Buisiness+Relationship

ビジリレ

会社を退職するときの挨拶のポイントや注意点と挨拶文の例

   

会社を退職するときの挨拶のポイントや注意点と挨拶文の例

長年勤めてきた会社を退職する時には必ず挨拶をすることが基本であると思います。

人によってそれぞれ退職理由がありますが、退職の挨拶をする場合のマナーや注意する点などは一緒です。

お世話になった会社での最後の挨拶、みなさんに感謝の気持ちが伝わるようにしっかりマナーを覚えておきたいですよね。

そこで今回は、退職時の挨拶のポイントや注意点や退職理由別の挨拶の仕方の一例などをご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


会社を退職するときの挨拶ポイントやコツ・マナーについて

とにかくポジティブで簡潔、しかし素っ気ないものであってはなりません。

具体的なエピソードを盛り込むと良いでしょう。

以下のことを盛り込むのがコツです。

  • 挨拶の場を設けてもらったことへの感謝、参加してくれた人達へのお礼。
  • 結婚や出産の場合は退職理由を言いますが、転職の場合はやめておきましょう。
  • その職場でやった仕事で、印象深かったものを取り上げて、簡潔にスピーチをしましょう。
  • これまでお世話になったことへのお礼と、これからの活躍を祈りましょう。

※スピーチの例:

今日はわざわざ私のためにありがとうございます。

○年間この職場で働かせていただき、本当に勉強になりました。

特に××プロジェクトでは皆さんと一緒に苦労したことがいい思い出です。

成功したときの達成感は今でも忘れることができません。

私はここを離れますが、本当に大きな財産を持って行くことができます。

皆さんには感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。

皆さんもどうぞこれからも頑張ってください。

会社を退職する日の朝礼で挨拶を求められた時のポイント・注意点

別に送別会が開かれることや短時間の朝礼であることを考えたスピーチにしましょう。

出来るだけ簡潔にまとめ、長々と退職理由や思い出話をするのは禁物です。

とにかく簡潔にすること、それが肝要です。

またあくまで明るいスピーチを心掛けるようにして下さい。

これから仕事にかかろうという時に、感情を揺さぶられるようなスピーチをされたら、みんなそちらに気を取られて仕事が手に付かなくなるかもしれません。

中には急ぎの仕事が控えている人もいるはずです。

そんなときに長話をされたらイライラするだけです。

他の人の仕事の迷惑になってはいけません。

ですから、それは別の機会に開かれる送別会のために取っておきましょう。

そこで思いっきり感傷的になればいいのです。

定年退職だと確かにこれまでの職場生活を思って感慨深いものがあるのはよく分かります。

ついつい涙もろくなってしまう人もいるでしょう。

しかし場をわきまえて、朝礼にふさわしいスピーチにしましょう。

会社を退職するときの挨拶に盛り込むべき3つの要素

簡素なスピーチにするのは大事ですが、それも程度問題です。

「本日をもって退職します。今までありがとうございました。」

だけではさすがに素っ気なさ過ぎます。

職場を去るときの気持ちを伝えるには、30秒から1分程度は必要でしょう。

スピーチには会社を辞めることになったこと、職場の人達への感謝、今後の職場の発展を祈ること、この3つの要素を盛り込みます。

定年退職、転職、結婚などが理由の場合、特に改めて説明する必要ありませんが、人間関係が原因の場合はどう話すかは難しいところです。

そういう場合は「一身上の都合」とだけ言っておくことです。

一つ例を挙げておきます。

「私○○は今日で会社を辞めることになりました。

送別会では皆さん本当にありがとうございました。

ここでお世話になったことは決して忘れません。

本当に感謝しています。必ず人生の次のステップの糧になると思っています。

皆さんのことは忘れません。どうぞこれからも頑張ってください。

今日は最後の仕事をしていきます。」

話をするときは、職場の人達の顔を一人一人見て、出来るだけ気持ちを込めて話しましょう。

朝礼のスピーチはどうぞこれを参考にしてください。

会社を退職するときの挨拶では明るく前向きな言葉を言うのが大切

朝礼や夕礼で挨拶するときの注意点を挙げておきます。

まず一番に気をつけなければならないことは、会社や誰かを非難するようなことを言ったり、また自分を卑下するような言葉を使ったりしないことです。

とにかく前向きな言葉だけを使いましょう。

●自分のために特別に時間を取ってくれたこと、自分のために集まってもらったことに感謝します。

「わざわざ私のためにこうした挨拶のための時間をつくっていただいて恐縮です。本当にありがとうございます」

●退職することになったと言います。

転職する場合は理由に触れなくてもよいでしょう。

定年退職や結婚や出産なら言っても問題ありません。

「この度結婚することになりました。ついては仕事を辞めて家庭に入ることにさせていただくことにしました」

●最後に在職中のお礼、職場の人達の今後の活躍を祈ります。

「これまで本当にお世話になりました。とても感謝しています。皆さん、今後もどうか頑張って下さい。皆さんのことは決して忘れません」

定年・結婚・転職の理由による退職のさいに使えるスピーチ文

定年退職のスピーチ文例

皆さん今日はわざわざどうもありがとうございます。

皆さんから温かいお言葉を頂き、今は胸が一杯です。

この会社にお世話になってから、もう40年という月日が過ぎました。

長かったようでもあり、あっという間だったような気もします。

その間結婚し、子供が生まれ、また孫までできました。

人生の節目節目をこの会社と一緒に過ごさせて頂きました。

これからは共働きの娘夫婦のために孫の面倒を見ることになりそうです。

それを本当に楽しみにしています。

また趣味の釣りにもいそしめると思っています。

皆さん、これまで本当にお世話になりました。

これからもどうか頑張ってください。

結婚で退職する場合のスピーチ文例

今日は私のためにわざわざ集まって頂いて恐縮です。

この度結婚することになりました。

ついては仕事を辞めて家庭に入ることにしました。

急なことでご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、どうかご容赦下さい。

結婚してもこのまま仕事を続けるかどうかずいぶん悩んだのですが、どちらも中途半端になるよりはと、仕事を辞める決断をしました。

今までの皆さんのご恩は忘れません。

本当にありがとうございました。

転職のため退職する場合のスピーチ文例

皆さん、今日はわざわざどうもありがとうございます。

この度一身上の都合で会社を辞めることになりました。

皆さんと共に働いた6年間、時には厳しく、時には優しくご指導を頂きました。

迷惑ばかりおかけした気がしますが、本当に感謝しています。

これからもどうか健康にお気をつけて頑張ってください。

本当にありがとうございました。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ