Buisiness+Relationship

ビジリレ

二人暮らしを始めると生活費の内訳はこう変わる

   

二人暮らしを始めると生活費の内訳はこう変わる

大好きなパートナーとの同棲生活。とてもワクワクすることでしょう。

ただ、考えてほしいことがあります。それはお金のことです。

二人暮らしになれば、生活費のやりくりが今までとは大きく変わってきます。

特に結婚が前提なのであれば、お金の使い方をパートナーとじっくり考えていく必要があるでしょう。

そこでここでは、二人暮らしになると生活費の内訳がどう変わるのか、やりくりをどうすればいいのかをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


二人暮らしをすると生活費の内訳はどう変わる?

二人暮らしを始めると、生活費としてどのような費用が大きく変わってくるのでしょうか。

まずは二人暮らしを始めた時に増える費用について見ていきましょう。

生活に関わる費用には、一般的に次の費目があります。

  1. 家賃(更新料含む)
  2. 光熱費(水道、ガス、電気)
  3. 通信費
  4. 食費
  5. 交際費
  6. 交通費
  7. 日用品費
  8. その他 美容費、被服費 など

1〜3は、ほぼ毎月決まった額がかかり固定費と言われます。一方、④〜⑧は毎月違った額がかかるため変動費と言われます。

二人暮らしになって一番大きく変わる費目は、固定費だと光熱費、変動費だと食費でしょう。

光熱費は二人で住むことになるので当然変わってきます。特にお風呂の水やガス、洗面所の電気などは倍になると考えていいでしょう。

また、食費は自炊すれば安上がりになりそうなところですが、二人分なので当然、費用は変わってきます。

一人暮らしの場合は、朝ごはんや帰宅後疲れている時は簡単に済ますことができますが、二人暮らしになるとどうしても相手のことを気遣って作ってしまいます。

また、同じような理由から、疲れて作るのが面倒な時は外食にしてしまうケースも増えるでしょう。

このような理由から食費も大きく変わってきます。

また、二人暮らしになるとどちらが支払うかということも重要になってきます。
一人暮らしの時は一人で払っていた費用も、二人で話し合って支払いかたを決める必要があります。

特に、固定費のうち、家賃と光熱費は折半するのか、どちらか一方が払うのかを事前に決めておいた方がいいでしょう。

また、通信費については携帯料金も含まれますが、ネット回線に関わる費用はどちらが負担するかを話し合っておきましょう。

年代別二人暮らしの生活費の内訳

では、実際に二人暮らしの生活費はどのくらいかかるものなのでしょうか。

年代別に見ていきます。

10代〜大学生の二人暮らしの生活費

若い頃はまだ生活費もそれほどかからないでしょうし、お互いが一人暮らしの場合は二人暮らしにより余裕がでるケースもあります。

この年代の1ヶ月あたりの二人暮らしの生活費はおおよそ次のようになります。

【10代の二人暮らしの生活費の内訳】
家賃:60,000円
電気代:2,500円
水道代:2,500円
ガス代:3,000円
自炊費:4,000円
携帯代:10,000円×二人分
通信回線費用:4,000円
交通費:3,000円×二人分
外食代:10,000円×二人分

合計生活費:122,000円

家賃を60,000円と設定した場合の内訳です。

この年代ですと、二人合わせて150,000円の収入もしくは仕送りがあると、ある程度の余裕を持って生活できそうですね。

20代の二人暮らしの生活費

20代となると仕事を始めている人も多く、収入もある程度入ってくることでしょう。
そのため、お金も使うようになり支出も10代〜大学生の時と比べて増えてきます。
特に外食する機会が増えてくるため、生活費も大きな違いが出てきます。
それでは、この年代の1ヶ月あたりの二人暮らしの生活費を見てみましょう。

【20代の二人暮らしの生活費の内訳】
家賃:100,000円
電気代:3,000円
水道代:4,000円
ガス代:4,500円
自炊費:8,000円
携帯代:10,000円×二人分
通信回線費用:4,000円
交通費:7,000円×二人分
外食代:20,000円×二人分

合計生活費:197,500円

家賃を100,000円と設定した場合の内訳です。二人合わせて200,000円の収入が必要な計算になります。

外食代を少し高めに設定していますので、この費用をどのように調整していくかがポイントとなるでしょう。

結婚を意識していて貯金する場合は、家賃か外食費を貯蓄に回すようにしましょう。

  

夫婦二人暮らしの生活費の内訳を見直してみる!

次に夫婦二人暮らしの場合の生活費を紹介します。

まず、ある二人暮らしの生活費の内訳を確認して、どこに問題があるのか見てみることにしましょう。

今回、紹介するご夫婦はもうすぐお子さんが産まれるということで、奥さんは仕事を辞め専業主婦をしています。旦那さんの手取りは25万円ほどです。

では、内訳を見てみましょう。

食費:35,000円
外食:5,000円
日用品:5,000円
洋服代:10,000円
医療費:5,000円
ガソリン代:5,000円
灯油代:5,000円
交際費(食事):6,000円
交際費(ギフト):2,000円
書籍代:1,500円
雑費(クリーニングや切手代):1,500円
家賃:63,000円
ガス:6,000円
電気:7,000円
水道(二ヶ月で):2,000円
NHK(二ヶ月で):4,500円
携帯二台:18,000円
インターネット:5,000円
妻こづかい:5,000円
夫こづかい:20,000円
個人年金:10,000円
夫保険代:10,000円

合計:231,500円

次にどこに問題がありそうかチェックしてみましょう。

まず、携帯代が18,000円というのはちょっと高いですね。携帯プランで一番安いものにしたり、今は格安スマホもありますのでそちらに移し替えたりすると,もっと抑えることができます。

食費もやや高めのようです。1週間の予算を決めて一日あたりの食費を設定すれば、もう少し抑えることができるでしょう。

ガス代や電気代もやや高めですが節約しすぎてもいけませんので、こまめに電気を消すなどできる範囲でやっていけば、ある程度は抑えることができるでしょう。

夫婦二人暮らしの生活費で気をつけたいこと

先ほどはあるご夫婦を例に見直すべき点を見てきました。

では、夫婦二人暮らしの場合、生活費で気をつけたいことはどのようなことでしょうか。

固定費を抑えて、生活に余裕を持つ

固定費とは、住宅費や光熱費、通信費、保険料など毎月ほぼ一定の額を支払う必要がある費用のことです。

光熱費を抑えるのはなかなか難しいですが、住宅費や通信費などは工夫すれば抑えることができます。

たとえば、なるべく街中でなく田舎の方に住んだり、最寄駅からちょっと遠いところに住んだりすれば、住宅代を抑えることができるでしょう。

また、通信費の大部分を占めると思われる携帯代は、携帯プランを最も安くしたり、格安スマホに変えたりすることで抑えることができるでしょう。

固定費を抑えることができれば、生活に余裕が出てきます。そうすれば、夫婦で旅行に行ったり、外食したりという機会が増え、夫婦生活がもっと楽しいものとなるのではないでしょうか。

マンションや一戸建てを購入する場合、ローン以外のお金も意識しておく

夫婦になると、マンションや家を購入することもあるでしょう。

でも、その際に気をつけたいのがローン以外の費用です。マンションを購入した場合は、住宅ローンの他に固定資産税や管理費などで月に3万円ほど必要になります。

また一戸建ての場合は、固定資産税、修繕費で月に1〜2万ほど必要となります。これに加え、火災・地震保険の加入で月に4,000円ほどかかってきます。

このように、マンションや一戸建てを購入を考えている夫婦は、ローン以外の費用も必要だということを意識して自分たちにあったライフプランを検討していくといいでしょう。

収入の何%を生活費に使っていいのか?

最後に二人暮らしの生活費は収入の何%に抑えるべきかについて見ていきましょう。

まず大事なのは、自分の可処分所得を知ることです。

収入といっても、会社から支払われるお金が丸々手元に入ってくるわけではありません。

税金(所得税や住民税)や社会保険料(年金や健康保険、雇用保険など)が収入から差し引かれるからです。これらは必ず徴収されるものです。

これらが差し引かれた金額が可処分所得になります。いわゆる「手取り収入」です。

計算式は次のようになります。

可処分所得 = 年収 ー(所得税 + 住民税 + 社会保険料)

所得税や住民税、社会保険料がどれくらい徴収されているのかは、源泉徴収票を確認すればわかります。

総務省「家計調査年報」が出している2人以上の世帯のうち勤労者世帯の平均データによると、可処分所得は年収の約80%となっているようです。

この可処分所得が自由に使えるお金ということになります。

実際には、ここから貯蓄にまわす金額を差し引いたものが生活費として使えるものです。

生活費を使った残りを貯蓄にまわす人もいるでしょう。しかし、残らなかった場合は貯蓄できません。だから、生活費として使う前にまず貯蓄分を差し引いておくことをおすすめします。

関連記事はこちら

 - 経済