Buisiness+Relationship

ビジリレ

二人暮らしで毎月確実な貯金をしていくためのポイント

   

二人暮らしで毎月確実な貯金をしていくためのポイント

結婚して、これから二人暮らしをしていこうとする時、どんなカップルであっても、貯金というものが大事になってきますね。

これから訪れるであろう出産・子育て・家の購入・病気・怪我などのために、毎月しっかりとした貯金をしていきたいですね。

ここでは、二人暮らしで計画的に貯金をしていく際に重要となってくるポイントについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


二人暮らしをする際、毎月の貯金額の目安ってどのくらい?

結婚して新生活を始める際、毎月どのくらいの貯金をしていけばよいのでしょうか?検討がつかないという方もいると思います。

以下に2つの例を示しますので参考にしてください。

二人暮らしで妻が専業主婦の場合

夫には収入があるが、妻が専業主婦で収入がない場合は、収入の20〜30%を目安にしましょう。

具体的な数字で言えば、月の収入が30万円の場合、貯金額は50,000円〜90,000円ということになります。

もし、専業主婦の方に時間的余裕がある場合、自分たちに合った節約術を見つけ実践してもらうようにするとよいでしょう。

二人暮らしで共働きの場合

夫婦で共働きの場合は、収入の30〜40%を目安にしましょう。

厳しいと感じる方もいるかもしれませんが、共有できるものがある分それぞれが一人暮らしをした場合よりも生活費が抑えられてくると考えれば、意外と実現できるものです。

二人暮らしで毎月しっかりと貯金していくために設けたいルール

毎月しっかりと貯金していくために設けたいルールについてご説明していきます。

楽しく進められるような目標を設定する

これは当然のことですが、貯金を行う際に、まず行わなくてはいけないのが、目標設定です。

二人でよく話し合いながら、どちらにもメリットがあるような、そしてなるべくポジティブな結果になるような目標にしましょう。

その方がお互いに協力し合いながら楽しく進められるはずです。

二人の専用口座を作る

管理しやすくするために、二人で一つの専用口座を作ることをおすすめします。

一体感が生まれるし、一人がこっそりと使ってしまうこともなくなるでしょう。

デートなどでは共有のサイフから支払う

二人暮らしのカップルであれば、当然デートをする時や外食をする時などがあると思います。

この時に、どちらか一方が支払うようにすると、後々にトラブルの原因になってきます。

これを防ぐために、共有のサイフを作って、そこから支払うようにするとよいでしょう。

二人暮らしで毎月しっかりと貯金していくために使いたいモノ

毎月確実な貯金や節約をしていくために、家計簿をつけていくことをおすすめします。

家計簿をつけていけば、様々な数字が見えるようになる分、モチベーションが出てくるし、アイディアも湧きやすくなると思います。

また、家計簿があると、現状をすぐに把握しやすくなったり、説明がしやすくなったりするので、お互いの会話が増えてきます。

時々、二人で家計簿を見ながら、「全然気づかなかったけどここは無駄が多いね」「ここについては二人で協力すれば削っていけるね」といった話し合いをすれば、一体感が生まれるし、お互いに対する助言もしやすくなると思います。

二人で協力し合いながら貯金や節約をしていく上で、最も大事なのは話し合いです。

家計簿に、二人で話し合った内容、そこで決まったこと、解決すべき課題などを書いていくのもよいでしょう。

確実に貯金をしていくために知っておきたい節約術

貯金していくためには節約というものも大事になってきますね。成功しやすい節約術の1つが食費の節約です。

目安としては、大人1人当たり月10,000万円以下、幼児一人当たり5,000円以下です。

例えば、夫婦+幼児3人とすれば、25,000万円以下ということになります。

節約のポイントは、安価だけど栄養のある食材を活用することです。例えばハンバーグを作る場合、お肉だけ作ろうとすると、お金がかかるし、脂肪の取り過ぎにもなります。

この時、豆腐やおからを混ぜるようにするとよいでしょう。そうすれば、ヘルシーになるし、出費も抑えることができます。

また、旬の食材を選ぶことも節約には効果的です。旬の食材は、安価で買えるし、栄養価も高いです。そして何より美味しいです。

中には料理をされない方もいますが、今はインターネットで色々とレシピを調べられます。

節約のためと考えて、料理にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

二人暮らしで毎月貯金をしていく際に注意したこと

毎月貯金をしていく際の注意点についてご説明していきます。

負担が偏らないように

どちらか一方に負担が偏らないようにしましょう。

当たり前のことですがとても大事な事です。定期的に話し合いの場を持つようにしましょう。

無理のない金額から始める

貯金や節約に慣れる前から、いきなり目標を高く設定してしまうと、急な出費に対応できなくなることがあります。最初は少額でもいいのです。少しずつ増やすようにしていきましょう。

節約しすぎに注意

少しでも多く貯金したいがために、食べる量を減らしたり、趣味を楽しむ時間を減らしたりすれば、次第にストレスが溜まっていきいずれ心が折れてしまいます。

その反動で衝動買いをしてしまうことや、お酒を大量に飲んでしまうこともあるでしょう。

無理なダイエットをした時に起こるリバウンドと同じですね。大事なのは継続することです。なるべく心の余裕を持ちながら進めていきたいですね。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ