Buisiness+Relationship

ビジリレ

貯金して1000万円を貯めるうえで心掛けたい夫婦での取り組み方

   

貯金して1000万円を貯めるうえで心掛けたい夫婦での取り組み方

結婚したら、将来の生活のためにも夫婦でがんばって1000万円は貯金したいものですよね。

もちろん子供の有無などご家庭によって環境も違いますし、それによって収入も支出も異なってきます。

ですから、こうすればいい、と一言で簡単に表現することは難しいでしょう。

とはいえ、大切なのは夫婦で協力し合うことです。

ここでは、1000万円を目標とした夫婦での貯金の取り組み方や注意点などについて、お伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

女性が思う男性の身長の理想とは?理想の身長とその理由


身長が高い男性は見た目がかっこいいものです。女性...

趣味がゲームの女性はどう思われる?ゲームで男性から印象アップするコツ


最近はテレビだけではなく、スマホなどでもゲームが...

大学生が感じる将来への不安をプラスにするための考え方


将来への不安を感じている大学生は増えているそうで...

後輩の彼女とデート!スマートな誘い方と好感度アップのコツ


同じ職場にいる後輩の女の子が気になることはありま...

大学の試験勉強へのやる気が出ないときに試してほしい方法


大学では定期的に試験が行われます。しかし、試験前...

大学生で友達が少ないのは影響ある?人生を考えた友達のつくり方


最近の大学生は、昔に比べ友達が少ない傾向にあるそ...

彼女が元彼と友達だったら…それぞれの本音・対処法


彼女が元彼と友達として関係が続いていたとしたらど...

学校生活を充実させるために必要な友達の作り方


新しい学年になるとワクワク感と緊張が入り混じった...

仕事と家庭の両立は無理?女性の理想と現状


女性の社会進出が目立つようになり、一日中働く女性...

友達からの誘いを断る際の上手に断るコツや注意点


友達から遊びや飲み会の誘いを受けることはあるでし...

週末予定の旅行が台風!飛行機やホテルをキャンセルするかとその対応


週末の旅行、ワクワクしますよね。でも、ちょうどそ...

仕事の失敗で会社をやめたいと思ったときに見直してほしいこと


仕事で大きな失敗をするとそこにはいたくなくなり、...

大学の通学に2時間かけるメリットと通学時間を有効活用する方法


大学へは県外から来る学生もいるため、通学方法も様...

貯金して1000万円を貯めるうえで心掛けたい夫婦での取り組み方

結婚したら、将来の生活のためにも夫婦でがんばって1000万円...

友達の結婚式に行きたくない……スムーズに断る方法とその理由


友達の結婚式に招待されても、行きたくないなあ、と...

厳しいとのウワサの介護施設職員の現状と職場環境



介護施設で働く職員の給料や仕事の状況...

スポンサーリンク


夫婦で1000万円を貯金するために必要な貯蓄のペース

少子高齢化が加速している現代では、定年退職後の人生も年金だけでは不安ですよね。

ぜひともしっかりと貯金をして備えたいと思う人も多いはずです。

そのために夫婦で1000万円貯金をしようとすると、年間でどれくらい貯蓄をしていけばいいのでしょうか。

ある調査によると、平均の貯蓄額は30歳で約500万円、40歳で約850万円、50歳で約1200万円となっています。

この結果をもとに考えると、30歳で結婚して夫婦でゼロから貯金を始めても、年間で約35万円の貯金をすれば、50歳でゆうに1000万円を超える計算となります。

つまり、夫婦で月に2万円程度の貯金でいいわけですから、決して難しいものではありませんよね。

特に若いうちは、収入も少ない中で子育てなどに支出も増えますから、あくまでも無理のない範囲で計画的に貯金をするといいでしょう。

夫婦で1000万円貯金するうえで発生する支出

夫婦で力を合わせて貯金をしようとしても、もちろん生きていく上で出費も発生します。

結婚式や出産、マイホームの購入、子育てなど、特に若いうちに発生する費用が多いものです。

出産にはおよそ60万円もかかりますし、マイホームは地域にもよりますが、3千万円以上は必要とされています。

子供の教育費は、私立と公立とでは、費用が大きく変わってきます。

また、女性ならオシャレもしたいですし、男性なら職場の同僚や先輩、後輩との食事や飲み会などの付き合いも必要ですよね。

このように、生活していくには避けられない出費があります。

何もかも削って、ひたすら貯金に励む、というのでは寂しいですし、まず貯金ありきの人生では意味がありません。

あくまでも無駄な出費を抑えて、必要なことにはお金をかける、というメリハリをもったやりくりをすることが必要です。

1000万円貯金をするために必要な夫婦のルール

1000万円貯金するためには、夫婦間であらかじめよく話し合っておくことが大切です。

2人の共通の目標を立て、それに向かって夫婦で協力し合うことで、達成することは可能です。

例えば1000万円貯金をしようとする場合、衝動買いをしない、という夫婦共通のルールを作って守れば、必ずできるという声があります。

収入が少ない家庭でも、支出をできるだけ減らせば、1000万円貯めることができるというのです。

支出を減らすには、まず家賃、駐車場代など月々一定の出費が必要となる固定費と、それ以外の食費などの変動費に分けて、その合計が月に一定額に収まるようにするのです。

難しく考えなくても、簡単な家計簿をつけるようにすれば、分かりやすいですよね。

食費や衣装代などは、チラシを見て安い時に買うようにするなど工夫するようにして、1円でも無駄にしない努力をすることで、支出を減らすことができ、貯金も自然に貯まっていくのです。

夫婦で1000万円貯金をするための毎月の目標額

1.手取り額の20〜25%を目標に貯蓄する

子供がいない共働き夫婦の場合は、思い切った額の貯金ができますよね。

できれば手取り額の20〜25%の額を目標に貯金をしたいものです。

手取り額の少ない20万円の場合には20%の月4万円を、また手取り額が40万円の場合は、25%の10万円を目標に貯金されてみてはいかがでしょうか。

2.預け先を目的別に分ける

貯金もただやみくもにひとつの通帳に預け入れるのではなくて、目的に合わせて預け先を変えるのが賢い方法です。

例えば、マイホーム購入のために貯める部分は近い将来必要になった時に現金にできる預け先、遠い将来の老後に必要なお金は積み立てて運用も可能な預け先に、という具合です。

すぐに必要となる普通預金ももちろん大切ですが、預け先が異なることで利息なども違ってきて、長い目で見れば大きな貯蓄額の差になります。

共働き夫婦が貯金をする2つのパターン

1.夫の収入を生活費に充てて妻の収入を貯金する

共働き夫婦の場合、夫の収入だけで暮らすようにして、妻の収入は貯金するという夫婦も多いようです。

こうすることで、例えば妻が出産することになっても、生活には影響しないというメリットがあります。

また、このような生活をすることで貯金に対する意識が高まり、自然と節約意識も芽生えます。

ただし、このような生活パターンでは、夫の収入も含めて家計は妻がすべてやりくりすることが多いため、夫が家計の心配事にも関わらなくなる、というデメリットはあります。

2.夫と妻で生活費を分担する

妻の収入から食費などの変動費を支払い、給料の多い夫が家賃などの固定費を支払うという方法です。

小遣い制ではないため夫婦間でもめる原因ともなりがちですが、毎月一定額貯金さえすれば、自分で工夫して支出を減らし節約効果もあるのでオススメです。

貯金をする共通の口座を作っておいて、お互いに預け入れるようにすれば、相手の様子もきちんと確認できて無難です。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ