Buisiness+Relationship

ビジリレ

就活の電話の折り返しは土日でも大丈夫?折り返し時のマナーとは

   

就活の電話の折り返しは土日でも大丈夫?折り返し時のマナーとは

就職活動中は企業の担当者と電話やメールでやりとりする機会が増えていきます。

特に電話でのやり取りの場合、出られなかった時に折り返すことになりますが、土日に電話をかけてもよいものでしょうか。失礼には当たらないのでしょうか。

ここでは、土日に折り返しの電話をしてよいものか、また折り返す時のマナーなどについてお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


就活中の会社からの電話の折り返しは土日にしても大丈夫なのか?

就活中に面接した会社から電話がかかってくることはよくあるものです。しかし、その時、たまたま忙しく手が離せなかったときは折り返し電話することになります。

折り返しの電話はできれば早めにかつ平日にした方がいいですが、どうしてもできなかった場合は土日にしてもいいものなのでしょうか。

誠意を見せるという意味では、土日でもかけてみた方がいいでしょう。

かけてみて誰も出なかったら月曜日に改めてかけ直せばいいです。

また、誰か出たとしても担当者の方が休んでいる場合は、電話に出られた方に月曜日にもう一度、かけ直すことを伝えておけばいいのです。

自分のスケジュール調整を早くする上でも、会社の担当者の方と早めに連絡を取り合った方がいいでしょう。

そのために、止むを得ず土曜日に電話することも必要なことでしょう。

就活中の折り返し電話は土日営業の会社なら大丈夫?留守電では?

誠意を見せるという意味では、土曜日に折り返しの電話をかけてみた方がいいですが、やはり少しでも会社に迷惑がかからないように電話したいものです。

ここでは、土日の折り返しの電話の仕方、また留守電になった時の対応方法について、まとめてみます。

土日の折り返しの電話は大丈夫なのか?

土日も営業している会社であれば、折り返しても問題ないでしょう。

ただ、人事担当者は土日営業していても休みの可能性がありますので、その時は次の出勤日を確認し、その日に折り返すことを伝言しておきましょう。

もし、土日に営業しているかわからない時は、求人票を確認してみましょう。求人票には営業日・営業時間が書いてあります。

留守電になった場合はメッセージを残しておこう

営業時間外に電話をかけてしまった時は、つながらないという場合も多いでしょう。

携帯電話の番号からかかってきた場合は留守電になることもあるかもしれません。

そのような時はきちんと自分の名前を伝え、後日かけて直すことをメッセージに残しておきましょう。

この時、ちゃんと掛け直すことも忘れないように。メッセージを残しただけでは折り返したことにはなりません。

土日に電話することは必ずしもマナー違反ではありませんが、ここで書いたことを参考にできるだけ会社に迷惑がかからないようにしましょう。

就活中の会社への折り返し電話で土日以外で注意したい時間帯

土日が休みの会社であれば会社に担当者の方が出勤している可能性が低いため、基本的に平日に改めてかけ直すことになるでしょう。

ただ、平日もいつでもかけていいわけではなく、避けた方がいい時間帯があります。

ここでは、その時間帯について紹介します。

■始業開始前・終業後

始業開始前や終業後は基本的に営業時間外であるため避けるようにしましょう。

ただし、人事担当者から時間外でもよいと指示された場合は、それに従って構いません。

■始業後1時間

始業開始して1時間の間は社員の人たちはメールチェックや朝礼、1日の業務に関するミーティングなどで忙しい時間帯です。

この時間帯もできるだけ避けるようにしましょう。

■昼食時間帯

この時間帯は社員の人たちが食事に出ていてあまり社内にいません。対応できる人が少ないため、できるだけ避けるようにしましょう。

これらの時間帯にかけても採用には直接関係ないかもしれませんが、会社からの印象が悪くなってしまいます。

会社に迷惑がかからないように電話をするようにしましょう。

就活中に会社からかかってきた電話に折り返す時のマナー

電話に出られず折り返しすることになった場合、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

ここでは、電話の折り返しマナーについて紹介します。

留守電の伝言メッセージをきちんと確認する

まず、就活中はいつ留守電が入ってもいいように、留守電電話サービスを設定しておきましょう。

そして、留守電が入っていた場合は、「かけてきた人の企業名・部署・名前」「折り返す際の条件(時間帯など)」をしっかり確認しておきましょう。

また、折り返すまでの時間をあけないためにも、電話がかかってきた時間を確認しておきましょう。

電話をかける環境を整える

折り返す際はできるだけ「電波状況がよく静かな環境」で電話しましょう。

駅のホームや繁華街・地下街など周囲の騒音や電波の悪い場所では、お互い声が聞き取りづらくなってしまい相手に対して失礼です。

また、電車の中でかかってきたからといって電話にでるのはマナー違反です。降りた駅でかけ直すなどの対応をしましょう。

さらに折り返す前にはスケジュール帳とメモ帳の準備を

電話では次回の選考案内など何らかの情報が伝えられるので、それをメモする体制を整えて折り返すようにしましょう。

またメモする際には歩きながらではなく、座ってメモするように。

そして、日時や次回面接の会場など重要な情報はメモをとった上で復唱するようにしましょう。

電話応対の失敗は就職を不利にしてしまうのか?

会社からの電話で緊張してしまい名前を名乗るのを忘れてしまったり、言葉づかいや敬語の使い方がおかしかったり、合間に変な間をあけてしまったりと、電話中にまずい対応をしてしまうこともあるものです。

電話を切ってから「あの対応は失敗した」と後悔することもあるでしょう。

しかし、電話応対がそんなにうまくいかなくても、よほどのことがない限り心配する必要はないです。

会社の人もたくさんの人に電話しなければいけないので、一人一人をチェックしているわけではありません。電話応対がちょっとまずかったからといって就職に不利になることはありません。

仮に対応がおかしいと会社の担当者に思われたとしても、その後の面接でしっかりと対応ができれば問題ないでしょう。

また、きちんとした応対をするために前もって準備しておくことも大事です。例えば、電話する前に言いたいことや要件などをメモしておくのも一つの手です。

電話中に緊張して言いたいことを忘れてしまうことを避けることができ、まずい対応も少なくなるでしょう。そのメモをもとに、ひととおり電話応対のシミュレーションしておくのもいいでしょう。

現代はメールやSNSを使用することが多くなり、電話で話すことが苦手な人も多いものです。そういう人はこのように事前に準備しておくといいです。

関連記事はこちら

 - 就活・面接

ページ
上部へ