Buisiness+Relationship

ビジリレ

離婚の報告は必要?職場への伝え方とタイミングについて

   

離婚の報告は必要?職場への伝え方とタイミングについて

離婚というと結婚式とは逆に気が重くなる話題です。

職場への離婚報告もしづらいものがあります。できれば報告したくない人と思う人も多いでしょう。

そんな時、職場へ離婚報告する必要はあるのでしょうか?

ここでは、職場へ離婚の報告をすることが必要なのか、そして報告する場合のタイミングや方法について紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ただより怖いものはない!LINE運営会社の儲けの謎!

皆さんも利用されておられると思いますが、無料の通信アプリ「L...

コンビニの面接で気をつけたい服装や応対のポイント!

現在の生活に不可欠になったコンビニ。その身近なコンビニでバイ...

病院のクラークの「仕事内容」と「給料水準」と「やりがい」

最近、病院で看護師さんではない、制服を着ているが事務員さんで...

大学受験につきものの不安を解消する方法と考え方


大学受験において受験生のほとんどが不安を感じるも...

アラフォー世代が人付き合いに感じる苦手意識を解消する方法


アラフォー世代になると管理職に就く人も多くなるで...

中学の部活で土日も休みがない問題の原因とその対策


今や大卒で入社後1年以内に辞める率がワースト1位...

休日の過ごし方次第でお金は節約できる!


せっかくの休日、有意義に過ごしたいものです。買い...

受験時の面接を乗り切る会話術!上手な「短所」の伝え方



1発勝負の受験の面接。
<...

遠距離恋愛から結婚が決まった時に考える退職のこと

遠距離恋愛とは、遠く離れた地域にいながらもお互いがお互いのこ...

友達の可愛い彼女が羨ましい…理由・好きになった時の対処法


友達に可愛い彼女を紹介されて羨ましいと感じたこと...

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

スポンサーリンク


職場への離婚の報告の必要性について

結婚や妊娠などおめでたい報告はほとんどの場合、発表されますし、当の本人としても発表したいものでしょう。

一方、離婚の報告は後ろめたさもあり、公には発表されないことも多いもの。実際にはどのように報告されているのかわからない人も多いことでしょう。

中には、”会社には報告しなくていい”と思っている人もいるかもしれません。

しかし、会社にはきちんと報告する必要があります。

それは、家族構成が会社の福利厚生や厚生年金などにも関わってくることだからです。

報告しないままで後々離婚のことが発覚した時には問題になる可能性もあります。

結婚のように公に発表する必要はありませんが、会社と上司には報告しておきましょう。

上司への報告は口頭で構いませんが、会社への報告は会社により異なるので、離婚が確定しそうな段階でどのような手続きを踏めばいいのか一度確認しておきましょう。

職場へ離婚の報告をする時期は?

離婚を報告する時期についてですが、なるべく早い段階で報告するのがいいでしょう。

会社では離婚後に様々な手続きが必要です。手当など福利厚生に関わってきますし、結婚して姓が変わっている場合には氏名の変更を行う必要があります。

また、社会保険(健康保険・厚生年金など)の手続きも必要です。手続き上、早めに報告することが良いでしょう。

しかし、早めと言っても、離婚が確定していない段階では早すぎます。

ただし、プライベートなことも相談できる上司であれば途中経過を報告しておくのもいいかもしれません。

特に仲人をお願いした上司であれば何か相談に乗ってくれるかもしれませんし、離婚後も面倒を見てくれるかもしれません。

提出する時期としてベストなのは離婚届を提出したあとでしょう。それよりもあまり遅くならないようにしましょう。

職場への離婚報告の事例

一つの離婚報告の事例を紹介しましょう。

この方は結婚して一年未満で離婚。女性であるため姓も旧姓に戻っています。
離婚について次のように報告したそうです。

同じ職場の人には、姓が変わったことをメールにて報告。特に詳しい説明は必要なく「一身上の都合により」という文言で問題なかったそうです。その後、少し質問してきた人もいたそうですが、明るくさらっと流したそうです。

上司には口頭で直接報告。特に突っ込まれることはなかったそうです。

会社の中では総務の方にも報告。これは社内の事務手続き上、必要だからです。
それ以外では口頭で報告した人はいなかったそうです。

他には、何かのタイミングで報告せざるを得ない人に対しては、その都度、離婚したことをさらっと伝えたとのこと。あまりの軽さに相手も返す言葉がなかったようです。

結婚してからそんなに日がたっていない時期での離婚だったため、社内では噂もあったようですがしつこく聞いてくる人はいなかったとのこと。

離婚したことを報告したとしても、そんなに突っ込んで聞く人はいないということでしょう。

職場内離婚の場合は報告後の影響も理解しておく

離婚する相手が同じ職場ではない場合はいいですが、同じだった場合は離婚後も大変です。

離婚しても相手が同じ職場にいるため顔を合わせる可能性がありますし、やっている仕事が同じであれば仕事関係がギクシャクする可能性もあるでしょう。

さらに、そのせいで職場にいる周りの人たちにも気を使わせてしまうかもしれません。

だから職場内離婚した場合は、職場の人たちにあまり気を使わせないために、自分たちも周りへの気配りが必要となります。自分たちのことも大変でしょうが、周りのことにも配慮しなければいけません。

もし可能であれば、所属部署を変えてもらったり、どちらかが転職したりするのがいいかもしれません。

離婚は自分たちの問題ですが、職場内離婚した場合は周りの人たちへかなりの影響があることを理解しておきましょう。

近年注目されている、結婚式の参列者に向けて報告する離婚式

近年、「離婚式」なるものが注目されています。それは結婚式で結婚を報告するのと同じように、式の中で離婚を報告するパーティーのことです。

離婚にはマイナスのイメージがつきものですが、必ずしもそうではありません。
たまたま出会って結婚した相手が自分には合わなかった、イメージとは違っていたということはあるわけです。

そのような違和感を抱えたまま一生を過ごすよりも、離婚してお互いに新たな人生を歩みだした方がいいこともあるのです。

とはいえ、離婚したことを周囲に報告するのはしづらいものがあります。

そこで、いっそのこと結婚式で祝ってもらった人たちを集めて、離婚の報告会をすればいいのではないかということで始まったのが、この「離婚式」なのです。

では、実際の離婚式について紹介します。

離婚式も結婚式と同様に、誰かに司会をお願いします。また、参列者も結婚式と同様にお互いの両親、友人、職場の関係者などを招待するのです。

司会者からは参列者に対し二人が離婚に至った経緯が説明されます。会は盛大に行われ、堂々と離婚を報告することができるのです。

こうして、結婚式にも参列してもらった人たちに公に報告するのですから、離婚後も気兼ねなくお互いに新しい人生を歩みだすことができるでしょう。

関連記事はこちら

 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ