Buisiness+Relationship

ビジリレ

介護の仕事を辞めたい…介護業界の実情について

   

介護の仕事を辞めたい…介護業界の実情について

現代は超高齢化社会と言われることがあります。

高齢の人が増えてくれば、その人を介護する人材が必要となってきますね。

しかし、介護業界は離職率が非常に高いようです。

賃金の低さやハードワークといったことから、やりがいを感じつつも仕事を辞めたいと思いながら働いている人が多くいるみたいです。

ここでは、あまり知られていない介護業界の実情についてご説明していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

正社員なのに給料が低い!嘆く前に確認すべきことと改善できること


正社員として働いていても、今の働き方に見合わない...

30代でニート生活を卒業!就職するために必要なこと


就労や職業訓練などを行っていない「ニート」。ニー...

血液型で友達との相性は診断できる?それぞれの相性と診断の信憑性


日本では血液型による占いや相性診断の本がよく売ら...

カメラを趣味にしたい人へ!何を撮るか迷ったときのアドバイス


近年、カメラを趣味とする人が増えてきています。特...

派遣社員の仕事の掛け持ちは問題ない?〜掛け持ちする上での注意点〜


派遣社員は勤務時間やワークライフバランスを調整し...

20代女性で生活が苦しい人が増加中!増えてきた背景と生活の実情


最近、生活が苦しい20代女性が増えてきているそう...

会話が苦手な人は広汎性発達障害の可能性も!その障害の特徴


他者との会話に苦手意識を持っている人はいるもので...

大学を中退した場合に、就職活動で考えられるダメージ


大学に無事合格したにもかかわらず、中退してしまう...

お年玉をもらう子供のためにおすすめしたい専用貯金


お正月といって思い出すのはお年玉ではないでしょう...

仕事での電話応対が怖いのはなぜ?原因と克服法を紹介!


仕事での電話応対を怖いと感じている人は意外と多い...

女性からも見ても魅力的!三十代の男が自分を磨く上でおすすめの趣味


男性も三十代となれば油が乗ってきて、仕事にプライ...

お酒の席でできるだけ酔わないためにやっておきたい方法


新年度での新入社員の歓迎会、年末年始の忘年会や新...

大学生生活を充実させるために!サークルの選び方や入る時期を紹介!


大学に入ったら学生生活を充実させたいもの。そのた...

文系の学部生の金融業界への就職の向き不向き


金融業界の企業は安定していますし、給料も高いので...

夫婦で家計を折半するメリットとデメリット


今では女性の社会進出に伴い共働き夫婦が増えて、家...

可愛い友達に嫉妬心…つらい気持ちと上手に付き合っていく方法

可愛い友達に嫉妬してしまう…なんて経験はありませんか? <...

就職面接当日にキャンセル!体調不良が理由の場合の連絡方法


就職の面接当日、体調不良になり、どうしても面接が...

国民健康保険への退職後の切り替え時に必要な手続きと注意点


会社を退職した場合、それまでの社会保険から脱退す...

同棲する上で大事な生活費!いくらかかるか事前に把握しておこう!


カップルにとって同棲は期待感あふれることでしょう...

車を購入する際に意識してほしい!年収に対する価格とローンの目安


車の購入を考えたときに、どうしても年収を意識して...

スポンサーリンク


仕事を辞めたい人が多数!介護業界の離職率はこんなにも高い!

厚生労働省の調査によると、全産業における離職率は、平成18年で16.2%、平成23年で14.4%と、少しずつ下がってきているようです。

介護業界の離職率は、平成18年で20.3%、平成23年には16.1%と、下がってきてはいるものの、全産業の数値から比べたら高いということになりますね。

ちなみに、同じ介護業界であっても、正社員よりもパートや派遣といった非正規雇用の人の方が辞めていく率は高いようです。

大学新卒者の場合はどうでしょうか。

厚生労働省の調査によると、大学卒業後、医療・福祉業に入職した人の3年後離職率は38.8%だったようです(平成23年3月に大学を卒業した人を対象にした調査)。

3年以内に3人に1人が辞めてしまうということですね。

また、介護福祉士の資格を保有している人で、介護の仕事をしていな人は4割もいるようです。

介護の仕事には、実際に働いてみないとわからない厳しさがあるのかもしれませんね。

介護の仕事にやりがいを感じてるのに辞めたいのはなぜ?

介護の仕事をしている人は仕事にやりがいを感じているのでしょうか?

全労連「介護・ヘルパーネット」の調査によると、「やりがいがある」と回答した職員が約7割、「やりがいがない」と回答した職員が約2割、「わからない」と回答した職員が約1割だったようです。

介護の仕事は人と触れ合う仕事です。

利用者やその家族の方に直接感謝されたり、何かをプレゼントされたり、新しく良い人間関係が構築されたりする機会が多く、そこにやりがいを感じている職員が多いようです。

しかし、「やりがいがある」と答えた職員であっても、そのうちの約45%は「仕事を辞めたい」と回答してます。

その理由としては、「賃金が安いから」が約44%で最も多いようです。

これから高齢者の割合が増えていくとされていますが、介護職員の待遇改善は必須課題といえますね。

なぜ介護の仕事を辞めたいのか?ベスト3

介護の仕事を辞めたいと思う理由のベスト3を見ていきましょう。

1位;低賃金

最も多いのが賃金が低いことですね。

特に若者は、「同世代と比べて最も低いかもしれない。これからが不安。」と感じている人が多いようです。

サービス残業も常態化していて、月に100時間以上になる人も少なくないようです。

休日手当や深夜手当といった、本来なら支払わなければならない手当も支払われないことがあるようです。

2位:職場の人間関係

職場の人間関係に悩んで辞めていく人も多いようです。

介護の現場では、「慢性的な人不足で忙しい」「やりたくない仕事が多い」といったことから、仕事を押し付け合ってしまうことがあり、それで人間関係の問題が発生してしまうことがあるのです。

3位:腰痛

介護の仕事は体を使う仕事でもあります。

利用者の体を持ち上げる際などに腰を痛めてしまうケースがよくあるようです。

もちろん治ればよいですが、ハードワークもあってか重症化しやすく、それを理由に辞めてしまう人もいるようです。

今の介護の仕事を辞める際の選択肢

今の仕事を辞めたいと考えている場合、「他の介護施設に転職する」という選択肢と、「他の業界に転職する」という選択肢があると思います。

これらの選択肢を前にして、どのように考えていけばよいのでしょうか?現状を変えようと、今の介護施設を辞めて他の介護施設で働こうとする人もいると思います。

しかし、そこでも同じような問題が起こるかもしれません。

また同じようなことで悩み続けるかもしれません。

低賃金ややりたくない仕事が多いというのは大体どこも同じです。思い切って他の業界に転職してみるのも一つの手だと思います。

介護業界でハードな仕事をこなしてきたことから、「体力やスタミナに自信がある」ということであれば、例えば引っ越しなど、肉体労働がメインの業界で採用されやすくなると思います。

「排泄物の処理に対応できる」ということであれば、ベビーシッター業などで採用されやすくなると思います。

介護の仕事を辞めようとする際に起こる問題と対策について

介護業界は、もともと人手を必要としていて、かつ離職率の高い業界です。

辞めにくい場合もあるかもしれません。

退職理由やその伝え方についてはきちんと考えておいた方がよいでしょう。

もしかしたら嘘をつく必要も出てくるかもしれません。

嘘というのは、例えば、「母親の体調が悪くて実家に帰らなくてはいけなくなった」といった、雇用する側が引き留めにくいような理由です。

実は雇用する側もある程度分かっているものです。

「嘘をついているのでは・・」と怪しまれたとしても、深く追求すると別の問題が発生することがあるので、そのまま辞められるケースが多いです。

中には嘘をつけない人もいるでしょう。

その場合は本当の理由を伝えることになりますが、言いくるめようとする人もいるかもしれないので、伝え方には注意してください。

退職理由だけでなく、伝え方によっても相手の反応や対応は変わってくるものです。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ