Buisiness+Relationship

ビジリレ

彼女に「好き」と伝えるには?上手なタイミングとコツ

   

彼女に「好き」と伝えるには?上手なタイミングとコツ

日本人の男性は、彼女に好きだという気持ちをストレートに伝えるのが苦手な傾向があります。

もちろん、言葉では言わなくても、態度で愛情表現をするという人もいるでしょう。

ただ、彼女としては「好き」と言葉で伝えてほしいと思っているはずです。

今回は、彼女に好きと伝える方法やタイミング、コツなどをご紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

正社員で退職するのはもったいない!?退職前の注意点とその理由


正社員として働いている人のなかには、今の会社を退...

大学でぼっちの人は就職に不利?その理由と不利にしない対処法


大学でぼっちの人は、就職活動で不利になりやすいと...

バイトで初めて接客する人へ!不安を解消する上で知っておきたいこと


初めてバイトをする際に、コンビニやレストランなど...

ご近所トラブルに発展させないための騒音に対する苦情の伝え方


一戸建て、集合住宅に関わらず、ご近所のトラブルは...

彼女に友達がいない……友達がいない女性の注意点


女性のなかには友達がいないという人もいます。この...

仕事できない人とバイト先で思われる人の特徴と思われないための方法


バイトをしていると、仕事できない人と思われる人が...

彼女とのデートで何するのか悩んでしまわないためのデートプラン


彼女とのデートプランを立てるのはドキドキわくわく...

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

女性が思う男性の身長の理想とは?理想の身長とその理由


身長が高い男性は見た目がかっこいいものです。女性...

趣味がゲームの女性はどう思われる?ゲームで男性から印象アップするコツ


最近はテレビだけではなく、スマホなどでもゲームが...

大学生が感じる将来への不安をプラスにするための考え方


将来への不安を感じている大学生は増えているそうで...

後輩の彼女とデート!スマートな誘い方と好感度アップのコツ


同じ職場にいる後輩の女の子が気になることはありま...

大学の試験勉強へのやる気が出ないときに試してほしい方法


大学では定期的に試験が行われます。しかし、試験前...

大学生で友達が少ないのは影響ある?人生を考えた友達のつくり方


最近の大学生は、昔に比べ友達が少ない傾向にあるそ...

彼女が元彼と友達だったら…それぞれの本音・対処法


彼女が元彼と友達として関係が続いていたとしたらど...

学校生活を充実させるために必要な友達の作り方


新しい学年になるとワクワク感と緊張が入り混じった...

スポンサーリンク


彼女に好きと伝える男性は少ない…言わない理由

付き合っている彼女に好きと直接伝える男性はあまり多くないようです。

実際、男性を対象にしたアンケートで、恋人に「好き」や「愛してる」と言う頻度を聞いたところ、4割以上の人が「言わない」と答えました。

その他は、2〜3日に1回、1ヶ月に1回という答えがそれぞれ12%、11.5%でした。

毎日言うという男性も1割ほどいましたが、全体的に見ると彼女に気持ちを伝える頻度は低いと言えます。

今回のアンケート結果で一番多かった「言わない」という男性に理由を聞いてみたところ、次のような回答が得られました。

まず「今更、気恥ずかしくて言えない」という意見がありました。

そして、「特に言わなくても信じてもらっている」という人や「ごはんを作ってあげているから言う必要ない」という人もいました。

それから、「現在フリーで恋人がいないから」というもっともな回答もありました。

以上の回答をまとめると、大多数の男性は彼女に対して好きだと言う必要はないと考えているようです。

言わなくても気持ちは伝わるというのは確かに理想的な関係ですが、やはり女性はストレートに愛を伝えてくれる男性にひかれるものです。

照れくさくて言えないという気持ちも分かりますが、たまには素直な気持ちを伝えてみると彼女も喜ぶはずです。

男性はなぜ彼女に「好き」と伝えるのが苦手?

男性は、彼女に直接「好き」だと伝えることが苦手な傾向があります。

その理由として多いのが「普段から感情を言葉で表現する習慣がない」というものです。

思ったことをすぐに口に出す傾向がある女性とは対照的ですね。

男性は、「オチがない話」や「特に言うまでもないこと」だと判断すると、口に出さない場合が多いようです。

これは、男性が会話に意味を求めているからだと言えます。

ですから、彼が彼女に好きだと言わない場合は、あえて言う必要はないと考えている可能性があります。

そして、多くの男性には「男は態度で示すもの」と考える傾向が見られます。

言葉で「好き」と言わない代わりに、彼女に会いに行ったり、プレゼントを渡したりすることで気持ちを表そうとしているのでしょうね。

また、軽々しく「好き」と言うと特別感が薄れるから言わないという男性も少なくありません。

記念日のような特別な時にだけ伝えると決めている人も多いようです。

ですから、彼氏から「好き」と言ってもらえなくても、あまり気にする必要はないでしょう。

言葉だけじゃない!彼女に「好き」と伝える方法

男性は、自分の愛情を物や行動で示す傾向があります。プレゼントや、旅行、デートでおごるなどがその典型でしょう。

女性が細かな愛情を積み重ねていくのと対照的ですね。

ですから男性としては、そのような形で彼女に愛を伝えようとしているのに「本当に私のことが好き?」と疑われるとがっかりしてしまいます。

好きなら言葉で直接聞きたいのが女心ですが、それも男性の愛情表現だと理解して受け入れることも大切です。

また、「体に触れてくる」というのも男性に多い愛情表現の一種です。

深刻な話をしている時に彼が体に触れてくるのは、大事に思ってくれていないと考える女性もいるでしょう。

しかし、男性は体に触れることで安心してほしいと思っているケースも少なくありません。

このように、男性と女性では愛情表現に対して大きな違いが見られます。

相手とこれからも付き合っていきたいのであれば、男性なりの愛情を受け止めてあげましょう。

また、男性は彼女の希望や気持ちを優先することを一番に考えて行動することが大切です。

お互いに、相手の幸せを心から願うことが良好な関係を継続させるポイントになります。

彼女に対する「好き」を言葉にして伝えることの大切さ

付き合いが長くなってくると、一緒にいることが当たり前のように思えてくるものです。

気が付けば、しばらく「好き」と相手に言ってないというカップルも多いのではないでしょうか?

「好き」に限らず、「ありがとう」や「ごめん」と言うことも減り、会話自体も少ないという場合もあるかもしれません。

相手を大切に思う気持ちはあっても、そのような言葉を口にするのが恥ずかしいとか、言わなくても伝わっていると思っている男性は多いようです。

もちろん、言葉にしなくても態度や表情で伝わることもたくさんあります。

しかし、あえて言葉にして伝えることで彼女は喜びますし、安心できるでしょう。

女性は、男性よりもはっきりと言葉にして気持ちを確認したいと思うものです。

時々で構いませんから「いつもありがとう」や「この間はごめん」など、素直に気持ちを言葉にして伝えてみてください。

それだけで、彼女のイライラや落ち込みなどマイナスの感情は吹き飛んでしまうでしょう。

女性は、男性から直接言葉で「好きだよ」と言ってもらえないと不安になり、最悪の場合、浮気に走ることもあります。

これからも彼女との関係を続けたいのであれば、時々は思い切って「好きだよ」と言ってあげましょう。

彼女に「好き」と伝えるタイミング

恋人に「好きだよ」と言うタイミングはいつかというアンケートでは、次のような結果が出ました。

一番多かったのは「ふと気づいた時」という回答です。

「狙ってやるのは逆効果」という意見や「あらかじめ準備して言うのはわざとらしい」という声もありました。

相手が思ってもみないタイミングでふいに言うのが効果的なのでしょう。

そして、次に多かったのは「恋人の優しさに触れた時」というものです。

やはり、言いたくなった時に正直な気持ちを伝えるのがいいと思っている人が多いからでしょう。

その一方で、「言わない」や「言われた言う」というやや消極的な意見も目立ちました。

「なかなか自分から言うのは気恥ずかしい」とか「軽々しく言うものではない」といった考えを持つ人も少なくないようです。

とは言え、女性は言葉にしてもらって初めて安心できる傾向があります。

頻繁に言う必要はありませんが、折に触れて気持ちを伝えてあげることが彼女との関係を長続きさせるコツです。

関連記事はこちら

 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ