Buisiness+Relationship

ビジリレ

バイトの掛け持ちがバレる!?マイナンバーの仕組み

   

バイトの掛け持ちがバレる!?マイナンバーの仕組み

マイナンバー制度は平成28年1月から始まっていますが、バイトやパートの方で掛け持ちをされている方は、

「マイナンバー制度で掛け持ちをしていることがバレるのではないか?」

と心配な方も多いのではないでしょうか。

ここでは、マイナンバー制度の仕組みや注意点などについてまとめてみましたので、上手に活用していただければ幸いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


バイトの掛け持ちがバレるのは、マイナンバー?

●マイナンバー制度の正式名称は「社会保障・税番号制度」といい、住民票を有する国民(住民票を有する外国人も含む)に
12桁の個人番号(マイナンバー)が割り当てられます。この番号は一生変更されません。
マイナンバーは「社会保障(年金・福祉・医療)」「税」「災害対策」などの法令で定められた手続きにのみ
使用することができるものです。特にこの「税」に関する部分が皆さんの心配されるところになります。
バイトで勤務している会社は、行政に提出する書類(社会保険や賃金の支払い報告書など)に正社員およびバイトの
マイナンバーを記載することが求められています。
ですので正社員、バイトに関係なくマイナンバーを通知する必要があります。
もし通知しなかった場合でもバイト本人には罰則などはありません。
しかしバイト先の会社から悪い印象を受けるのは間違いありません。
なお、バイト先へのマイナンバーの通知と本業の会社への副業がバレてしまう事とは直接の関係はありません。
マイナンバー制度以前から本業の会社には源泉徴収すべき住民税の税額(副業も含めた住民税額)が
通知されていましたので、会社が支払っている給料に対する住民税よりも多かった場合、
本業の会社の経理担当者には副業をしていることがわかる仕組みがあったのです。

バイトの掛け持ちがバレる? マイナンバーの仕組み

1)本業およびバイトの勤務先にマイナンバーを通知しないといけない。
2)副業のアルバイトでも収入額により確定申告が必要。
3)確定申告の方法により、本業の会社にバイトをしていることがわかってしまう場合がある。

まず、
1)勤務先にマイナンバーを通知しないといけない。

これは勤務先が従業員(バイト含む)のマイナンバーを行政への提出書類に記載の義務がありますので、避けられません。

2)収入額により確定申告が必要。

これはマイナンバー制度導入前からあったものですが、収入が20万円を超える場合、確定申告が必要です。

20万円以下の場合、住民税の納付が必要になります。

3)確定申告には二つの方法があり、普通徴収(自分で収める)と特別徴収(給料から天引き)があります。

給与所得の場合、バイト収入は特別徴収になるようですので、本業の勤務先には本業以外の所得がバレてしまう可能性が高いと言えます。

マイナンバー制度のために、バイトの掛け持ちがバレるようになる訳ではありませんが、所得に対してより公平な課税の方向に進むということは言えるかと思います。

バイトの掛け持ちがバレる?マイナンバーの影響

マイナンバー制度の開始によって、本業以外にバイトを掛け持ちされていて、副業が本業の会社にバレてしまうことを心配されておられる方が多いようですが、基本的にはマイナンバー制度が開始されたことで、直接的にバイトの掛け持ちがバレるという事は、ほとんど無いと考えられます。

しかし、マイナンバー制度の導入によって、例えば確定申告の必要がある方(収入が20万円を超える方)は、必ずしておきましょう。

申告していない場合、マイナンバーの導入によって税務署に見つかりやすくなりますので注意が必要です。

また、一時話題になりました副業でホステスさんのバイトをされている方については、クラブなどの経営者は、年間50万円を超える報酬を支払った相手のマイナンバーを支払調書に記載しなければなりません。

また、ネットオークションやメリカリでの販売やアフィリエイト(ブログの広告料)、クラウドソーシングでの文筆活動などで報酬を得ているサラリーマンらも注意が必要です。

それと外国人の方も住民登録をされておられる方は、マイナンバーを交付されます。

現金手渡しでは、バイトの掛け持ちはバレない?

副業のバイト先からの給料を銀行振り込みでなく、手渡しで受け取ればマイナンバーが関係していないので、バイトの掛け持ちがバレないという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは間違いです。

副業のバイト先は銀行振り込みでも手渡しでも、お金の支払いが生じた場合、「誰にどのような名目でいくら支払ったか」を申告しなくてはならないからです。

それとこれまでマイナンバー制度によりバイトの掛け持ちがバレるのではないかという観点からいろいろ調べてみましたが、マイナンバー制度により直接バイトの掛け持ちがバレるということは無いようです。

しかし、申告しなくてはならない税金を申告しなかったような場合、マイナンバー制度によりこれまでより簡単に税金逃れがわかるようです。

もし税金逃れが発覚すれば「延滞税」「無申告加算税」「過少申告加算税」などが課せられます。

それと、これまでに申告していなかった分の税金がまとめて請求されます。

マイナンバー制度のメリット

これまでマイナンバー制度と、バイトの掛け持ちがバレることの可能性についてお話してきましたが、改めてマイナンバー制度のメリット・目的について、まとめてみました。

  1. 公平・公正な社会の実現
  2. 国民の利便性の向上
  3. 行政の効率化

税金に関係するのは1の「公平・公正な社会の実現」です。

これには税の負担を不当に免れることや、給付金などの不正受給の防止を目的としています。

マイナンバー制度は、バイトの掛け持ちを見つけるためではなく、支払うべき税金を公平に負担するという意味合いが大きいですので、確定申告が必要な方は是非申告していただきたいと思います。

マイナンバー制度が導入されたこの機会に、あなたの税金に対する考え方を変えてみるというのもいかがでしょうか。

関連記事はこちら

 - アルバイト

ページ
上部へ