Buisiness+Relationship

ビジリレ

アルバイトを辞める時の有給休暇取得と有休消化

   

アルバイトを辞める時の有給休暇取得と有休消化

アルバイトも正社員と同様に有給休暇も取得することはできるのでしょうか。

また、あったとしてもアルバイトを辞める時に有給休暇の消化はできるのでしょうか。

また、辞める時には争うことなくスッキリと辞めたいもの。

そこで、ここではアルバイトの有給休暇について紹介するとともに、有給休暇の消化についてや後で問題にならないように事前に注意しておきたいことなどをまとめていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


アルバイトを辞める時に有給消化することは可能なのか?

アルバイトを辞めることになった場合、有給休暇を消化することはできるのでしょうか。

その前に、アルバイトにそもそも有給休暇はあるのでしょうか。

まず、このことについて紹介します。

アルバイトでも、労働者として所定の勤務をこなしていれば、正社員と同じく有給休暇が発生します。これは法律で認められています。

自分にどれだけの有給休暇があるのかについては、まずは会社の就業規則を確認しましょう。そこに有給休暇のことが記載されている項目があるはずです。

もし、就業規則に記載がない場合は、労働基準法第39条が基本となります。

有給休暇は法律によって保証されているため、有給休暇申請に対して会社は原則、拒否できないことになっています。これは退職時であっても変わりません。

したがって、アルバイトでも労働者が退職時に法律上の要件を満たしていれば、正社員と同様に有給休暇を消化することは可能です。

アルバイトを辞める時に残っている有給休暇の買い取りについて

会社に言われるがまま働き続けて、気づいたら有給を使い切れぬまま退職してしまうこともあるもの。

でも、それはせっかくの有給休暇を消化しきれず、働き損に感じてしまうでしょう。

こういうケースの場合に「有給休暇の買い上げ」という考え方があります。残った有給休暇の分の金額を退職時に会社から払ってもらうのです。

しかし、この「有給休暇の買い上げ」は労働基準法では、原則として認められていません。

また、雇用者側から会社に対して買い上げを要求することは禁止されています。

これを認めてしまうと、わざと休暇をとらずに有給休暇を買い上げてもらう方向に進んでしまい、本来の有給休暇制度の考え方に反してしまうからです。

ただし、有給休暇の買い上げが認められる例外もあります。

たとえば、有給休暇の時効や退職により消滅してしまう場合です。この場合には休暇を買い上げることは違法にはあたりません。

このように例外もあります。もし、退職前に引き続き業務に追われて有給休暇を消滅しきない場合は、交渉すると買い取ってもらえるかもしれません。

しかし、会社側には買い取り義務はないため、ほとんどの場合、買い取ってもらえないと考えていいでしょう。

実際にアルバイトを辞める時に有給休暇を消化した人の体験談

ここまでに紹介してきたように、アルバイトでもパートでも正社員と同じように有給休暇を取得でき、原則として消化することもできます。

でも、会社によっては有給休暇消化を認めないところもあるようです。

そういった会社でも認めてもらう方法として、アルバイトをしていた方の体験談を紹介します。

あるアルバイトの体験談

その方はコンビニで働いていたそうなのですが、ノルマが高く、人間関係もよくなかったそうです。

その職場に嫌気がさし、辞めることに。

雇用契約書には「退職時には14日以上前に届け出ること」と記載されていたので、14日前に伝え、それまでに有給休暇の消化をしたそうです。

有給消化をする前に店長のデスクの上に有給休暇を取得する旨を書いた退職届と職場支給の備品を置いて帰ったそうですが、その後、店長からは有給休暇の消化を認めないという電話が。

しかし、事前に有給を取得することを電話でも伝えていて、そのことを録音していたそうです。

証拠が残っていたため、有給休暇分も含めた給料をもらうことができています。

このように、有給休暇を申請する際には、音声を録音したり、メールでやり取りするなど、なんらかの証拠を残しておくことが必要かもしれません。

アルバイトを辞める前の有給取得申請を拒否された場合の対処方法

先ほどは実際に有給消化した人の体験談を紹介しましたが、退職時に有給取得を会社から拒否された場合の対処方法についてお伝えします。

忙しい、人手不足という理由で拒否された場合

拒否される理由として多いのが忙しい、人手が足りないという理由でしょう。

しかし、会社には有給休暇の申請を拒否する権利は法的にありません。原則として認める必要があります。

法的に「時季変更権」はありますが、この時季変更権は退職直前の場合には、他の時季に有給休暇を取ることができないため、この権利を行使することはできません。

忙しい、人手が足りないというのは、会社側の監督責任でもあります。その責任を追求してみる必要はあるでしょう。

それでも拒否される場合

労働者個人と会社が争っても解決しない場合もあります。その場合は、他者を頼るようにしましょう。

アルバイト同士で団結して会社と交渉する、労働組合に加入するなどの方法もありますが現実的ではありません。

このような場合には、労働基準監督署に相談してみましょう。対応方法を説明されたり、監督署が直接、仲裁してくれる場合もあります。

後で問題にならないように雇用契約書提出前にやっておきたいこと

最後に、有給休暇について後で問題にならないように、事前にやっておきたいことをお伝えします。

それは、雇用契約書を提出する前に、有給休暇についてしっかりと確認しておくということです。

正社員でなくても、アルバイトでは一定期間継続して働くと、会社から年次有給休暇が付与されます。

そのことが雇用契約書に書かれているか、提出前にしっかりと確認しておきましょう。

もし書かれていないようであれば、会社に確認をし、そのことを紙などに書いて合意を得ておきましょう。

その他、雇用契約書には契約期間や退職時の条件などが記載されています。しっかりと内容を確認しておき、わからないことは聞いておくようにしましょう。

雇用契約書に記載された条件に納得した上でハンコを押すことが、後で問題にならないようにするためにも大事なことです。

関連記事はこちら

 - アルバイト

ページ
上部へ