Buisiness+Relationship

ビジリレ

国民年金と厚生年金の保険料を重複して納付した場合の扱いと手続き

   

国民年金と厚生年金の保険料を重複して納付した場合の扱いと手続き

会社を退職、しばらく会社勤めがなかった後、再就職するなどすると、国民年金と厚生年金の保険料を納付することになり、タイミングによっては重複してしまう場合もあります。

もし重複して納付してしまった場合、重複分は返ってくるのでしょうか。

ここでは、保険料を重複して納付してしまった場合の重複分の扱いや手続きなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚祝いのご祝儀の金額の相場とご祝儀袋の書き方


社会人になると結婚式に招待される機会も増えてくる...

居酒屋の店員にメアドを渡すのはアリ?関係を発展させるポイント


たまたま入った居酒屋で店員さんに一目ぼれしてしま...

バイトで年上が人気の理由とは?好きになった時の対処法と注意点


バイトは働く場というだけでなく、出会いの場でもあ...

大学の飲み会が苦手な人に!誘いの上手な断り方や乗り切り方


大学生はお酒を飲める年齢にもなるため、ゼミやサー...

アラフォー男性の婚活が失敗しやすい理由とうまく相手を見つける方法


結婚年齢が上がっている昨今、アラフォーでも独身と...

大学生の就職におすすめの資格とは?文系の学生編


大学生がある資格を持っていると、就職活動において...

高校入試の合格発表が不安……不安を和らげる方法


高校の入試が終わると、ひとまず安心する人と合格発...

休日に一人ランチを満喫するには?そのための店選びと雰囲気の高め方


日頃のしがらみから解放される休日。こんな休日には...

仕事のミスで自己嫌悪……原因と気持ちの切り替え方


仕事のミスで自己嫌悪に陥ってしまうことはあるもの...

コンビニの深夜バイトは楽?仕事内容とメリット・デメリット


コンビニの深夜バイトというと、接客が少ないので楽...

面接で好印象を持ってもらうには笑顔!その作り方とトレーニング法


学校の受験や就活で必ずと言っていいほど行われるの...

大学の授業の成績で必要とすべきテストの点数と単位の関係


晴れて大学生となると、卒業するには所定の数の単位...

友達との会話が苦手……苦手な原因と克服するための方法


友達と会話をするのは楽しいものです。

モラハラ被害者の特徴と症状…その対策とは



最近、いろいろなハラスメントが話題に...

国民年金の未納は大問題!どうしても払えない場合は免除制度を利用しよう

国民年金の保険料、全ての国民が支払って成り立っている制度です...

スーパーでのバイトで恋が始まるきっかけ・アプローチの方法


最近、若い人に人気のバイトと言えばアパレル関係や...

適応障害での休職から復帰まで〜そのポイントと再発防止に必要なこと〜


ストレスが多い現代社会において、精神疾患で休職を...

就活中に企業から電話がかかってきた際の印象の良い受け方


就活中に、企業から次回面接の連絡などで電話がかか...

女性の給料が低い原因とは?女性の貧困問題と改善するための対策


今、女性のなかには働いているにもかかわらず給料が...

彼氏との結婚で年収が不安……お金と結婚生活の関係


これまで付き合ってきた彼氏とそろそろ結婚したいと...

スポンサーリンク


国民年金と厚生年金を重複して納付した場合の注意点

同じ期間に厚生年金と国民年金の保険料を重複で納付した場合、通常は厚生年金が優先されるので、重複して納めた国民年金は還付されます。

しかし、例外があります。それは、同じ月に厚生年金の資格の取得と喪失があった場合です。

例えば、ある会社に4月1日に入社し、同じ年の4月20日に退職するような場合です。この時は、ひと月分の厚生年金保険料が徴収されると同時に国民年金保険料の納付義務も発生します。

理由は、国民年金保険ではその月の最終種別(この場合、4月30日の時点で退職しているため、国民年金の第一号被保険者に該当)で取り扱われるので、国民年金保険料の支払い義務も発生してしまうためです。

現行法ではこのようになっており、この場合は重複した保険料が還付されることはありません。

逆に、4月分の国民年金を納めた後、4月中に会社に就職し厚生年金に加入した場合は、国民年金保険料は還付されます。

国民年金保険料の前納期間に就職すると厚生年金との重複が発生!

国民年金の被保険者だった人が保険料を前納し、その期間中に会社に就職した場合には、厚生年金保険料と国民年金保険料の重複が発生します。

重複した国民年金保険料は還付されますが、所得税の社会保険料控除の修正を行う必要があります。

ここでは、国民年金保険料の還付手続きの方法、そして社会保険料控除の修正方法について説明します。

前納した国民年金保険料の還付手続きについて

重複して納付したことになる国民年金保険料については、日本年金機構で手続きを行うことで還付されます。

所得税の社会保険料控除の修正について

国民年金保険料は確定申告することで社会保険料控除として所得控除できますが、前納していた場合、厚生年金と重複する分については過大に控除されてしまうことになります。

そのため、確定申告の修正を行う必要があります。

就職した時期によって手続き方法が変わりますので、次を参照ください。

例として、平成26年4月〜平成28年3月までの2年分を前納しているものとします。

1.26年11月に就職した場合

この場合はまだ控除申告が行われていませんので、会社の年末調整の時に重複した保険料(26年11月〜28年3月)を差し引いた上で申告すればよいです。別途、手続きをする必要はありません。

2.26年中はパートなどで働いた後、27年1月に就職した場合

パート先で年末調整をし、その際に前納した国民年金保険料の申告を行なった場合は、重複する27年1月〜28年3月までの分は控除しすぎることになります。

この場合は、27年2月16日〜3月15日までの確定申告の期間中に申告をしなければいけません。

3.27年3月まで就職せず、27年4月に就職した場合

27年3月まで就職しなかった場合は、26年分の所得について確定申告する必要があります。

その際に前納した国民健康保険料の申告を行っていた場合は、重複する27年4月〜28年3月までの分は控除しすぎることになります。

この場合は、修正申告をする必要があります。

重複した国民年金保険料の申告手続きのポイント

先ほど、前納していた国民健康保険料分の控除申告に対する重複分の手続きについて、例を示して紹介しましたが、あらためて就職するタイミング別にポイントをまとめておきます。

社会保険料控除の申告前

控除される前の段階ですので、前納した国民健康保険料額から重複する分の額を差し引いて年末調整もしくは確定申告時に申告します。

特別な手続きは必要ありません。

別の仕事場において年末調整で社会保険料控除の申告をした後から確定申告期間前まで

年末調整時に控除申告しすぎていることになりますので、重複分を2月16日〜3月15日までの確定申告時に精算することになります。

確定申告で社会保険料控除申請した後

確定申告時に控除申告しすぎていることになりますので、重複分を速やかに修正申告して精算する必要があります。

国民年金と厚生年金の重複分の還付には時間がかかる

国民年金保険料と更生年金保険料を重複して納めていた場合、還付申請することになります。

実際には「国民年金保険料還付請求書」を日本年金機構に送付することで手続きは完了します。

ただ、実際に申請しても還付されるのはかなり時間がかかることは認識しておいた方がいいかもしれません。

だいたい還付の申請をしてから1ヶ月半〜2ヶ月はかかると思っておいていいでしょう。

1ヶ月半〜2ヶ月を目安にして、それ以上たっても「振り込み手続き完了のお知らせ」が届かない時は、年金事務所に問い合わせるといいでしょう。

しかし、なかなか還付されず、年金事務所に何度電話してもなかなか返金してもらえないということもあるようです。

3ヶ月以上もたって返金されないのはさすがに問題ですが、それまでの間であれば事務処理の遅れである可能性があるため、気長に待ちましょう。

国民年金から厚生年金に切り替わるタイミングについて

新しい会社で働くことになると、国民年金から厚生年金に切り替わりますが、一定期間の定めがある雇用では厚生年金の適用が除外されます。

しかし、この場合でも一定の期間後にも引き続き働くことになった場合は、厚生年金に加入することになります。

この場合は、一定期間中は国民年金保険料を納めることになります。では、この時、いつまで国民年金保険料を支払わなければいけないのでしょうか。

それは厚生年金に加入できた際に、新しい会社から届く保険証に記載されている資格取得日が重要になります。

この資格取得日の月の前月分まで国民年金保険料を納めることになります。

例えば資格取得日が6月20日だった場合は、5月分までの国民年金保険料を納める必要があります。

あくまで資格取得日が重要で、保険証が手元に届いた日ではありませんので注意しましょう。

関連記事はこちら

 - 経済

ページ
上部へ