Buisiness+Relationship

ビジリレ

行きたくない…友達からの誘いの上手な断り方と注意点

   

行きたくない…友達からの誘いの上手な断り方と注意点

友達から遊びに誘われた時、その友達との関係性や状況によっては行きたくないなぁと感じてしまうことがあります。

しかし友達からの誘いを断る時には、相手の事を考えて不快にさせないような断り方をする必要があります。

そこで今回は、友達からの誘いに対する上手な断り方をまとめてみました。

誘いは上手に断って、この先も良好な関係が築いていけるようにしておきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


行きたくない…友達の誘いを断る時に使える理由

先約があって行けないと伝える

あまり行きたくないお誘いを断る定番の理由は、「既に予定がある」です。

たとえば、職場の飲み会、学生時代の友人と遊ぶ、実家に集まる予定などです。

いつでも自分の職場や家庭などの環境によって、いろいろな理由を作ることができます。

体調が悪いことを理由にする

体調不良を理由にするのは、突然の誘いを断るのに便利な理由です。

風邪だというよりは、頭痛や腹痛などの痛みを生じる体調不良を理由にしてください。

痛みは他人からは見えないからです。

たとえば、朝からお腹の調子が悪い、頭が痛い、歯が痛いから歯医者に行くなどと言いましょう。

家族と同居している場合は、家族の人の体調が悪いので世話をしないといけない、という理由も作れます。

誘ってくれた相手に、不信感を与えずに断ることができるでしょう。

仕事が忙しいことを理由にする

別の会社で働いている友達からの誘いを断るときは、仕事が忙しいことを理由にしましょう。

ただ、あなたの会社のことをよく知っている友達にはこの理由は使わないようにしてください。

嘘がバレてしまうことがあります。

また、これはドタキャンで使うこともできる理由です。

断り方は結構重要!友達の誘いの対処法

お誘いを断るときは、早めに断ってください。

お誘いを数日間放っておいてからは、断りにくくなります。

また、早め断れば、友達も次の予定を立てやすくなるでしょう。

断るときは、「行かない」ではなく「行けない」と言いましょう。

「行けない」と言えば、本当は行きたいんだけど、やむをえず参加できない、という感じを相手に与えるからです。

それから、「今回は行けなくて残念だけど、また誘ってね」とメールの最後にプラスしましょう。

そうすれば、相手に良い印象を与えます。

お誘いを断る時は、「本当は行きたくないのでは?」と相手に思われないように、気をつけましょう。

お断りする時は、行けない理由と一緒に、ポジティブな気持ちを付け加えるのがポイントです。

たとえば、お誘いの内容に対して、「面白そうだからとても行きたいけど、行けなくて残念」とか、「行ったら感想を聞かせてね」などと付け加えるのです。

行けないけど、相手からのお誘いには関心がある、ということを示しましょう。

しつこい友達の誘いの上手な断り方

何度もお誘いを断っているにもかかわらず、何度も誘ってくる友達には、「次は、私から誘うね」と言いましょう。

そうすれば、しつこく誘われるということはなくなるはずです。

しばらくは仕事が忙しいことをアピールするのも良いでしょう。

苦手な友達から食事に誘われたら、最近仕事が忙しいから、終わる時間がわからない、と言うのです。

しかし、SNSをよく更新する人は、気をつけてください。

投稿内容で、「仕事が忙しいって言ったのに、飲み歩いてるじゃないの」と嘘がバレてしまうことがあるからです。

それから、お誘いに返信をしない、という方法もあります。

未読スルーにして、無視するのです。

中途半端にいつもお誘いを断って、相手に「嫌がられてる?」と思われて傷つけるのなら、始めから返信をしないのです。

いつもお誘いを断るような友達との関係を続けるよりは、あっさりと縁を切るほうが良いのかもしれません。

それが相手への優しさと考える人もいます。

断り方に悩むのは友達に悪いから?

「どうしてお誘いを断れないのか?」という質問には、ほとんど似たような結論に到着します。

「相手に悪い」というの答えは、まだ表層的です。

「どうして相手に悪いの?」 「相手をがっかりさせてしまうので」というのも、まだ表層的です。

「相手ががっかりしたら、何か問題があるの?」「嫌われてしまうから」という答えは、お誘いを断って相手に嫌われることへの恐怖がある、ということです。

断るかどうかの判断基準として、私が判断基準としているものは次の2つです。

「したいか?したくないのか?」 「できるか?できないか?」になります。

仕事では、「したいか?したくないのか?」は、許されるときと許されないときがあって、臨機応変な対応が必要ですが、プライベートでは、自分で選択できます。

しかし、お誘いをしてくれた相手への断り方は、気にしましょう。

誘われたことに関しては嬉しい、というのを伝えて、誘われた内容についての正直な気持ちも伝えましょう。

そうすれば、似たようなお誘いがくることは減るはずです。

苦手な友達の誘いを上手にあしらう断り方

誘われてストレスになる気持ち、よくわかります。

基本的に、一人が好きな人なのだと思います。

断って嫌われたくない気持ちもわかりますが、全ての人に好かれることは不可能です。

嫌われても、全人口のうちの一人なので、気にしないでもいいのではないでしょうか? しかし、面倒くさいという理由は、大人の断り方としてはNGです。

断りたいなら、つまりもう誘われないようにすればいいのではないでしょうか?

「借金があるから交通費も出せないくらいなの。だからごめんね。」くらい言っておいたら、そのうち誘われなくなるでしょう。

私は、1年に1、2回くらい会うのはいいけど、頻繁に会うのは多すぎます。

私にも、別の友達の集まりがあるからです。

「都合いい日教えて」とメールがきたら、「今バタバタしてて、ハッキリした日が言えないから、皆で決めて。

もし行けそうなら参加する」というように答えています。

そして、前日に行くかどうか決めます。

面倒くさくなったら、「ごめんね」と一言メールします。

私は友達数人の集まりは、それくらいの気軽さで良いと思います。

ただ、2人で会うときに、相手を振り回すのはNGでしょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ