Buisiness+Relationship

ビジリレ

職場で孤立した時、退職を考える前にやっておきたいこと

   

職場で孤立した時、退職を考える前にやっておきたいこと

一日のほぼ大半を過ごす職場。そんな職場で孤立してしまうと仕事をすることが辛いものです。

さらには日常生活にまで支障をきたすかもしれません。こうなると、退職したいという気持ちにもなるでしょう。

しかし、退職を考える前にしておきたいことがあります。それは今後、別の職場で働く上でも必要になってくるでしょう。

ここでは、職場で孤立したとしても、退職を考える前にやっておきたいことを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

遠距離の彼女との結婚事情!プロポーズのタイミングと注意点



彼女との遠距離恋愛が長くなると、訪れ...

派遣社員として登録する際に行われる試験と試験以外の注意点


派遣社員として登録する際には試験が行われます。<...

会社に対して給料の未払い分を請求する方法とその際の注意点


この不景気により、給料が支払えないという会社もな...

20代のカップルが結婚費用として貯金するのに必要な額とコツ


結婚式にはかなりの費用がかかるものです。

子供二人を育てるのに必要な費用とその捻出方法


日本は少子高齢化が進んでいます。

ネットを利用した友達の作り方と注意したいこと


一昔前と違ってスマートフォンが普及した現在では、...

年始における職場での挨拶のマナーについて、知っておきたいこと


職場の内外にとらわれず。人との関わり合いについて...

毎月貯金したい夫婦にオススメしたいお金を貯めるコツ


結婚生活において、様々なイベントが発生するもので...

うつ病での休職に必要な診断書の書き方において症状の伝え方が重要


最近、うつ病になる人が増加しています。仕事量の増...

看護学生の実習内容とは?実情と本音や抱える悩み


看護学生の実習内容ってどんなものかと聞かれたら、...

看護学生の実習は挨拶が超重要!挨拶の仕方や実習のマナー

看護学生の実習が始まると、挨拶の回数が格段に増えると思います...

子供がいると仕事はできない?正社員までの険しい道のり

女性が働きやすい環境を…と、様々な改革が行われていますが、実...

育児と仕事の両立は可能?辞めるか迷ったに考えたいアレコレ



育児のために仕事を辞める女性は非常に...

女性の憧れの職業!華やかな世界のイメージと裏側


女性なら誰でも一度は憧れる職業と言えばどんなもの...

保育士になりたいけれどピアノができない…苦手を克服する方法


子供が好きで保育士になりたいと思う人は多いでしょ...

女性の仕事探しのポイント!オススメの資格と職業


女性は、結婚や出産などで仕事を辞めざるを得ない場...

女性が仕事を一生続けることは可能?問題点と対処法


近年、女性の社会進出がめざましくなり、結婚し出産...

派遣の仕事を辞める時のマナー……契約期間内に退社したい!


派遣社員は契約期間が決まっています。そして、原則...

どうしても気になるアパレル店員の接客態度


楽しくショッピングをしようとお店に入ったものの、...

育休中の育児休業給付金の申請期限とは


育休期間中は給料が支払われないことがほとんどです...

スポンサーリンク


職場で孤立してしまっても退職する前にやっておきたい対処法

職場で孤立して誰も相手にしてもらえなくなると、仕事をすることが辛くなってくるでしょう。一日の大半を職場で過ごすわけですから。

でも、孤立してしまっても退職を考える前にその職場でできることはないか、まず考えてみましょう。

そこで、ここでは職場で孤立した時、退職を考える前にやっておきたい対処法について紹介していきます。

孤立をむしろ歓迎し、仕事に集中する

職場内で孤立することは決して好ましいことではありません。仕事への影響もあるでしょう。

しかし、逆に面倒な人間関係について考えなくていいということも言えます。
誰も相手をしてくれないので、仕事には集中できるでしょう。

孤立したことを歓迎し、とにかく自分の仕事だけはしっかりこなすという意識を持つことが大切です。

そうやって仕事に集中することにより成果が上がり、いつの間にか孤立が解消されるかもしれません。

味方を一人つくる

味方を一人つくると、精神的にも楽になるでしょう。ポイントは”味方は一人でいい”と考えること。

年齢が近い人よりも離れている人、同性よりも異性のほうが味方になりやすいでしょう。

上司に相談する

その職場ではどうしても耐えられなくなった時は、異動も視野に入れて上司に相談してみるのも一つの手です。

まずはその職場でどうして自分が孤立しているのか相談してみましょう。それでも解決しないようであれば、異動も考慮しましょう。

退職する前に見直したい!職場で孤立する人は性格に問題あり?

職場で孤立してしまうのは、職場にも自分にも問題があるものです。

一方的に職場が悪いと考えず、自分に次のような性格の問題がないか見直してみましょう。

ここでは、孤立しやすい性格を紹介します。

場の空気を読めない、読もうとしない性格

会社の仕事はチームワークです。他の社員と協力してやっていかなければいけません。そうすると自然に場の空気を読もうという気持ちにもなってきます。

しかし、最初からそのような意識をもたず、常にマイペースで周りの空気や雰囲気を無視して発言したり、行動したりする人はいるものです。

このような性格の人はTPOをわきまえないため、場違いな言動をして、だんだんと職場で孤立するということになるわけです。

言い訳や言い逃ればかりして自分の責任を認めない性格

いつでも言い訳をして、自分の責任を認めないという人も孤立しがちです。

こういう人は言い訳をするばかりか、誰かに責任転嫁しがちです。このような人が好かれるわけがありません。

このような性格の人からはだんだんと人が離れ、やがて孤立していくのです。

仕事中に文句や愚痴ばかり言う性格

仕事中、いつも文句や愚痴など「ネガティブな言動」ばかりしている人も嫌われます。

職場はただでさえストレスがたまる場所です。そんな職場で、ストレスをますます与えるような行為をする人からは人も離れていくものです。そうして、孤立していくのです。

職場で孤立して退職しないために事前にできる対策

ここまでは職場で孤立した場合のことを紹介してきましたが、できれば事前に孤立することを避けたいもの。

そこでここでは、職場で孤立しないために事前にできる対策について紹介します。

対策その1:前向きな言葉を使う

人間は誰しも明るく楽しい雰囲気のところに集まりやすいものです。ネチネチとグチを言い合う暗い雰囲気のグループを作る人もいますが、全体的には少ないでしょう。

だから、職場の人たちとは、まずは前向きな言葉を使い、明るく笑顔で接するようにしましょう。

対策その2:前向きな態度で接する

これもその1と同様に明るい雰囲気を作り出すということです。

前向きな感情は伝染するものです。前向きな態度が周りにも伝わっていき、職場の人たちも明るく接してくれるでしょう。

対策その3:コミュニケーション能力を高める

仕事だけではなく社会で生きていく上においてコミュニケーションは必要です。
職場では周りの人たちと会話しないと、いつの間にか孤立してしまうかもしれません。

そうならないためにも、コミュニケーション能力を高めるように努めましょう。
しかし、それは難しい話ではなく、基本は「話を聞く」だけでいいです。人間は誰しも話を聞いてもらいたいものです。だから、話を聞くだけでもコミュニケーションは成立します。

職場での孤立が理由で退職を決断する前にするべきこと

ここまでは職場で孤立したとしても退職を考える前にやっておきたい対処法について紹介してきました。

でも、そうは言っても孤立状態が続くと、やはり「退職」を考えてしまうものでしょう。その影響が精神状態にまでおよび、日常生活にも支障がでればなおさらです。

この気持ちをできれば他の人にも分かってもらいたいものですが、周囲の人にそのことを話してもあまり受け入れてもらえないでしょう。

自分の気持ちを十分に理解してくれる人であればいいですが、なかなか難しいものです。

このように、職場での孤立が理由で退職を考え始めても、周りの態度は厳しいでしょう。

でも、このような状況ですぐに退職を決断しないようにしましょう。まずは、自分の上司へ相談することです。

そのときに上司がなにか対策を考えてくれるでしょう。もし、対策が不十分であれば、そのときに退職を決断してもいいでしょう。

職場での孤立が原因で退職を決意したときにやるべきこと

職場での孤立が原因でやむを得なく退職を決意。

しかし、人間関係が原因とはいえ、ある日突然出社しなくなるというのは社会人としてルール違反です。職場の人にも大変な迷惑がかかります。

会社とは労働契約を結んでいるのですから,会社のルールにしたがって退職手続きを進めましょう。

まずは、直属の上司へ退職の意思を伝えることです。そして、上司の命令にしたがって引き続きを進めていきましょう。

ブラック企業のような会社では上司からの引き止めがあり、スムーズに退職手続きが進まないかもしれません。

そのような会社では粘り強く対応していかねばいけませんが、やはりまずは上司に報告したほうがいいでしょう。

確かに孤立状態だと、退職するのも大変かもしれません。でも、今後の再就職などのことを考えるとできるだけスムーズに手続きを済ませ、退職したいものです。

関連記事はこちら

 - 退職

ページ
上部へ