Buisiness+Relationship

ビジリレ

バイトを辞める当日にそのことを伝える時の伝え方

   

バイトを辞める当日にそのことを伝える時の伝え方

バイトを始めてみたものの、仕事が自分には合わない、バイト先の環境が合わないなどに理由により、バイトを辞めたくなる時もあるでしょう。

できればすぐにでも辞めたいという気持ちにもなってくるかもしれません。

そんな時、辞める当日にそのことを伝えるのはまずいのでしょうか。

ここでは、辞めることを伝えるのは当日でもいいのか、どうしたらできるだけバイト先に迷惑をかけずに辞められるのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


バイトを辞めることを伝えるのに当日ではまずいのか?

今やっているバイトを急遽、辞めたくなった時、辞めざるを得ない時、辞めることを当日に言ってすぐに辞められるものなのでしょうか。

実はある条件であれば辞められるのです。

それは、雇用主との合意があることです。合意があれば、即日退職することは可能なのです。

民法では「当事者が雇用期間を定めなかった場合、当事者はいつでも解約の申し入れをすることができる」と定められています。

また、雇用期間が決まっていたとしても、この期間にはバイトに対する法的拘束力はありません。やむを得ない事情がある場合には即日辞めることができます。

ただその場合でも、仕事の忙しさなどを理由に合意が得られないこともあるでしょう。

もし合意が得られなかったとしても、「退職の意思を申し出てから14日(2週間)で雇用契約が終了する」と定めてあり、辞める意思表示をしてから2週間で退職することができます。

ただし、民法上では2週間となっているものの、会社の就業規則で「1ヶ月前までに申し出ること」など、別に期間が定められている場合にはその規則に従うことになりますので、事前に確認しておきましょう。

そのような規則のもと、どうしてもすぐに辞めたい場合は、雇用主や上司に納得のいく理由を伝えて相談してみましょう。

バイトを突然辞める時に承知しておきたい当日分の給料のこと

アルバイトには短期、長期にかかわらず雇用期間が決まっていることが多いものです。

しかし、アルバイトをしている中で自分に合っていなかったり、辞めざるを得なかったりすることもあるでしょう。

その時には、バイト先に辞めることを伝えることになります。

しかし、途中で辞める時に注意して欲しいのは給料です。

それまで働いてきた分の給料はもらえますが、辞める当日にそのことを伝え辞めた場合は、その日の分はもらえないことがほとんどでしょう。当然といえば当然ですが。

自分の都合で辞めたのだから、辞めたその日の分の給料がもらえなかったとしても抗議しても通用しないでしょう。

バイトは正社員ほど雇用期間についての縛りがないため、辞めたければ辞めても構いません。

しかし、バイトといえども労働契約を結んで働いているので、辞める時はその旨をしっかりと伝えるようにしましょう。

そして、給料はそれ相応の分しか支払われないということを認識しておきましょう。

バイトを辞めることは当日ではなく早めに伝える

バイトを突然辞めたくなった時には、きちんとバイト先にその旨を伝えることが大事です。連絡も入れず辞めてしまうのは、絶対にやってはいけません。

そして、辞めることを伝える時には次のことに気をつけましょう。

責任者に面と向かって誠実に伝える

バイトを辞めることを責任者に伝える時に気まずくなるのが嫌で、顔が見えないメールや電話で済ませてしまいたくもなるでしょう。

しかし、それは絶対にやめましょう。

責任者の方を怒らせてしまい、印象も悪くなってしまいます。大事なアルバイト人員が辞めてしまうことは、バイト先に少なからず迷惑をかけてしまうことになります。

また、アルバイトといえども労働契約を結び給料をもらっているのです。辞める側はそのことをしっかりと認識して、責任者に面と向かって、そのことをしっかりと伝える責任があります。

早めに辞めることを伝える

もし誰かがバイトを辞めることになった場合、バイト先はその分の穴を埋めるために後任のバイト人員を探すことになります。

しかし、アルバイトの募集をかけてから採用するまでにはかなりの時間がかかってしまいます。

さらに後任のバイトが決まったとしても、仕事を覚えさせたり、職場に慣れてもらったりと辞められた分の穴を埋めるまでには相当の時間がかかるでしょう。

また、職場によっては別の人に引き継ぎが必要で、そのための時間がかかる場合もあります。

このように、誰かがバイトを辞めることは、別の人がその穴を埋められるようになるまでは、かなりの時間がかかってしまうのです。

そのため、バイトを辞めたい時には、できるだけ早く辞めることをバイト先に伝えましょう。

そうすると、バイト先には準備期間ができ、引き止められることもあまりないでしょう。

バイト初日に辞めるのは可能か?その時に必要なこと

バイトを突然辞めるにしても、さすがに初日はまずいのでしょうか。

バイトを全くやっていない初日に辞めてしまうのも少し問題がありますが、やむを得ない理由などで辞めたくなることはあるでしょう。

その時には、辞める理由はなんであれ、とりあえずバイト先の人にそのことを伝えましょう。

初日に辞めてしまうことは、それまでに準備をしていたバイト先としても困ってしまうことになるので、引き止められることもあるでしょう。

でも、気持ちが変わらないのであれば、そのことを正直に伝えましょう。

とはいえ、バイト初日に辞めてしまうのは、バイト先にもかなりの迷惑をかけてしまいます。

雰囲気が合わない、人間関係が気になるなど職場環境に関わることであれば、しばらく働いてみて判断するのもいいかもしれません。

自分がやろうと決めたバイトです。できるだけ初日には辞めないようにしましょう。

バイトを辞める時に受け入れてもらいやすい3つの理由

バイトを辞める時は、その理由をしっかりと伝えましょう。

そこで、最後にバイトを辞める時に受け入れてもらいやすい理由を紹介します。

一身上の都合

一番無難な理由としては「一身上の都合」でしょう。さらにその内容を詳しく聞かれる可能性はありますが、ほとんどの場合聞かれることはないでしょう。

学業優先

学生であれば、他にやりたいことがある、学業に集中したい、資格の勉強をしたい、部活を始めたいといった理由も受け入れてもらいやすいでしょう。

バイト先の人も学生には学業を優先してもらいたいと思うものです。このような理由であれば、バイト先の人にも納得してもらいやすいでしょう。

家庭の事情

家族の具合が悪くなったので代わりに家事をしなければいけなくなった、子供の面倒を見なくてはいけなくなったなどのような家庭の事情は、バイト先の人もさすがに受け入れざるを得ないでしょう。

関連記事はこちら

 - アルバイト

ページ
上部へ