Buisiness+Relationship

ビジリレ

就職活動中の電話における緊張のほぐし方と注意しておきたいこと

   

就職活動中の電話における緊張のほぐし方と注意しておきたいこと

就職活動中には企業に電話をかける機会が増えるものです。

ただ、これまで直接企業に電話することが少なかった学生にとって、電話することは緊張することでしょう。

しかし、緊張しすぎると会話の内容を忘れてしまったり、聞きたいことを聞けなかったりして、就職活動にも影響してしまうかもしれません。

そこでここでは、就職活動中の電話における緊張をほぐすための対処法や注意しておきたいことなどを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

正社員で退職するのはもったいない!?退職前の注意点とその理由


正社員として働いている人のなかには、今の会社を退...

大学でぼっちの人は就職に不利?その理由と不利にしない対処法


大学でぼっちの人は、就職活動で不利になりやすいと...

バイトで初めて接客する人へ!不安を解消する上で知っておきたいこと


初めてバイトをする際に、コンビニやレストランなど...

ご近所トラブルに発展させないための騒音に対する苦情の伝え方


一戸建て、集合住宅に関わらず、ご近所のトラブルは...

彼女に友達がいない……友達がいない女性の注意点


女性のなかには友達がいないという人もいます。この...

仕事できない人とバイト先で思われる人の特徴と思われないための方法


バイトをしていると、仕事できない人と思われる人が...

彼女とのデートで何するのか悩んでしまわないためのデートプラン


彼女とのデートプランを立てるのはドキドキわくわく...

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

女性が思う男性の身長の理想とは?理想の身長とその理由


身長が高い男性は見た目がかっこいいものです。女性...

趣味がゲームの女性はどう思われる?ゲームで男性から印象アップするコツ


最近はテレビだけではなく、スマホなどでもゲームが...

大学生が感じる将来への不安をプラスにするための考え方


将来への不安を感じている大学生は増えているそうで...

後輩の彼女とデート!スマートな誘い方と好感度アップのコツ


同じ職場にいる後輩の女の子が気になることはありま...

大学の試験勉強へのやる気が出ないときに試してほしい方法


大学では定期的に試験が行われます。しかし、試験前...

大学生で友達が少ないのは影響ある?人生を考えた友達のつくり方


最近の大学生は、昔に比べ友達が少ない傾向にあるそ...

彼女が元彼と友達だったら…それぞれの本音・対処法


彼女が元彼と友達として関係が続いていたとしたらど...

学校生活を充実させるために必要な友達の作り方


新しい学年になるとワクワク感と緊張が入り混じった...

スポンサーリンク


就職活動中の電話における緊張をほぐすために大事な事前準備

就職活動中の企業への電話は誰でも緊張してしまうものです。それは誰しもあることなので仕方ないことでしょう。

しかし、事前準備しておくことで、いくらかその緊張をほぐすことができます。

その事前準備として、以下のことに気をつけてみましょう。企業に電話する際、次のような形でやりとりすることが多いでしょう。

  1. 企業の人が電話を取ったら、自分の名前を名乗る
  2. 担当者に取り次いでもらう
  3. 担当者に変わったら、用件を伝える
  4. 最後に挨拶をして電話を切る

1、3については次のように伝えましょう。

1 → 「〇〇大学の△△と申します。担当者の◎◎様はいらっしゃいますでしょうか。」

3 → 「〇〇大学の△△と申します。△□月□日の面接の件でお電話させていただきました。確認したいことがあるのですが、2〜3分お時間よろしいでしょうか」

大事なことは自分が何者なのか、そして用件をしっかりと伝えることです。

また、「2〜3分お時間よろしいでしょうか」という言葉は相手への気遣いとなるので、印象が良くなります。

要件は簡潔に伝えるようにしましょう。何が言いたいのかわからないと相手のストレスとなってしまいます。事前に伝えることをまとめておき、電話するようにしましょう。

就職活動の電話での緊張をほぐすのに有効なイメージトレーニング

電話をかける前に伝える内容をしっかりまとめておくことが大事ですが、それを元にイメージトレーニングしておくとさらに緊張がほぐれていいでしょう。

スポーツ選手が大会などの前に、本番での緊張をなくすためにやっている方法を使うのです。

先ほど紹介した事前準備の内容をもとに、イメージトレーニング前に話す内容を決めておきましょう。そして、実際に電話するように頭の中でその話す内容を話していくのです。

イメージトレーニングでは、考えられる状況をできるだけ洗い出してイメージしておきましょう。

自分が考えておいた内容と異なることを企業担当者の方から話される可能性もあります。そのときにあたふたしないように、あらゆる状況を考えて話す内容を考えておきましょう。

特に面接日を企業担当者の方と調整する際、伝えられた面接日では都合が悪いということもあり得ます。そのようなときにどのように回答するのか、しっかりとまとめておきましょう。

就職活動中の電話で緊張していても注意しておきたいこと

ここまで、就職活動中の電話で緊張しないための事前準備やイメージトレーニングを紹介しました。

これらの方法で緊張をほぐした上で、実際に電話をかける際には次のことに注意しましょう。

電話をかける時間に注意する

電話をかける前に受付時間を確認しておきましょう。受付時間が書かれてあれば、その時間内にかけましょう。

もし、書かれていない場合は、企業担当者の方が忙しい時間帯は避けるようにしましょう。基本的に始業時や夕方は打ち合わせや終業準備などがあり、企業の人は忙しいものです。

時間帯としては10:00〜11:00、または14:00〜17:00がよいでしょう。

また、電話をかける環境にも注意しましょう。特に携帯から電話する際は電波が届きにくい場所や騒音が入る場所ではかけないようにしましょう。お互いの声が聞き取りづらく、相手に迷惑をかけてしまいます。

企業の方が出たら自分の名前、用件をはっきり伝える

企業の方が電話に出たら、まず自分の名前と用件をはっきりと伝えましょう。

大事なことは復唱する

面接日時や面接時の持ち物など、大事なことは聞き間違いを防ぐために必ず復唱しましょう。復唱はビジネスマナーとして実際の仕事現場でも大切なことです。

また、わからないことがあったらしっかり質問しましょう。

電話を切る際は、お礼を言って、相手が電話を切ったことを確認した上で切りましょう。

就職活動中に実際の電話で緊張してしまう際に気をつけたいこと

ここまで、就職活動中の電話において緊張をほぐす方法について紹介してきました。

ただ、それらの方法を試しても、実際の電話では緊張してしまうものです。

しかし、緊張しすぎていると相手に伝えたいことがなかなか伝わらず、迷惑をかけてしまうことになりかねません。

そうならないために、ここでは実際に電話していて緊張した際に気をつけたいことを紹介します。

ゆっくりと話すことを心がける

ほとんどの人は緊張してしまうと、早口になってしまうものです。そして、用件を早く伝えたいという思いが強くなってしまうため、一方的に話してしまうこともあるでしょう。

ただ、そのような話し方だと伝えたいことが相手に伝わりにくいです。

それを改善するためには、落ち着いてゆっくりと話すことを心がけることが大事です。用件を丁寧に伝えることを意識するのです。

また、電話で話す際に笑顔で話すようにすると緊張がほぐれやすいです。笑顔で話すためには、電話の近くに鏡を置いて、鏡を見ながら笑顔で話してみる練習をするといいでしょう。

電話をかける前にリラックスする

電話をかける前に深呼吸する、ストレッチなどをすると、緊張がほぐれやすいです。お茶を飲むのもいいでしょう。

電話をかける前に自分がリラックスできる方法で緊張をほぐしてみましょう。

緊張を和らげるにはプラスに捉えることも大事!

ここでは、就職活動中の電話における緊張をほぐす方法を紹介してきました。ただ、その緊張をプラスに捉えることも緊張を和らげるのに大事なことです。

そこで最後に緊張をプラスに変える考え方を紹介します。

そもそも緊張とは、これまでに経験したことがないことや未知のことを行おうとする前に起こる気持ちの状態です。自分ではわからないことなので緊張してしまうのです。

しかし、そのわからないことは逆に楽しいことだと考え方を変えることで、緊張をプラスに捉えることができるようになるでしょう。緊張はちょっとしたスリルを味わうものと考えるのです。

また、適度な緊張は良いものです。ただ、その緊張に対してマイナス感や不安感が強すぎると、極度な緊張状態になってしまいます。

そうなると、行動にも支障が出てしまいます。そうならないために、適度な緊張は良いものと捉えるようにしましょう。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ