Buisiness+Relationship

ビジリレ

大学の講師になるには…必要な過程とスキルとは

   

大学の講師になるには…必要な過程とスキルとは

大学の講師とは、どのような職業なのでしょうか?

また、大学講師になるにはどのような過程が必要なのでしょうか?

まず、講師には常勤(専任)講師と非常勤講師があります。常勤講師の職務ですが教授、准教授に準ずるものとされています。

また、職位は教授、准教授に次ぐものとなっています。一般的に常勤講師は准教授に準ずる仕事のすべて(研究や校務を含む)を行なう場合が多く、直接教授の職務を助ける場合もあるようです。

今回は、大学講師にスポットをあててお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


大学の講師になるには…その現実は?

大学の教員になるには、各大学(学部単位が多い)で募集しているのを探して応募することになります。

しかし、最近は少子化の影響で大学生の人数も少なくなっていますので、大学教員の募集も少なくなっていると思います。ですので、競争率はかなり高くなってしまいます。

大学教員になる資格としては、特にヨーロッパのように厳密なものはありません。

しかし、大学院(収支課程2年間、博士課程3年間)は出ていた方が有利になると思います。

それと基本的に、大学教員のポスト(助手、助教、非常勤講師、常勤講師、准教授、教授)は、非常に限られた数ですので、いくら自分に能力があっても、空いたポストがなければなれません。

また、よほど優れた研究業績でもない限り、その大学に何らかの人脈(コネ)がないと難しいという問題もあります。

しかし、あなたの情熱があれば「運」も引き込むことができるのではないでしょうか!

大学の講師になるにはどんな能力が必要?

大学の講師になるには、従来の「大学院、助手、助教、常勤講師、准教授、教授」というルート以外に、最近では社会や会社での業績や研究などが評価されて、社会人から「非常勤講師、常勤講師、准教授、教授」というルートも増えてきているようです。

現実的には、自分が研究をやりたいと思う分野で実績を上げている大学院の博士課程を修了し、研究論文の発表や学会での発表を行い実績を積み重ねながら、ポストが空くのを待つというのが一般的なのではないでしょうか。

(ある意味、社会人枠での講師などのポストは、狙ってもなかなか難しいのではないでしょうか。社会人として頑張っている中で、非常勤講師や常勤講師の依頼や要請があり引き受けるという感じではないかと思います。)

このように講師というのは、なかなか希望して簡単になれるものではないという認識を持っておいていただきたいと思います。

大学の常勤講師になるには…どうすればなれる?

大学の教員には、助手、助教、非常勤講師、常勤講師、准教授、教授という職位があります。

ただ教授、准教授、助教以外の職位は学校教育法には規定がありません。各大学の判断での職位になります。

一般的な方法としては、大学院を卒業後、その同じ研究室に残り助手、助教を経て講師、准教授、教授と成っていくものです。

しかし、教授のポストというのは研究室の責任者というものですので、新しい研究室を作りでもしない限りそう簡単には成れるものではありません。

また、常勤講師や准教授に成るのも同じ研究室でポストが空くのを待っていても時間が掛かる場合が多いので、同じ分野の別の大学の研究室の常勤講師や准教授として研究室を移る場合も多いようです。

別の大学の研究室に移る際などには、これまでの研究業績や人脈といったものが非常に重要になっています。

大学の非常勤講師になるにはどうすればよい?

非常勤講師とは、非正規雇用の立場で授業時間にのみ出勤して授業を行なう講師で、学校によっては「兼任講師」「嘱託講師」「時間講師」とも呼ばれています。

非常勤講師は、これまでは別に本業を持っていたり、別の学校で正規職員として勤務しながら、他校で非常勤講師として働いている方も多かったのですが、これとは別に「専業非常勤講師」として非常勤講師の仕事をいくつかの大学で持ち、その収入だけで生計を立てている方もおられます。

最近では、大学経営の観点から非常勤講師を多数雇用している大学も多くなってきているようですので、今後「専業非常勤講師」という方が多くなってくるかも知れません。

しかし、最近では高学歴ワーキングプアの代名詞として「専業非常勤講師」と言われているようですので、少子化が大学に与える影響をまともに受けているのではないかと思います。

大学の講師から教授になるには…どうすればなれる?

大学の講師から教授になるまでには、まだまだ道のりは長いと思います。まず講師から准教授に成らなくてはなりません。

講師として勤務している研究室の准教授や教授の状況によりますが、これまでとは別の研究室に移る可能性が高いと思います。

これには、これまでの研究実績や人柄、人脈が大きく影響します。そしてうまく自分の研究分野に関連した研究室の准教授に成れれば収入的にはだいぶ楽になるかと思います。

最後の教授のポストですが、これにはタイミングと人脈がとても重要になってきます。

それと一般論として、国公立大学より私立大学の方が准教授のポストは多く、教授になれる可能性も高いようです。

このように、大学の教授の職というのは非常に狭き門ですが、これからの技術立国日本を支える人材を育成するという非常に大事な仕事ですので、どうか高い志を持って進んで行っていただきたいと思います。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ