Buisiness+Relationship

ビジリレ

就活の電話の折り返しは土日でも大丈夫?折り返し時のマナーとは

   

就活の電話の折り返しは土日でも大丈夫?折り返し時のマナーとは

就職活動中は企業の担当者と電話やメールでやりとりする機会が増えていきます。

特に電話でのやり取りの場合、出られなかった時に折り返すことになりますが、土日に電話をかけてもよいものでしょうか。失礼には当たらないのでしょうか。

ここでは、土日に折り返しの電話をしてよいものか、また折り返す時のマナーなどについてお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


就活中の会社からの電話の折り返しは土日にしても大丈夫なのか?

就活中に面接した会社から電話がかかってくることはよくあるものです。しかし、その時、たまたま忙しく手が離せなかったときは折り返し電話することになります。

折り返しの電話はできれば早めにかつ平日にした方がいいですが、どうしてもできなかった場合は土日にしてもいいものなのでしょうか。

誠意を見せるという意味では、土日でもかけてみた方がいいでしょう。

かけてみて誰も出なかったら月曜日に改めてかけ直せばいいです。

また、誰か出たとしても担当者の方が休んでいる場合は、電話に出られた方に月曜日にもう一度、かけ直すことを伝えておけばいいのです。

自分のスケジュール調整を早くする上でも、会社の担当者の方と早めに連絡を取り合った方がいいでしょう。

そのために、止むを得ず土曜日に電話することも必要なことでしょう。

就活中の折り返し電話は土日営業の会社なら大丈夫?留守電では?

誠意を見せるという意味では、土曜日に折り返しの電話をかけてみた方がいいですが、やはり少しでも会社に迷惑がかからないように電話したいものです。

ここでは、土日の折り返しの電話の仕方、また留守電になった時の対応方法について、まとめてみます。

土日の折り返しの電話は大丈夫なのか?

土日も営業している会社であれば、折り返しても問題ないでしょう。

ただ、人事担当者は土日営業していても休みの可能性がありますので、その時は次の出勤日を確認し、その日に折り返すことを伝言しておきましょう。

もし、土日に営業しているかわからない時は、求人票を確認してみましょう。求人票には営業日・営業時間が書いてあります。

留守電になった場合はメッセージを残しておこう

営業時間外に電話をかけてしまった時は、つながらないという場合も多いでしょう。

携帯電話の番号からかかってきた場合は留守電になることもあるかもしれません。

そのような時はきちんと自分の名前を伝え、後日かけて直すことをメッセージに残しておきましょう。

この時、ちゃんと掛け直すことも忘れないように。メッセージを残しただけでは折り返したことにはなりません。

土日に電話することは必ずしもマナー違反ではありませんが、ここで書いたことを参考にできるだけ会社に迷惑がかからないようにしましょう。

就活中の会社への折り返し電話で土日以外で注意したい時間帯

土日が休みの会社であれば会社に担当者の方が出勤している可能性が低いため、基本的に平日に改めてかけ直すことになるでしょう。

ただ、平日もいつでもかけていいわけではなく、避けた方がいい時間帯があります。

ここでは、その時間帯について紹介します。

■始業開始前・終業後

始業開始前や終業後は基本的に営業時間外であるため避けるようにしましょう。

ただし、人事担当者から時間外でもよいと指示された場合は、それに従って構いません。

■始業後1時間

始業開始して1時間の間は社員の人たちはメールチェックや朝礼、1日の業務に関するミーティングなどで忙しい時間帯です。

この時間帯もできるだけ避けるようにしましょう。

■昼食時間帯

この時間帯は社員の人たちが食事に出ていてあまり社内にいません。対応できる人が少ないため、できるだけ避けるようにしましょう。

これらの時間帯にかけても採用には直接関係ないかもしれませんが、会社からの印象が悪くなってしまいます。

会社に迷惑がかからないように電話をするようにしましょう。

就活中に会社からかかってきた電話に折り返す時のマナー

電話に出られず折り返しすることになった場合、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

ここでは、電話の折り返しマナーについて紹介します。

留守電の伝言メッセージをきちんと確認する

まず、就活中はいつ留守電が入ってもいいように、留守電電話サービスを設定しておきましょう。

そして、留守電が入っていた場合は、「かけてきた人の企業名・部署・名前」「折り返す際の条件(時間帯など)」をしっかり確認しておきましょう。

また、折り返すまでの時間をあけないためにも、電話がかかってきた時間を確認しておきましょう。

電話をかける環境を整える

折り返す際はできるだけ「電波状況がよく静かな環境」で電話しましょう。

駅のホームや繁華街・地下街など周囲の騒音や電波の悪い場所では、お互い声が聞き取りづらくなってしまい相手に対して失礼です。

また、電車の中でかかってきたからといって電話にでるのはマナー違反です。降りた駅でかけ直すなどの対応をしましょう。

さらに折り返す前にはスケジュール帳とメモ帳の準備を

電話では次回の選考案内など何らかの情報が伝えられるので、それをメモする体制を整えて折り返すようにしましょう。

またメモする際には歩きながらではなく、座ってメモするように。

そして、日時や次回面接の会場など重要な情報はメモをとった上で復唱するようにしましょう。

電話応対の失敗は就職を不利にしてしまうのか?

会社からの電話で緊張してしまい名前を名乗るのを忘れてしまったり、言葉づかいや敬語の使い方がおかしかったり、合間に変な間をあけてしまったりと、電話中にまずい対応をしてしまうこともあるものです。

電話を切ってから「あの対応は失敗した」と後悔することもあるでしょう。

しかし、電話応対がそんなにうまくいかなくても、よほどのことがない限り心配する必要はないです。

会社の人もたくさんの人に電話しなければいけないので、一人一人をチェックしているわけではありません。電話応対がちょっとまずかったからといって就職に不利になることはありません。

仮に対応がおかしいと会社の担当者に思われたとしても、その後の面接でしっかりと対応ができれば問題ないでしょう。

また、きちんとした応対をするために前もって準備しておくことも大事です。例えば、電話する前に言いたいことや要件などをメモしておくのも一つの手です。

電話中に緊張して言いたいことを忘れてしまうことを避けることができ、まずい対応も少なくなるでしょう。そのメモをもとに、ひととおり電話応対のシミュレーションしておくのもいいでしょう。

現代はメールやSNSを使用することが多くなり、電話で話すことが苦手な人も多いものです。そういう人はこのように事前に準備しておくといいです。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ