Buisiness+Relationship

ビジリレ

公務員に転職することを考えている人へ!失敗しない方法の提言

   

公務員に転職することを考えている人へ!失敗しない方法の提言

現在、企業に不満を持ちながら勤めている人は、たくさんいます。

でも、なかなか転勤するには、踏ん切りがつかないのが現状です。

どこに転勤したらいいのか、勤め先が変わっても仕事内容は同じか、などと決まらないからだと思います。

そこで考えるのが、現在勤めている企業とまったく関係ない別社会に飛び込むことです。

例えば、民間企業から公務員に転職することです。

ここでは、公務員へ転職することを考えている人に対して、失敗談も交えて心構えや方法などを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポジティブでもネガティブでもない中間のニュートラル思考のススメ


世の中には思考がポジティブな人、ネガティブな人が...

告白はメールでしたい人必見!成功する文面のポイント

好きな人へ気持ちを伝えるとき、あなたはどんな手段を使いますか...

電車でのマナー違反……注意してもよい?マナー違反のラインとは


電車はたくさんの人が利用する交通機関であるため、...

ゴールド免許を取得するための更新時の条件と取得した時の利点


自動車運転免許証のなかに「ゴールド免許」と呼ばれ...

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたら何を撮る?迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

スポンサーリンク


失敗しないためにも転職する公務員の実体

先ずは、失敗しないように転勤しようとする公務員の実体を紹介します。

結構、職員には不満を持って毎日の業務をこなしているようです。

公務員にも国家公務員、地方公務員などのさまざまありますが、ここでは、地方自治体を管理する県庁や市役所の場合に関して紹介します。

政令市の市役所職員のイメージ

〇勤務

勤務時間は9時から17時となっていますが、結構残業が多い職場です。庁内を見渡すと、暇な部署もあり、その差が甚だしいのも事実です。

仕事の内容は単調で、仕事がつまらなくやりがいがないとか、こんなことでは自分の成長が感じられず、人生の目標が立たないという不満もあります。

上司にも不満があり、仕事の内容を理解していないで部下に仕事を押し付け、部下に対して文句ばかり言っている人がいるそうです。

〇待遇

仕事は多忙ですが、それに見合った報酬が無く、民間企業のサラリーマンに比べて年収が100万円から200万円もの差が生じるそうです。

その結果、共働き生活を余儀なくしている職員が多いです。それにムチをかけるように、給料は下がる一方です。

さらには、住民からの評価も低く、年金や税金の不満から役所を目の敵にする住民が多くみられます。

結局、役所に勤めても良いことがなく、うつ病にかかる職員も多く、中には一生懸命勉強して入所したにもかかわらず転職していく職員も多くいます。

県庁職員のイメージ

一方、県庁職員では、市役所ほどの不満は見受けられません。

しかし、県庁内で働けるのは2割から3割で、それ以外の職員は出先機関へ出向しています。

出向は2年から3年のローテーションでさまざまな仕事に取り込まされます。そんなことで、マイホームは持ちづらいです。

でも、県庁で働く人には、仕事面でも給与面でも不満を抱く人は少ないようです。

失敗しないためにも公務員への転職を今一度見直しては?

現在の職業を辞めて、どうしても公務員になりたいという強い願望があれば別ですが、今一度転職を考え直してみてはいかがでしょう?

これから、公務員になるにはかなりの労力と忍耐が必要です。公務員には、上級、中級それに初級の階級があります。

当然なことですが、仕事のやりがいやそれに見合う待遇は等級に応じて待遇が違います。

新卒の人の場合、公務員にチャレンジするには、しっかり勉強して中・上級を目指すべきです。職場の待遇や生活面で優遇されます。職場の職級が上がり、責任ある仕事に就くので給料も高くなっていきます。

それは多くの人達が目指すので、競争率は高いです。

もし、〝どうしても中・上級公務員を目指すのだ〟という譲れない理由がなければ、民間企業の就職内定を確保しておくことをおススメします。

既卒の人で、これから公務員を目指す人は、かなり辛いことが予想されます。その最たるが試験勉強する時間の確保です。

勤めている企業に迷惑はかけられません。従来の仕事をしながらとなりますと、残業や出張などで時間確保が難しいでしょう。

〝是が非でも公務員になりたい〟とかで公務員以外の職に就きたくない人は、勤めている企業を退職するなり、試験勉強できる環境を整えチャレンジしてみることです。

そうまで公務員に固執しないのであれば、現在就いている職種や好きな職業を探したほうが望ましい場合もあります。

公務員への転職を失敗しないための方策は?

とにかく公務員を目指すこと

公務員になりたいならば、採用試験に合格しなければなりません。そのためには、しっかりと勉強することが必要です。

特に、現在働いている人にとっては、勉強する十分な時間を取れない心配があります。

定時退社をしたり、出張などの業務命令を拒んでいくと、会社にいる必要がないと判断され、居辛くなります。一挙に会社を退社して、勉強一筋頑張るという方法もあります。

しかし、簡単に仕事を辞めてしまうことは、面接ではプラスに働くことは無く、むしろマイナスです。かえって、仕事を続けながら公務員を目指していることを、面接でアピールすればプラス効果に働くことを期待しましょう。

やはり、辞めるよりは、続けたほうがいいです。頑張っても必ず公務員に採用されるとは限りません。そのときは、今の仕事を続けることができます。

目標を決めておくこと

公務員になりたいと言っても、公務員にはさまざまな職種があり、それぞれで仕事の内容が違います。

〝自分は何をするために公務員になるのか〟を決めておかないと、勉強するにも何を勉強して行ったらいいのか決められません。

目指す公務員像を確立しておくことが大切です。

公務員の仕事の実態はこんな感じ!

公務員になってみての感想です。

県庁ではまず、定時退社する人はほとんどいません。職場はいつも、ピリピリ状態で気の休まるどころか精神崩壊に陥りかねません。

出先機関に配属なったらなったで、大変です。

県庁と違った職場環境です。出先機関では、県庁での病を出先機関で治癒しようとする人たちや病休から復職してきた直後の人たちと仕事をする羽目になったら、今度はこちらが病気になってしまうのでないかと心配してしまいます。

やりたくない仕事の部署に配属になったり、このような人たちと一緒に仕事をすることになったら、気が滅入ってやる気も失せてきます。2人体制を取っている部署もあり、その部署に配属にもなったら目も当てられません。

続けて行くには、頑張るという意思を強く持たないと続きません。

まあ、役所には福利厚生が充実しているので、メンタルヘルスケアに通えば何とかなるかもしれません。

給与も恵まれていません。自分は高卒でですが、毎月の給与は税金など諸々差し引かれて手取り12万円前後です。

部署によっては、毎週のように飲み会があり、下手すれば社員旅行なんかもあります。そのため、行きたくもないのに毎月8,000円も積み立てさせられ自動天引きされています。

結局、自分が希望している仕事ができればいいほうで、できないと思っていたほうが良いです。周りのお付き合いも大変です。

公務員の上級を目指すのであればいいですが、絶対倒産せず安定しているということで選択される人がいますが、あまりお勧めできない職業です。

公務員のメリットを整理してると

では再度、公務員であれば、どのようなメリットがあるのか整理してみましょう。

【その1】解雇がないこと

公務員の身分は保証されています。民間企業に働く労働者には労働三権が認められているのに対して、公務員には労働三権が全面的に認められていません。

その代わりに、公務員の身分は法律で厳格に保証されています。ここで労働三権とは、団結権、団体交渉権、争議権(スト権)の労働基本権のことです。

このため、民間企業のように給料が業績に左右されることなく、解雇されることもほとんどありません。

ただし、懲戒処分が課せられ、懲戒免職になる場合があります。

【その2】倒産がないこと

公務員は国や地方自治体に雇われているので、企業にように倒産はありません。

公務員には倒産もなく、リストラもないので、黙々と仕事をこなしていけば安定した職業です。

【その3】業績に関係ない給料体制

民間企業は利益が無くては従業員に給料を支払うことができません。そのため、業績によって差別して、労働意欲を駆り立てています。

つまり、業績が良い人ほど、給料が良いという体制になっています。

一方、公務員には利益を上げるという概念はありません。給料は税金から支払われます。

そのため、住民からの目が厳しくなり、最悪は罵声を浴びる羽目になることもあります。

結局、公務員は安定した生活を送れるということで、民間企業を退職してまで公務員になりたいという人がいるのは事実です。

転職にはキャリアアドバイザーの支援が必須

都市圏で生活している人が転職を考えると、さまざまな情報があり過ぎてしまって、返って戸惑いを感じてしまい手詰まり状態になってしまいます。

また、最近ではSNSが登場して、より一層多くの情報が入手できます。

どうしていいか分からなくなった場合に、頼りになるのがキャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーの仕事は、転職や就職を計画している人をサポートすることです。企業の求人状況の情報を把握しており、転職を計画している人の望みや志向を踏まえ、最適な方法をアドバイスしてくれます。

しかし、キャリアアドバイザーも仕事をしているわけです。キャリアアドバイザーといえども、全ての人が親身な対応をしてくれるわけではありません。

中には、流れ作業的な仕事をする人もいて、通り一遍の対応しか受けられない可能性もあります。

そんな不安を抱えながら、どこでキャリアアドバイザーに接していいか、キャリアアドバイザーがいる企業はどこがいいか、初めての人ならば迷ってしまうでしょう。

そんなときにお勧めなのが、「マイナビエージェント」です。マイナビエージェントには、さまざまな業種に精通した経験豊富なキャリアアドバイザーがたくさん所属しています。

初めて転職をする人も再転職する人にも、転職で失敗しないポイントをアドバイスしてくれます。転職市場の情報を知り尽くしているキャリアアドバイザーが転職者の希望に沿った就職先を紹介してくれます。

また、マイナビエージェントは転職できた後のフォローもしてくれます。キャリアアップの相談や方法についても相談に乗ってもらえ、今後の自分の成長に役立ちます。

都市圏には人口も多い反面、情報も玉石混交しています。

そんな中で求人情報も然りです。自分一人の対応では無理で、一緒に考えて悩んでくれる親切丁寧なアドバイザーが必須です。

現在、転職を計画しているにも関わらず、悩んで躊躇しているならば、是非一度、マイナビエージェントを利用してみてはいかがでしょうか!

マイナビエージェント公式サイトからの無料会員登録はコチラです

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ