Buisiness+Relationship

ビジリレ

仕事が辛い40代、辛くなる理由と解決策について

      2017/10/11

仕事が辛い40代、辛くなる理由と解決策について

40代は働き盛りで仕事も充実してくる年代です。

しかし、この年代には昇進して重要なポストに就く人がいる一方、お荷物扱いになる人もいるものです。

責任が重くなる人がいる一方、仕事にやりがいを感じなく辛いと思う人もいるわけです。

この辛い状況を解決するためには会社を辞めるべきなのでしょうか?しかし、辞めるにしてもリスクが高すぎます。

ここでは、40代の仕事が辛い状況の解決策についてご紹介しますので、まずは今の現状から抜け出してみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

身内に不幸があった人にかける言葉とメールとは

身内に不幸があった場合、周りから...

‌ビジネスメールで「自分」のことを表す最適な言葉と誤った認識

ビジネスにおいて、社内外の連絡はメールでのや...

不採用の連絡が来ない場合に電話してもよい?電話での対応方法

不採用通知は電話で来ることもあるのでしょうか? 通常、採用...

銀行に就職する際に事前にこの資格を取得しておくと有利!オススメ資格


銀行の業務にはお金の借入・運用などがあります。<...

他の人と仲良くする友達に嫉妬…独占欲をコントロールする方法


親しい相手に対する嫉妬や独占欲は、恋人だけでなく...

社会人が副業としてアルバイトをする場合の税金の納め方と注意点


社会人になっても本職の仕事からの給料では生活が苦...

バイトの面接で緊張してしまう原因と緊張に対する対処法


バイトの面接は誰しも緊張してしまうものですよね。...

面接後の合格の電話で会社からの印象をよくする受け答え方のポイント


就活時に行われる面接で合格となれば、ほとんどの場...

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

正社員で退職するのはもったいない!?退職前の注意点とその理由


正社員として働いている人のなかには、今の会社を退...

大学でぼっちの人は就職に不利?その理由と不利にしない対処法


大学でぼっちの人は、就職活動で不利になりやすいと...

バイトで初めて接客する人へ!不安を解消する上で知っておきたいこと


初めてバイトをする際に、コンビニやレストランなど...

ご近所トラブルに発展させないための騒音に対する苦情の伝え方


一戸建て、集合住宅に関わらず、ご近所のトラブルは...

彼女に友達がいない……友達がいない女性の注意点


女性のなかには友達がいないという人もいます。この...

仕事できない人とバイト先で思われる人の特徴と思われないための方法


バイトをしていると、仕事できない人と思われる人が...

彼女とのデートで何するのか悩んでしまわないためのデートプラン


彼女とのデートプランを立てるのはドキドキわくわく...

将来が不安……お金に対する考え方と将来を見据えた生活


経済は上向きになっていると言われる一方、自分の給...

大人数でバーベキューをする時のお肉の値段・量と選び方


野外で家族や友人たちとバーベキューをするのは楽し...

新学期につきもののクラス替えに対する不安を解消する方法


新学期が近づくと、新しい出会いや新しいことにワク...

友達の結婚式に呼ばれないのはなぜ?考えられる理由とは


仲がいい友達が結婚することになり、結婚式に必ず呼...

スポンサーリンク


40代は仕事の分かれ道、仕事がますます辛いと思うことも

働き盛りの40代。しかし、この年代はこれまでの実績から、これからの道がはっきりとわかれてくる年代でもあります。

会社の中で出世するかどうかは、30歳から35歳までの仕事ぶりの評価で決まるとも言われています。

40代以降になると重要ポストに就く人も多くなってきますが、その職務にふさわしいかどうかはこの評価で決まってくると言ってもいいでしょう。

一方、40代でも役職につかない人もおり、会社からはお荷物扱いされる場合も。こうなると、なぜ会社にいるのかもわからなくなり、ストレスがたまってくるのではないでしょうか。

このように40代というのは、会社の中での立ち位置がはっきりと役職などにあらわれてくる年代なのです。

重要ポストについた人は今後も重要な仕事をまかせられ、ますますやりがいを持って仕事ができるかもしれません。

一方、重要ポストについていない人はこのままでいいのだろうかという思いにもなるでしょう。

このままでいいのかと思ったときに、同じ仕事を続けるのか、それとも仕事を辞めるのかを考えるかもしれません。

しかし、40代は辞めるにはかなりリスクのある年代です。ぜひとも後悔のないようにしたいものです。

そのためには、辞めたあとに自分には何ができるのか、この先の夢はあるのか、自分は本当は何がやりたいのかといったことをじっくりと考える必要があるでしょう。

40代でも感じる仕事が辛い時とは?

仕事の経験を積んでくると、会社の内部事情や仕事内容がわかってきて、仕事が辛いとか辞めたいと思うこともあるでしょう。

では、仕事が辛い・辞めたいと思うのは具体的なにどのような時なのでしょうか。

いくつかまとめてみます。

仕事が辛い・辞めたいと思う時 その1:職場の人間関係や待遇が悪い

仕事が辛い理由で多いのが仕事内容や人間関係、そして収入などの待遇でしょう。
特に職場の人間関係については多くの人が抱えている悩みではないでしょうか。
また、仕事のやりがいがない、休みが十分に取れないことも理由としてあげられるでしょう。

仕事が辛い・辞めたいと思う時 その2:サービス残業が多い

残業だけでも辛いものですが、それがサービス残業となるとかなり辛いものです。

働いてもお金がもらえないサービス残業をしていたら、やりがいもなくして仕事が嫌いになってくる人もいるでしょう。

やはりやりがいがない仕事は辛いものです。

仕事が辛い・辞めたいと思う時 その3:昇進への不安が大きい

30代にもなると昇進して重要なポストに就く人もいるでしょう。昇進したい人もしたくない人も昇進することに対しては不安や悩みを抱えるものです。

また、40代以降はリストラ対象になりやすく、そのことに対する恐怖や先が見えてしまう辛さを感じてくることもあるでしょう。

会社で仕事をしている以上、こういった辛さを感じるのは仕方ないことです。

ただ、ちょっとした不安ならいいですが、あまりにもその感情が大きくなると仕事に対して辛さや辞めたい気持ちも出てくるでしょう。

40代で会社を辞める前に考えてほしいこと

仕事が辛くて本当に仕事を辞めたいと思っている40代の人には、実際に辞める前に考えもらいたいことがあります。

それは体力のことです。

20代〜30代までは連日の長時間残業や徹夜も意外とこなせていたでしょうが、40代に入るとさすがに無理が効かなくなるものです。

また、気力でなんとか乗り切っても、翌日には疲れが残りやすかったり、体のあちこちに負担がかかり腰痛になったりなど体力の限界も感じるでしょう。

さらに、知らず知らずのうちに書類から目を離して読むようになり気がついたら老眼になっていたり、いつの間にか白髪が増えたりと老化現象も感じるものです。

40代にもなると体のあちこちで老化が進み、体力の限界を感じてくるのです。

仕事を辞めるとなると次の仕事を探すのにも体力を使います。

だから、仕事を辞める前に今の体力でやっていけるのか考えておきましょう。

また、40代はまだまだ働き盛りで、今後も激務をこなすことになるでしょう。

自分に体力がないと感じるようであれば、体力をつけるために運動や食事に気をつけてみましょう。

40代で辛い仕事を辞めるか、とどまるかの判断基準とは?

仕事が辛いから辞めたい。でも、40代で辞めるのはかなりのリスクがある。
では、40代で会社を辞めるかとどまるかの判断はどこで見極めればいいのでしょうか。

それには、仕事が辛いと思う原因を考えてみるといいでしょう。

その原因が自分で解決できるものであれば、自分で対策して仕事を続けたほうがいいでしょう。

一方、自分で解決できないものであれば、無理に変えようとせず転職したほうがいいかもしれません。

解決できないものは、たとえば職場環境であったり、人間関係であったりです。

環境が原因で辞めてしまうのはどうかと思う人もいるでしょう。しかし、環境が不満で辞めてしまう人は大勢います。

一つの会社で忠実に一生懸命働くことは素晴らしいことかもしれません。

でも、それは会社が社員を守っていた時代の話であって、現在はそのようなことはありません。いつリストラされるかわからないのです。そのような会社に無理をしてとどまる必要はないでしょう。

他人と職場環境は自分の力では変えられないのです。つまらない仕事、くだらない人間関係の解決に時間を費やすよりも、もっと自分を活かして輝ける環境に移ったほうがこれからの人生を考えてもいいかもしれません。

自分で解決できる原因か、自分ではどうしようもない原因かを見極めて、会社を辞めるかどうか判断することをおすすめします。

40代で転職活動する際のポイント

仕事を実際に辞めることになった場合、転職活動をすることになるでしょう。

しかし、これまでにも書いてきたように40代の転職には大きなリスクがあります。

最近は40代の転職も増えてきたとはいえ、やはり年齢を考えると慎重に進めるにこしたことはありません。

20代ではすぐに決まるような転職も、40代では活動が長期化する可能性もあります。

できれば在職中に転職活動を始め、内定をもらってから退職するのがベストでしょう。

また、40代ともなると内定を出してもらえる会社が少ないです。

だから、できるだけ複数の経路を使って活動することをおすすめします。そして、多くの会社に応募したほうがいいでしょう。

40代の転職活動は長期化することを認識して、活動時間をしっかり作ることが1つのポイントになるかもしれません。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ