Buisiness+Relationship

ビジリレ

病気の診断書が決め手に…退職を決めた時に必要なプロセス

   

病気の診断書が決め手に…退職を決めた時に必要なプロセス

病気が原因になり仕事を退職する必要が生じる場合があります。

最近ではストレスや疲労などにより、精神的な問題で病気を患い、仕事を退職する人が増加しています。

とくに精神的な病気が原因の場合、周りから気付かれにくいため、病院での診断書により休職や退職を申し出る必要があります。

今回はそんな病気により退職する際に必要なプロセスをまとめてみました。 

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


病気により退職する際に診断書は必須?

会社を病気が原因で退社する場合、病気の診断書の提出を促されることがありますが、実はこの診断書は必ずしも提出する義務はないようです。

基本的には、どんな理由で退職する場合であっても退社希望日の2週間前までに会社に退職の意向を伝えることで、法的には退職することは可能です。

会社によっては退職届を受理しないケースもあるようです。
その場合は会社宛てに内容証明という形で送付すれば、受け取り完了となります。

しかし、この方法は極論とも言えるため、会社と修復不可能な問題が発生した場合以外は、おすすめできません。

病気理由の退社であれば、よほどの問題がない限り会社の方針に沿った方法で、退社する方がよりスムーズに進むことでしょう。

会社が診断書の提出を促すのであれば、できる限り早急に用意をして、退職の準備を始めましょう。

精神的な病気で退職する時の診断書は?

最近はストレスや過重労働などによりうつ病などの精神疾患を患う方が増加しています。

それに伴い、会社を退社する方も年々増えています。

とくに精神疾患で会社を退社する場合には、見た目に分かりづらいため、病院での診断書によって証明する場合があります。

多くの場合は、一身上の都合により退社する意を伝えることになるので、自分の病歴や病状を会社に伝える必要はありませんが、退社前に休職したい場合・会社都合で辞めたい場合・労災に申請する場合などは、自分の病気についてしっかり提示しておく必要があります。

退社後に退職理由を変更することはできますが、元の会社に連絡したり、事務手続きの訂正したりと時間と労力をかけることになってしまうので、滞りなく退社するためには退社前に診断書を提出し、退職に対する自分の意向を伝えておきましょう。

退職に必須!病気の診断書の発行にかかる期間

病院に診断書を発行してもらう場合、たいてい初診で診断書が発行されることはありません。

骨折や火傷などの外傷の場合であれば、即日診断書が発行されることもありますが、検査が複数必要な病気や精神疾患などは、何度か通院することが必要になります。

特に最近増加傾向にある精神的な病は、

  • 統合失調症
  • うつ病
  • 不安障害
  • 強迫性障害
  • パニック発作
  • 精神障害

など、ご紹介した以外にも様々な疾患があり、診断も慎重になります。

精神疾患は、重複する点や症状が似ているため、病名の診断が下るまでにある程度の期間を有するようになるのです。

そのため、その何らかの精神疾患が理由で会社を退社する場合には、診断が下りてからでは症状や病状が悪化してしまうことがあります。

病の原因が会社であると感じるのであれば、診断書を待たずに、一身上の都合で退社する方がよりスムーズに辞めることができるでしょう。

退職時には有効?病気に診断書の有効期限

病院から発行される診断書に法的な拘束力がないため、定められた有効期限などはありません。

しかし会社から病気の診断書の提出を促された場合、会社から「〇ヶ月以内」という指示があれば、その指示された期間が「有効期限」ということになるため、その期間に発行された診断書を提出するようにしましょう。

有効期限がなく、会社からの指定がなかったとしても、あなたが会社を辞めるに至ってしまった、現在の健康状態について確認する書類になるので長くても3ヶ月〜6ヶ月以内に発行された診断書を提出することをオススメします。

病気により社員が会社を退社する場合、状況によって労災や裁判問題にまで発展してしまう可能性があるので、会社に病気退社として受理してもらいたいのであれば、一般的な感覚の範囲内に発行された診断書を提出するようにしましょう。

病気で退職…診断書を提出する理由

以上のことからも、会社を病気退社する場合に必ずしも診断書を提出する必要もなく、会社から提出を促されても提出義務もありません。

ではどういった時に診断書を提出するべきなのか…
それは病気の原因が就業によって生じた場合、退職前に申請することで傷病手当を受け取ることができるようになるからです。

この傷病手当は、病気により4日以上欠勤が続いてしまい、仕事に従事できない状態である場合に支給が可能となります。

受理されれば最大で1年半もの間、手当てを受け取ることができるようになります。

特に精神疾患が原因で会社を退職する場合には、会社と揉めずに辞めたい…と本当の退職理由を隠して退職する方も多いようですが、傷病手当があれば退職後の生活でお金の心配をすることがなくなるため、療養や転職も余裕をもって行うことができます。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ