Buisiness+Relationship

ビジリレ

試用期間でも退職は可能?即日退職できる場合とは

   

試用期間でも退職は可能?即日退職できる場合とは

新入社員で試用期間中だけど即日退職したいと考える人は少なくありません。

面接で聞いた条件と違った、休憩が取れなくて働く環境が過酷、職場の空気になじめない、先輩や上司のパワハラがひどいなど退職したいと思うきっかけは様々です。

実際に試用期間中に即日退職はできるのでしょうか?

今回は、試用期間中に退職が可能なのか、即日退職はできるのかについていろいろなケースをご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


試用期間中だけど退職したい!即日退職は可能なのか

まだ試用期間だけど、業務内容や労働環境が過酷で退職したいと悩んでいませんか?

入社したばかりで退職したいと言うのは、気が引けるものです。

しかし、試用期間は会社だけでなく、新入社員が会社を見て判断する時期でもあります。

もし合わないと思えば、その期間に退職するのもひとつの方法と言えます。

それでは、即日退職できるのはどのような場合でしょうか?

即日退職できるのは、原則として、実際の労働条件が面接で聞いた時と違っているなど労働基準法違反が明らかな場合に限られています。

それ以外では、会社側に申し出て双方が同意すれば即日退職も可能です。

通常は、上司に退職をしたいと相談して、会社に退職届を提出すれば最短で2週間後に退職できます。

しかし、2週間出勤するのもきついこともあるでしょう。

その時は、即日退職したいことを会社に伝えて話し合ってみてください。

試用期間中に即日退職するためにはどんな理由が必要か

入社して実際に働き始めると、面接の時に聞いた話と違って、退職したいと思うことはよくあります。

とは言え、入社して間もない試用期間中に辞めるとは言い出しづらいものですよね。

しかし、家庭の事情で残業できないから、残業が少ないと聞いて入社したのに実際は違った時などは、長く勤めるのは難しいでしょう。

そこで、退職を申し出たいけれど、会社側にどのように伝えればいいのか分からなくて困るという話もよく聞きます。

法律上は、労働契約を結ぶ時の条件と実際の条件が違った場合は、すぐに退職できることになっています。

会社に申し出る時は、「面接で聞いた話と実際の条件が違うので、この条件では働き続けることができないから退職したい」と伝えてみてはいかがでしょうか。

ストレートに伝えにくいのであれば、「一身上の都合」や「家庭の事情により」という理由でも問題ありません。

試用期間中に即日退職をした…履歴書に書くべきか

試用期間中に即日退職して、在籍していた日数は数日という場合でも履歴書には職歴として記載しなくてはいけないのでしょうか?

入社してすぐに退職をしたという事実を履歴書に書くのはマイナスのイメージになるから書きたくないと思われるかもしれません。

しかし、在籍した期間がどれだけ短かったとしても、入社したことは事実です。

事実を記載しないと、職歴を偽ったと見なされてしまいます。

試用期間中に退職をしたとしても、その理由が建設的なものであれば、必ずしもマイナスになるとは限りません。

しかし、長年勤めた後の退職よりも試用期間中に退職をした場合の方が、「忍耐力がない」とか「適応力に問題がある」などと思われる可能性はあります。

転職する時に、面接で退職の理由について聞かれてもきちんと説明できるようにしておくことが大切です。

試用期間だけど出社せずに退職。損害賠償を請求される可能性

入社したものの、職場の先輩や上司が厳しくて分からないことも聞けず、仕事も覚えられなくて、出勤するのも怖いと悩んでいる新入社員の話をよく耳にします。

試用期間中に出社せず、退職した場合は損害賠償を請求されるのでしょうか。

法的には、過失があった場合には損害賠償を請求される可能性はありますが、退職することによって、実際にどれだけの損害が出たのか証明するのは難しいと考えられます。

ただ、退職したいという意思を伝えず、ただ黙って出社しないのは、会社側にも迷惑がかかります。

出社ができない時は、電話でもいいので退職の意思はきちんと伝えてください。

試用期間中に即日退職したとしても、損害賠償を請求されることはあまり心配しなくていいでしょう。

しかし、退職の仕方によっては転職活動が不利になることもあり得ます。

まずは、会社に退職の意思を表明して手続きを進めることが必要です。

試用期間中に退職届を出して無断欠勤しても問題ないのか

試用期間中に退職届を提出して、その後は出社せず無断欠勤を続けて退職するのは問題ないのでしょうか?

法的には、退職届を提出すれば2週間後に退職ができることになっています。

ただ、その期間はまだ在職中ですので、出勤する必要があります。

病気やケガなどやむを得ない事情がないのに出勤しないと、無断欠勤と見なされます。

試用期間中に退職届を提出すること自体は問題ありませんが、自分の判断で勝手に仕事を休むのは社会人として適切な行動とは言えません。

会社側から出社するように言われているにも関わらず、2週間以上無断欠勤を続けると懲戒解雇となり、その後の就職活動に支障をきたす恐れがあります。

職場の労働環境や人間関係など会社側に問題がある場合は、相談してもすぐには改善されないでしょう。

2週間も勤められない、すぐに退職したいのであれば、その意思を会社に伝えて話し合う必要があります。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ