Buisiness+Relationship

ビジリレ

理想と現実のギャップに悩んだ時に試したい心を軽くする方法

   

理想と現実のギャップに悩んだ時に試したい心を軽くする方法

仕事に恋愛に人生に、私たちは様々な場面で理想と現実のギャップを感じることがあります。

理想と現実のギャップを上手に変換し、目標として前向きに進んでいる人がいる中、そのギャップに悩みストレスを抱える人も少なくありません。

そこで今回は、そんな理想と現実のギャップに悩んだ時に試したい、心を軽くする方法をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


あなたが感じる理想と現実のギャップとは?

あなたにとっての理想的な現実とはなんですか?少し、想像してみてください。

理想を思い浮かべると、自然とにやにやとした笑みが浮かびませんか?そして、何故だか元気が沸いてきます。

理想ですから、そうなるのは当然のことです。

しかし、ふっと現状を見直してみると理想と現実にある大きなギャップに、思わずため息が出てしまうことがあります。

「やっぱりこんなこと考えても無駄だ」?「現実逃避しても仕方ない」?いえいえ、そんなことはありません。

あなたには「夢をみる」という素晴らしい能力があるではないですか。

この能力はいつ発揮できるのでしょうか。

それは、理想と現実の違いを埋めるために使うのです。

理想と現実にギャップが存在するのは当然のことです。

自分の理想像に向かってやる気を出し、前に向かって進んでいく…まるでゲームのようで楽しく感じてきませんか?

ただ夢を見るだけではなく、その理想に向かって自分を成長させていくのです。

人生を、一つのゲームと考えてみてください。

理想と現実のギャップを埋めていくゲーム…それはあなたにしか出来ないゲームです。

ほら、少しだけやる気が出てきませんか?

理想と現実のギャップをどう埋める?

ではその理想と現実のギャップを埋めていくには、どうすればよいのでしょうか?ここでは3つ、ご紹介したいと思います。

1:理想に近づくために努力する

これは極々一般的なことですね。

服装、見た目を整えていくことや、資格などに挑戦して自分の内面を磨くこともこれに当てはまります。

2:現状に満足する

これは、現在の自分の姿を受け入れ、満足することだそうです。

現状に満足してしまえば、高い理想と比べ落ち込むことはなくなります。

3:理想に近づくため、「信念」と「セルフイメージ」を変える

これは、現実を変えるために自分が変わる方法です。

チャネラーで有名なバシャールの名言にこんなものがあります。

「他の人を変えようと思っても、他の人は変えられないということです。

そして自分のまわりの世界を変えるための一番簡単な方法は、自分を変えることです。」

自分が変われば、それにあわせて自分を取り巻く世界が変わってみえてくるということでしょう。

現実とのギャップなし!?理想を持たない暮らし方

「自分には夢がありません」という人には、特徴があります。

それは「夢」を自分には手が届かないものだと考えてしまっていることです。

しかし、実際問題「夢」というものは、現実を一生懸命に生きている人が抱く「新たな目標」を指しています。

今を投げやりに生きていたり、懸命に生きていない人は、一生持つことができないでしょう。

すべてが机上の空論で終わってしまい、こうだったらいいな、ああだったらいいな、という想像だけが膨らんでしまいます。

それを避けるにはどうすればよいのでしょうか。

まずは、「今、自分が持っているもの」を知りましょう。

そしてそれに対し、感謝の気持ちを持つことから始めてみて下さい。

その「持っているもの」が大層なものである必要は全くありません。

「健康な身体を持っている」「休める家がある」「家族や友人がいる」それだけでいいのです。

そして「自分はこんなに素晴らしいものに囲まれている!」と確認してください。

すると「こんな素晴らしいものを持っている自分なら、更に上を目指せるかもしれない」という前向きな思考に切り替わっていきます。

そうすると、「今後自分がどうなりたいか」という具体的なビジョンが浮かんできます。

そう、それこそが「夢」です。

ないものねだりをしているうちは、ポジティブな「夢」を持つことは出来ません。

理想と現実のギャップに悩んだ時は…

1:理想を抱きすぎない

理想を描く場合、理想を抱きすぎないよう注意しなければなりません。

理想を抱けば抱くほど、現実との差が大きければその分大きな絶望を味わうことになってしまいます。

現実とのギャップにショックを受けていては、元も子もありません。

あまりにも飛躍した想像は控えるようにしましょう。

2:理想通りに計画をしすぎない

計画をたてる時にも注意が必要です。

「〇〇大学に入って、××を専攻して、△△サークルに入って…」「☆☆会社に就職してキャリアを積み重ねて出世して…」と意気込む人もいると思います。

そういった人は、理想に合わせた計画をしがちです。

一見しっかりした予定に見えますが、現実はそう簡単ではありません。

思い通りに事が進まないことも多く、理想通りに描いたはずの計画が台無しになってしまうことが、残念ながらあります。

一つ予定が崩れてしまうと、その後に上手く対応できないことがあるでしょう。

理想と現実のギャップに惑わされないようにするためにも、びっちりとした計画を組むことはやめたほうが良いと思います。

3:理想と違った部分があることを覚悟しておく

これが、理想と現実とのギャップに悩まないための一番の対策でしょう。

世の中、自分の思い通りに行くことの方が少ないです。

それをしっかりと覚えておき、心得た上で物事に取り組むようにしておけば、理想との違いにぶつかっても自分を保ちながら頑張ることが出来るでしょう。

逆に、「絶対自分の理想通りにしてやる!」とモチベーションが生まれることもあります。

現実の厳しさから目をそらさず、それを直視する覚悟を持つことが重要です。

理想と現実のギャップをどう乗り越える?

人が感情をあらわにする時、それは「今」自分に起きている出来事であることが圧倒的に多いです。

例えば人が苛立っているとき、「現状・現実」に腹が立つのではなく「現状・現実」と「こうであるべきだという思い込み」や「理想」との間にギャップがあることに対して腹が立つのです。

成長できる人というのは「今」を嘆くのではなく、現状を理解した上で「未来」のためにどうするべきか、ということを考えられるのです。

「今」自分が出来ることとはなんだろうか……そこから決断をし、行動していくことが出来ます。

未来に向かって進むことが出来るのは、今ある事実を嘆いてる暇などない!と思える人なのです。

人生というものは常に「今」が連続しているものだと理解するだけで、自身の成長スピードというものは飛躍的に加速していきます。

「今」自分がいる瞬間を、どうやって、そしてどれだけ「自分の望む未来」にするために生かせるかで、人生というものは大きく変わってくるものです。

関連記事はこちら

 - 性格・心理

ページ
上部へ