場合の点数とは、単にテストだけではなく、出席の状況、レポートの内容なども加味されます。

しかし、授業によっては例えばテストはなく出席回数とレポートのみ、など、実際の単位取得に関して必要とされる基準は採点する教官によって異なります。

ところで、日本では大学の授業の成績を、漢字で表記することが一般的です。

100〜90点は「秀」、89〜80点は「優」、79〜70点は「良」、69〜60点は「可」、ここまでが単位取得可能であり、60点未満は「不可」で単位が取れない、という具合です。

さらに、全体の成績を表すGPAという言葉を、ご存知でしょうか。

GPAは、以下の計算式で表されます。

[(秀の単位数×5)+(優の単位数×4)+(良の単位数×3)+(可の単位数×2)]÷合計単位数

例えば、2単位である科目Aが秀、科目Bが良、4単位である科目Cが可の場合、

[(2×5)+(2×3)+(4×2)]÷[2+2+4]=3となり、GPAは3です。

大学の単位はテストだけで決まるケースも!

先にも述べましたが、大学で単位を取得するには授業への出席状況、レポートの内容、そしてテストの点数の3つの要素が加味されます。

しかし、これらはあくまでも一般的なケースであって、単位の取得や成績に関してどの部分に重きを置くかは、採点する教官にゆだねられています。

授業の出席に関しては、例えば4回以上欠席すると自動的に単位が取得できなくなる、というケースもあります。

また、逆に授業に1度も出席していなくても、テストの点数だけで成績を評価して単位を与えるという教官もいます。

このような場合、きちんと授業に出席している友人に、テスト前にノートを借りて勉強すればいいことになります。

とはいえ、テストでしっかりと点数を取得するためには、自分でできるだけ授業に出席することが大切なのはいうまでもありません。

大学生の本文はやはり何と言っても勉強ですから、たとえ授業の出席回数そのものが成績に無関係だとしても、きちんと授業には出るようにしたいですね。

大学での成績に関する学生の生の声

それでは、大学生にとって、自身の成績に関してどのように考えているのでしょうか。

あるアンケート調査によると、およそ8割以上の学生から、大学で良い成績を得たい、という回答が得られました。

実際にどれほど勉学に打ち込んでいるかは別として、やはり成績が気になる学生は多いようです。

その理由として尋ねたところ、半数以上の学生が、就職に影響するから、という回答でした。

自分が専攻している分野での知識を深めたい、という回答が少数派であったのは寂しいですが、就職活動では大学での成績も選考の基準として大きなものがありますから、当然かもしれませんね。

中には大学がサポートする留学に参加したいから好成績が必要、という意見も多く見られました。

その他の意見として、親に学費を払ってもらっているからしっかりと勉強に打ち込まなければならない、という親孝行な回答も寄せられていました。

大学のテストで高い点数で単位を取得する3つのコツ

1.出題範囲を絞って勉強する

大学の授業は、とにかく範囲が広いのが特徴です。

しかも、内容も専門的で深く掘り下げていることが多いため、それらのすべてを完全に習得することは難しいでしょう。

そのため、テストでどこが出題されるかを見極めて、そこに集中して勉強することが大切です。

もちろん、きちんと授業を受けていれば、どのあたりが重要であるのかは大体わかるものです。

2.過去のテスト問題を入手する

出題範囲が広いといっても、実際には同じ教官なら毎年ほぼ同じような問題を出題する傾向があります。

先輩から過去数年分の問題を入手して、効率よく勉強することもおすすめです。

3.授業中に教官からのヒントも

教官のなかには、ここが試験に出ますよ、などと出題部分を教えてくれる場合もあります。

やはり授業はまじめに出席して受けることが肝心です。

関連記事はこちら

 - 学校・勉強

ページ
上部へ