Buisiness+Relationship

ビジリレ

契約社員が契約更新を断る場合に起きる問題とは

   

契約社員が契約更新を断る場合に起きる問題とは

契約社員で契約更新の時期になったけれど、給与や待遇、人間関係などで不満やトラブルがあり、更新を断る場合があります。

会社側としては、代わりに仕事ができる人がいないので、更新して欲しいと思って引き留めることもあるでしょう。

その場合、契約更新を断ることはできるのでしょうか。

逆に、会社から契約更新を断るケースも見られますが、それを撤回して更新することはできるのでしょうか。

今回は、契約社員の契約更新時の様々な問題について触れていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


契約社員が契約更新を断る理由

契約社員が契約更新を断る理由の多くは、給与や労働条件などの待遇面や人間関係によるものです。

それ以外にも、契約期間が短すぎたり、契約更新の時期が数日から1週間以上ずれこむことがあったり、契約更新の時期を会社の都合で変更されたりと契約更新の時期に関するものもあります。

契約社員は、あらかじめ雇用の期間が定められているので、期間満了で契約更新せず退職する権利を持っています。

会社としては、引継ぎや新しい人を雇わなければ穴埋めができないので引き留められることもあるでしょう。

しかし、期間満了の場合は、継続して働く意思がなく、待遇面での不満も解消されていなければ、更新を断って退職することができます。

会社と話し合い、同意すれば雇用期間が延長されることもありますが、辞めたい時は、はっきりと会社に伝えてください。

契約社員が契約更新を断る場合。慰留の可能性は

契約社員は有期雇用であり、その期間は3ヵ月や6ヵ月など一定の期間で繰り返し更新している場合が多く見られます。

何度も更新をしていても、待遇や労働環境によっては契約更新をせず退職を選ぶこともあるでしょう。

更新を断ると会社から引き留められることはあるのでしょうか?

継続して更新し続けている場合は、その仕事で重要な役割を果たしていたり、他の人にはできないような専門的な仕事である可能性があります。

そういった時には、新たな人材を確保したり業務の引継ぎをしたりするのは難しいと考えられますので、更新せずに退職すると申し出ると引き留められることもあるでしょう。

給与などの待遇面の改善など条件を提示され納得すれば、契約更新しないという意思を撤回して継続して働くこともできますが、そうでなければ引き留められたとしても期間満了を理由に更新を断ることはできます。

契約社員の契約更新を会社が断る場合

雇用している会社側から契約社員へ契約更新を断る場合もあります。

すでに何度か更新を繰り返しているのであれば、次も当然更新されるだろうという期待を抱くのは自然なことです。

それを裏切られたとなると、契約社員としても納得できず、期間満了として契約を打ち切られるのを拒否することもあるでしょう。

会社としては、業務成績や態度などなんらかの不満があったり、人件費を削減するなどの理由で契約の継続を拒否すると考えられます。

しかし、法的には、何度も契約更新されていて、契約社員も継続して働く意思もあるのに会社側の一方的な都合で更新を断ることは許されていません。

実際に裁判でも会社側からの更新拒否が無効とされた例がいくつも存在します。

契約社員で何年も契約更新を続けていたのに、会社から次の更新を断られ、納得がいかない場合はそのままあきらめずに、再度会社側と話し合いをしてみてください。

派遣社員から契約社員へ。入社後すぐに退職はできるのか

派遣会社に登録していて、紹介予定派遣として一定期間働き、派遣先の会社から契約社員にならないかと声がかかることがあります。

その時に、派遣社員から契約社員に切り替わると、給与が少なくなるなど待遇面での不満や人間関係などの問題で契約更新を断りたいということもあるでしょう。

しかし、派遣社員から契約社員になることを前提に働いてきた手前、断ることができずに契約更新に応じたとしたらどうでしょうか。

そして、一度は承諾したものの、働き続けるのは困難だと思い、退職の申し出をする場合は、いつ伝えたら良いのでしょうか?

入社してすぐに退職したいと伝えても有期雇用である以上、やむを得ない事情がなければ契約期間中に辞めることはできません。

継続して働くつもりがない時は、入社前の派遣社員であるうちに更新を断り退職の手続きを進めるのをおすすめします。

契約社員で契約更新を拒否した場合、自己都合退職になるのか

契約社員で何度目かの契約更新の時に期間満了として自分から断った場合は、自己都合退職になるのでしょうか?

期間満了での退職が会社都合になる場合は、3年以上更新しながら働いてきた人が契約更新されなかった時や、労働契約を結ぶ際、定期的に契約更新をすると言われていたのに更新されなかった時です。

つまり、契約社員から会社に契約更新を断った場合は自己都合退職として扱われます。

自己都合退職と会社都合退職では、失業保険の受給開始日や受給期間、受給金額などに差がありますので、契約社員が退職する場合、自分から申し出るか会社から言われるかで大きく違ってきます。

なお、会社から契約更新時に更新しないと断られ、本来は会社都合退職なのに、離職票には更新を断ったと書かれて自己都合とされるケースもあります。

その場合は、会社に問い合わせて修正してもらう必要があります。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ