Buisiness+Relationship

ビジリレ

バイトを辞める当日にそのことを伝える時の伝え方

   

バイトを辞める当日にそのことを伝える時の伝え方

バイトを始めてみたものの、仕事が自分には合わない、バイト先の環境が合わないなどに理由により、バイトを辞めたくなる時もあるでしょう。

できればすぐにでも辞めたいという気持ちにもなってくるかもしれません。

そんな時、辞める当日にそのことを伝えるのはまずいのでしょうか。

ここでは、辞めることを伝えるのは当日でもいいのか、どうしたらできるだけバイト先に迷惑をかけずに辞められるのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


バイトを辞めることを伝えるのに当日ではまずいのか?

今やっているバイトを急遽、辞めたくなった時、辞めざるを得ない時、辞めることを当日に言ってすぐに辞められるものなのでしょうか。

実はある条件であれば辞められるのです。

それは、雇用主との合意があることです。合意があれば、即日退職することは可能なのです。

民法では「当事者が雇用期間を定めなかった場合、当事者はいつでも解約の申し入れをすることができる」と定められています。

また、雇用期間が決まっていたとしても、この期間にはバイトに対する法的拘束力はありません。やむを得ない事情がある場合には即日辞めることができます。

ただその場合でも、仕事の忙しさなどを理由に合意が得られないこともあるでしょう。

もし合意が得られなかったとしても、「退職の意思を申し出てから14日(2週間)で雇用契約が終了する」と定めてあり、辞める意思表示をしてから2週間で退職することができます。

ただし、民法上では2週間となっているものの、会社の就業規則で「1ヶ月前までに申し出ること」など、別に期間が定められている場合にはその規則に従うことになりますので、事前に確認しておきましょう。

そのような規則のもと、どうしてもすぐに辞めたい場合は、雇用主や上司に納得のいく理由を伝えて相談してみましょう。

バイトを突然辞める時に承知しておきたい当日分の給料のこと

アルバイトには短期、長期にかかわらず雇用期間が決まっていることが多いものです。

しかし、アルバイトをしている中で自分に合っていなかったり、辞めざるを得なかったりすることもあるでしょう。

その時には、バイト先に辞めることを伝えることになります。

しかし、途中で辞める時に注意して欲しいのは給料です。

それまで働いてきた分の給料はもらえますが、辞める当日にそのことを伝え辞めた場合は、その日の分はもらえないことがほとんどでしょう。当然といえば当然ですが。

自分の都合で辞めたのだから、辞めたその日の分の給料がもらえなかったとしても抗議しても通用しないでしょう。

バイトは正社員ほど雇用期間についての縛りがないため、辞めたければ辞めても構いません。

しかし、バイトといえども労働契約を結んで働いているので、辞める時はその旨をしっかりと伝えるようにしましょう。

そして、給料はそれ相応の分しか支払われないということを認識しておきましょう。

バイトを辞めることは当日ではなく早めに伝える

バイトを突然辞めたくなった時には、きちんとバイト先にその旨を伝えることが大事です。連絡も入れず辞めてしまうのは、絶対にやってはいけません。

そして、辞めることを伝える時には次のことに気をつけましょう。

責任者に面と向かって誠実に伝える

バイトを辞めることを責任者に伝える時に気まずくなるのが嫌で、顔が見えないメールや電話で済ませてしまいたくもなるでしょう。

しかし、それは絶対にやめましょう。

責任者の方を怒らせてしまい、印象も悪くなってしまいます。大事なアルバイト人員が辞めてしまうことは、バイト先に少なからず迷惑をかけてしまうことになります。

また、アルバイトといえども労働契約を結び給料をもらっているのです。辞める側はそのことをしっかりと認識して、責任者に面と向かって、そのことをしっかりと伝える責任があります。

早めに辞めることを伝える

もし誰かがバイトを辞めることになった場合、バイト先はその分の穴を埋めるために後任のバイト人員を探すことになります。

しかし、アルバイトの募集をかけてから採用するまでにはかなりの時間がかかってしまいます。

さらに後任のバイトが決まったとしても、仕事を覚えさせたり、職場に慣れてもらったりと辞められた分の穴を埋めるまでには相当の時間がかかるでしょう。

また、職場によっては別の人に引き継ぎが必要で、そのための時間がかかる場合もあります。

このように、誰かがバイトを辞めることは、別の人がその穴を埋められるようになるまでは、かなりの時間がかかってしまうのです。

そのため、バイトを辞めたい時には、できるだけ早く辞めることをバイト先に伝えましょう。

そうすると、バイト先には準備期間ができ、引き止められることもあまりないでしょう。

バイト初日に辞めるのは可能か?その時に必要なこと

バイトを突然辞めるにしても、さすがに初日はまずいのでしょうか。

バイトを全くやっていない初日に辞めてしまうのも少し問題がありますが、やむを得ない理由などで辞めたくなることはあるでしょう。

その時には、辞める理由はなんであれ、とりあえずバイト先の人にそのことを伝えましょう。

初日に辞めてしまうことは、それまでに準備をしていたバイト先としても困ってしまうことになるので、引き止められることもあるでしょう。

でも、気持ちが変わらないのであれば、そのことを正直に伝えましょう。

とはいえ、バイト初日に辞めてしまうのは、バイト先にもかなりの迷惑をかけてしまいます。

雰囲気が合わない、人間関係が気になるなど職場環境に関わることであれば、しばらく働いてみて判断するのもいいかもしれません。

自分がやろうと決めたバイトです。できるだけ初日には辞めないようにしましょう。

バイトを辞める時に受け入れてもらいやすい3つの理由

バイトを辞める時は、その理由をしっかりと伝えましょう。

そこで、最後にバイトを辞める時に受け入れてもらいやすい理由を紹介します。

一身上の都合

一番無難な理由としては「一身上の都合」でしょう。さらにその内容を詳しく聞かれる可能性はありますが、ほとんどの場合聞かれることはないでしょう。

学業優先

学生であれば、他にやりたいことがある、学業に集中したい、資格の勉強をしたい、部活を始めたいといった理由も受け入れてもらいやすいでしょう。

バイト先の人も学生には学業を優先してもらいたいと思うものです。このような理由であれば、バイト先の人にも納得してもらいやすいでしょう。

家庭の事情

家族の具合が悪くなったので代わりに家事をしなければいけなくなった、子供の面倒を見なくてはいけなくなったなどのような家庭の事情は、バイト先の人もさすがに受け入れざるを得ないでしょう。

関連記事はこちら

 - アルバイト

ページ
上部へ