Buisiness+Relationship

ビジリレ

スムーズな誘いの断り方〜職場の人間関係をうまくいかせるために〜

   

スムーズな誘いの断り方〜職場の人間関係をうまくいかせるために〜

会社で働いていると、職場ではいろんな誘いを受けるものです。

でも、その中には気がのらず、断りたい誘いというものもあるでしょう。

そんな時、断り方を間違えると、相手に不快感を与えるばかりか、人間関係も悪くなる可能性もあります。

そこで、職場の人間関係を良好に保つ上手な断り方をシーン別にまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


職場での誘いの断り方の基本パターン

会社に勤めているといろんなお誘いを受けるものです。それは職場の上司から同僚、取引先の人からと多くの誘いがあるでしょう。

しかし、そんな誘いの中には受けたくないものもあるものです。その時は断ることになりますが、その断り方も悩んでしまうもの。

特にビジネスシーンでの断り方は、今後の仕事や人間関係にも影響することもあり注意したいところです。

そこで、ここではビジネスシーンにおける断り方の基本パターンを紹介していきます。

「誠に不本意ではありますが……」

「本当はやりたい」という気持ちを表現する断り文句です。

「今回は見合わせることになりました」

「本当はやりたい」という気持ちに加え、「次回もお願いしたい」という含みをもたせた断り文句です。

また、断りたいけれど,相手とは今後も良好な関係を保ちたいという場合には、次のようなセンテンスを使ってみましょう。

それは「他でもない〇〇さん」というセンテンスです。

「他でもない〇〇さんの誘いなのに」という断り方をすれば、相手を大切に思っていることが伝わり、印象がアップするでしょう。

表情を使って大げさに悔しがると効果的でしょう。

職場での誘いの断り方〜会社の飲み会に誘われた場合

職場での誘いの代表格は会社の飲み会ではないでしょうか。

職場の皆さんとの飲み会は楽しい時もありますが、気が進まない時もあるもの。そのような時にはどのような断り方をするのがいいのでしょうか。

ここでは、会社での飲み会の誘いに対する断り方を紹介します。

飲み会の誘いの断り方は次の2ステップで行うといいです。

1.飲み会に誘われたら、あとで予定を確認すると伝え、その場ですぐに回答せず保留にする。

2.なるべく早めにきちんとした理由を考えて、相手に伝えて断る。

会社の飲み会に誘われると、とっさに「ちょっとその日は予定が…」などと言い訳をしてしまうものですが、同じ理由で何度も断ると「付き合いが悪い」と思われてしまいます。

そこで、その場では乗り気な姿勢を見せたあと、保留にしてきちんとした理由を考えるのです。

その場ですぐに適当な理由で断ってしまうと、「付き合いが悪い」「乗り気じゃない」と思われてしまいます。そのためにも、一度保留にしてから断ることをおすすめします。

理由としては、「大学時代の友人の結婚祝いがある」など、「そういう理由であればしょうがない」と思われるようなものがいいでしょう。

職場での誘いの断り方〜上司から飲みに誘われた場合

職場の誘いの中で断りにくいのは上司からの飲みの誘いではないでしょうか。

あっさりと断ると後々影響がありそうですし、飲み会に行ったとしても気を使わなければいけないため疲れてしまいます。

だから、やんわりと断りたいところです。

そこで、上司からの飲みの誘いに対しては、体調不良を理由にして断りましょう。

上司は部下を管理する立場にあります。そんな上司が、体調の悪い部下と飲み会に行ったことで部下の体調をさらに悪化させてしまっては、仕事にも支障が出てくるでしょう。

また、その責任は上司が取ることになります。上司としては、それは避けたいところです。

ということで、上司からの飲み会の誘いは体調不良を理由にするのが有効です。

そして、翌日には飲み会に行けなかったことを謝るとともに、上司が配慮してくれたおかげで体調が良くなったことを伝えましょう。

職場での誘いの断り方〜興味がない人からデートに誘われた場合

女性の方は、職場で男性社員からデートの誘いを受けることもあるでしょう。
でも、興味がない人からの誘いは断りたいもの。

そんな時には、次のような断り方をしてみましょう。

暗に二人きりで会うのを拒否する

二人きりのデートという状況を避けることで、暗に「断られた」と悟らせる断り方です。興味がない男性社員から誘われたら、他の社員を誘ってもいいか提案してみましょう。

よほど勘が悪い相手でない限り「断ってるな」と悟るはずです。もし「誘ってもいいよ」と言われたら、同期の仲間に相談して付き合ってもらうようにするといいでしょう。

さらに、付き合ってもらった仲間と仲が良い状況を見せれば、鈍感な相手であってもさすがに好かれていないことに気づくでしょう。

長期的な予定を理由にする

忙しいことを理由にしてもいいですが、それだとまた別の日に誘いを受けるかもしれません。そこで長期的な予定を理由にしてみましょう。

それは、習いごとや資格取得のための勉強、バンドや演劇の活動など、自分のある目標に対して多忙な状況であることをアピールする断り方です。このような理由であれば邪魔はできないと引き下がってくれるでしょう。

ただし、この場合、誰かと一緒に行動したことがバレないように配慮しましょう。事前に口裏合わせをしておくことが大切です。

好きな人や恋人がいることを伝える

すでに好きな人や恋人がいることを伝え、諦めさせる断り方です。すでに相手がいる人に対しては無理に誘うことはないでしょう。

さらにこの断り方は、暗に「あなたには興味がない」ということを伝えることもできます。

職場での誘いの断り方〜休日のゴルフに誘われた場合

会社で働いていると、上司や先輩、取引先の人と休日にゴルフに行こうと誘われる人もいるでしょう。

仕事上の付き合いでどうしても断れない場合もあるものの、それ以外では行きたくない時もあるものです。

そんな休日のゴルフの誘いに対する上手な断り方を紹介します。

一緒だと上司や先輩に迷惑になることを理由にする

新入社員がゴルフに誘われた時に有効な断り方です。新入社員はまだまだ初心者であるため、上司や先輩たちのレベルではありません。

そこで、新入社員である自分が一緒だと迷惑をかけるだけだと遠慮して断るのです。

上司や先輩も無理に誘って、自分たちが楽しめなかったら嫌でしょうから納得してもらえるでしょう。

金銭的に余裕がないことを理由にする

ゴルフはお金がかかります。特にまだ収入が少ない新入社員にとっては、ゴルフに行く余裕なんてないでしょう。

そこで、ゴルフの誘いがかかっても、正直にお金に余裕がないと断ることも一つの手です。さすがに借金してまで来いと誘う上司や先輩はいないでしょう。

腰が痛いと仮病を理由にする

身体的なことをアピールして断るのもいいでしょう。

特に、ヘルニア持ちであることや腰が痛いことを理由にするといいです。

ゴルフは腰を痛めやすい競技であるため、上司や先輩も無理させて腰の状況を悪化させてはいけないと思うでしょう。

ただし、この場合は他のスポーツなどを楽しんでいることがバレないようにしましょう。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ